FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
八大地獄(Wikipedia)
地獄の種別やその位置は、経典により差異があるが、八大地獄、百三十六地獄、六万四千地獄など様々な地獄が説かれといいます。

●倶舎論の説
衆生が住む閻浮提の下、4万由旬を過ぎて、最下層に無間地獄(むけんじごく)があり、その縦・広さ・深さは各2万由旬ある。その上の1万9千由旬の中に、下から大焦熱・焦熱・大叫喚・叫喚・衆合・黒縄・等活の7つの地獄が重層しているという。
これらを総称して八大(八熱)地獄という。これらの地獄にはそれぞれ性質があり、そこにいる衆生の寿命もまた異なるとされる。

また八熱地獄の周囲または横に八寒地獄があるともいわれる。

●長阿含経19の説
地獄は、八熱地獄と十地獄に大別され、八熱地獄にはそれぞれに付随する十六地獄を挙げる。


●正法念処経
八熱地獄に付随する十六の小地獄が、また各々の種別を挙げる。八熱地獄の4面に4門があり、門外に各4つの小地獄があり、これを合して十六遊増地獄という。八熱地獄と合せば百三十六地獄となる。


■八熱地獄及び対応する罪

1、等活地獄 殺生。

閻浮提の地下、1千由旬にある。縦広斉等にして1万由旬ある。この中の罪人はたがいに害心を抱くという。獄卒に身体を切り裂かれ、粉砕され、死ぬが、涼風が吹いて元の身体に等しく生き返るという責め苦が繰り返されるゆえに、等活という。生前争いが好きだったものや、反乱で死んだものがここに落ちるといわれている。
この衆人の寿命は、人間の昼夜50年を以て、第1四天王の1日1夜として、四天王の天人の寿命は500歳というが、それを待たず中間で死ぬ者もいる。そこにいる衆生の悪業にも上中下の差別があるので、その命にもまた上中下の差別がある。業の多少・軽重に応じて、等活地獄の1処だけで受くか、もしくは2処、3処、4処、5処、6処と、最後は16処まで悪業が尽きるまで苦痛を受ける。


2、 黒縄(こくじょう)地獄  殺生・盗み。

等活地獄の下に位置し、その10倍の苦を受ける。灼熱の鉄製の縄にしばられ、熱い鉄製の斧で切り裂かれる。
人間の100歳は第二の忉利天の1日1夜に当り、その寿命は1000歳という。忉利天の寿である1000歳を1日1夜として、この第二の地獄の寿命は1000歳という。


3、衆合(しゅごう)地獄  殺生・盗み・邪淫。

黒縄地獄の下に位置し、その10倍の苦を受ける。多くの罪人が、相対する鉄の山が両方から崩れ落ち、圧殺されるなどの苦を受ける。
人間の200歳を第三の夜摩天の1日1夜として、その寿は2千歳である。その寿を1日1夜として、この地獄の寿命は2千歳という。


4、叫喚地獄 殺生・盗み・邪淫・飲酒。

衆合地獄の下に位置し、その10倍の苦を受ける。熱湯の大釜や猛火の鉄室に入れられ、号泣、叫喚する。
人間の400歳を第4の兜率天の1日1夜とする。また兜率天の寿命は4千歳で、その四千歳の寿を1日1夜として、この地獄の寿命は4千歳という。


5、大叫喚地獄 殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語。

叫喚地獄の下に位置し、その10倍の苦を受ける。更に大きな苦を受け叫び喚(な)く。
人間の8百歳は、第5の化楽天の1日1夜として、寿8千歳という。その8千歳を1日1夜として、この地獄の寿命は8千歳である。


6、焦熱地獄 殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語・邪見。

大叫喚地獄の下に位置し、その10倍の苦を受ける。常に極熱で焼かれ焦げる。
人間の1600歳は、他化自在天の1日1夜として、その寿1600歳である。その1600歳を1日1夜として、この地獄の寿命は1600歳という。


7、大焦熱地獄 殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語・邪見・「尼僧への強姦」。

焦熱地獄の下に位置し、前の6つの地獄の一切の諸苦に10倍して重く受ける。また更なる極熱で焼かれて焦げる。
その寿命は半中劫という。


8、阿鼻地獄(無間地獄) 殺生・盗み・邪淫・飲酒・妄語・邪見・「尼僧への強姦」・「仏教に対する不信心、特に『五逆罪の1つを犯す』、さらに『正法を誹謗する』を重罪とす」。

地獄の最下層に位置する。前の7大地獄並びに別処の一切の諸苦を以て一分として、大阿鼻地獄の苦、1000倍もあるという。剣樹、刀山、湯などの苦しみを絶え間(寸分・刹那)なく受ける。
この無間地獄の寿命の長短は1中劫という。1中劫とは、この人寿無量歳なりしが100年に一寿を減じ、また100年に一寿を減ずるほどに、人寿10歳の時に減ずるを一減という。また10歳より100年に一寿を増し、また100年に一寿を増する程に、8万歳に増するを一増という。この一増一減の程を小劫として、20の増減を一中劫という。この地獄に堕ちたる者は、これ程久しく無間地獄に住して大苦を受くという。


う~む、飲酒に邪淫、妄語、邪見、それに・・・小さな虫を殺すも殺生だとすると・・・・
これは、たいへんです。
生を受けた者のほとんどは、この無間地獄に堕ちることになりますね・・・。
飲酒はともかく、これら罪の深さは、閻魔様の裁きできまることですので、やはり生前に悔い改めることが大切なようですね。

今回の「殺人を犯した者は死んだらどうなるの?」の疑問は、やはりこの「無間地獄に堕ちる」のが当然のようです。
閻魔様が公平に裁かれるはずですが、ここより他は考えられませんね。

南無観世音菩薩、南無観世音菩薩・・・・・。
ぜひ、地獄の輪廻から救ってくださるという「聖観音」様と、お近づきになっておいてください。




テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

六道のこと | 08:09:04 | Trackback(0) | Comments(0)
地獄
人が死ぬとどこへ行くのか・・・どうなるのか・・・。
まずは、地獄へ行きます。そして、公平な裁判を受けます。

●書類審査
亡者はまず死後七日、すなわち初七日に泰広王(不動明王)の書類審査を受ける。

第1回目の裁判(初江王の裁判)
そして、亡者は死後2週間すなわちニ七日に初江王(釈迦如来) の裁判を三途の川のほとりで受けます。

●十王の裁判
   地獄には10人の裁判官(王)がいる。閻羅王宮にて亡者の裁判を行う。亡者の生前の悪事を映し出す浄玻璃鏡や業秤(ごうのはかり)などを使って行うのだ。
十王に姿を変えた十人の仏様の裁判で決まる。死後七日目から四十九日目まで、七回の生前の所業(善行、悪行)のを審査があり、五七日(ごしちにち)35日目には、地獄を支配している閻魔大王による、天・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄の六道の何れに進むかの裁きが下り、49日目に判決が確定する。その後、百日から三十三回忌までは、それぞれの王による再審査が行われる。

初七日 泰広王(不動明王) 書類審査
ニ七日(14日目) 初江王(釈迦如来) 三途の川のほとりで裁判
三七日(21日目) 宋帝王(文殊菩薩) 邪淫の業についての審査
四七日(28日目) 五官王(普賢菩薩) 業の計りで罪の重さを量る
五七日(35日目) 閻魔王(地蔵菩薩) 水晶の鏡(浄玻璃鏡)で生前の業績をつぶさに映し出し、裁きを申し渡す
六七日(42日目) 変成王(薬師如来) 五官王の計りと閻魔王の鏡で、生前の功徳を再審査
七七日(49日目) 太山王(薬師如来) 善因・悪縁を審査、判決の確定

地獄や餓鬼道に落ちた者への、再審査制度 。

百日    平等王(観世音菩薩) 百カ日目の再審査
一周忌 都市王(勢至菩薩) 満一年目の再審査
三回忌 輪転王(阿弥陀如来) 満三年目の再審査
七回忌 華花王 満七年目の再審査
十三回忌 祇園王 満十三年目の再審査
三十三回忌 法界王 満三十三年目の再審査

のように実に公平にできた審査制度だ。

●六道
この世界は六つの世界からなっている。死後六つの世界のいずれかに行かされることになる。

地獄   純粋な苦の世界
餓鬼   飢えと渇きの苦の世界
畜生   弱肉強食の苦の世界
阿修羅 闘争の世界
人道  いわゆる現世。人間界。
天道  天人の住む天上の世界


地獄・・・
それでは純粋な苦の世界とはいったいどんなところなのだろうか・・・

三途の川
 渡るところが3つあるからこのように言う。亡者が冥途に行く途中で越えなければならないが、川には緩急の異なる3つの瀬があって、生前になした善悪の行為によって渡る場所が異なる。
山水瀬川の上にあり、水はひざ下まで。罪の浅いものがここを渡る。

強深瀬
川の下にあり、流れは矢を射るように速く、波は山のように高く、川上より巌石が流れ来て罪人の五体を打ち砕く。死ねば生き返り生き返ればまた砕かれ、水底に沈めば大蛇が口を開けて待ちうけ、浮きあがれば鬼王夜叉が弓で射る。ここは悪人のみが渡るところである。

橋渡
川の中ほどにある。橋は金銀七宝で造られ、ここを渡れるのは善人だけ。

三途の川のほとりには衣領樹(えりょうじゅ)という大樹があり、その下に奪衣婆(だつえば)、懸衣翁(けんえおう)という鬼形の姥と翁がいて、姥は三途の川の渡し賃(六文銭)を持たない亡者が来れば、その衣服を奪い取り、それを翁が受け取って衣領樹の枝に引っ掛ける。そして、亡者の生前の罪の軽重によって枝の垂れ方が異なり、その罪の大きさを測る。
そして三途の川にあるのが賽の河原だ。
河原では親よりも先に死んだ子供たちが親を想い小石を積んで塔を作ろうとするが、地獄の鬼が現れていくら積んでも鉄棒で崩してしまう。それでも子供がこの世の親を慕って恋焦がれていると、地蔵菩薩が現れて「今日よりのちは冥途の親と思え」と抱き上げて救う、という話がある。
この地蔵菩薩は、実は、閻魔大王の化身なのです。
親より先に死んで、身内を悲しませた罪とはいえ、閻魔様も実は、やさしいのです。

地獄では、恐ろしくて厳しい閻魔様の化身となった地蔵菩薩が、この地獄世界から幼くしてなくなった子供を救い出す為に救済活動をされています。
また、聖観音菩薩も、懸命に救濟活動をされていますが、観音の名を呼ぶ者を優先されます。
やっぱり、聖観音菩薩とお近づきになっておいた方がよろしいようですね。
南無觀世音菩薩・・・・・・。

次は、恐ろしい地獄の様相、八大地獄を御紹介します。
生前にどんな罪を犯した人がどんな恐ろしいところへ行かなくてはならないのか・・・。



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

六道のこと | 14:33:44 | Trackback(0) | Comments(0)
餓鬼道
餓鬼道
いよいよ地獄の入口、餓鬼道です。
ここは、物おしみをし、貪り、そねみ、ねたんだ者が鬼となって堕ちるとろこです。
餓鬼の世界は2つあり、1つは地下500由旬、7200キロのところにあるの閻魔王の国です。
もう1つは人間界と天界の間にあります。餓鬼となった者は人間界の1ヶ月を1日として500年間、ここで様々な苦痛を受けます。餓鬼道には様々な鬼がいます。

3種の餓鬼(阿毘達磨順正理論31)
1,無財餓鬼、
一切の飲食ができない餓鬼。飲食しようとするも炎となり、常に貪欲に飢えている。唯一、施餓鬼供養されたものだけは食することができる。
2,少財餓鬼、
ごく僅かな飲食だけができる餓鬼。人間の糞尿や嘔吐物、屍など、不浄なものを飲食することができるといわれる。
3,多財餓鬼、
多くの飲食ができる餓鬼。天部にも行くことが出来る。富裕餓鬼ともいう。ただしどんなに贅沢はできても満足しない。

この三(種)にまた各々三(種)あり。無財鬼の三は、一に炬口鬼、二に鍼口鬼、三に臭口鬼なり。少財鬼の三は、一に鍼毛鬼(その毛は針の如く以て自ら制し他を刺すなり)、二に臭毛鬼、三に癭鬼なり。多財鬼の三は、一に希祠鬼(常に社祠の中にありその食物を希うなり)、二に希棄鬼(常に人の棄つるを希うて之を食すなり)、三に大勢鬼(大勢大福、天の如きなり)」

36種の餓鬼(正法念処経16)
1、かく身(かくしん)、目や口がなく、私利私欲で動物を殺した者が餓鬼となる。
2、針口(しんこう)、口は針穴の如くであるが腹は大山のように膨れている。
3、食吐(じきと)、人の吐き出したものを食べる。
4、食糞(じきふん)、糞尿を飲食する。
5、無食(むじき)、全身が飢渇の火に包まれて、どんなものも飲食できない。
6、食気(じっけ)、供物の香気だけを食すことができる。
7、食法(じきほう)、飲食の代りに説法を食べる。
8、食水(じきすい)、水を求めても飲めない。
9、希望(けもう)、亡き父母の為に供養されたものしか食せない。
10、食唾(じきた)、人が吐いた唾しか食べられない。
11、食鬘(じきまん)、鬘(かずら、首飾り)を食べる。
12、食血(じきけつ)、生物から出た血だけを食べられる。
13、食肉(じきにく)、肉だけを食べられる。
14、食香(じきこう)、供えられた香の香りだけを食べられる。
15、疾行(しっこう)、墓地を荒らし屍を食べ、人間に災禍をもたらすのが早い。
16、伺便(しべん)、人が排便したものを食し、その人の気力を奪う。
17、地下(じげ)、暗黒の闇である地下に住む。
18、神通(じんつう)、涸渇した他の餓鬼に嫉妬され囲まれ、自己だけが楽をする。
19、熾燃(しねん)、身体から燃える火に苦しむ。
20、伺嬰児便(しえいじべん)、幼児の命を奪う。
21、欲食(よくじき)、人間の場に行き惑わし盗む。
22、住海渚(じゅうかいしょ)、熱水の海辺に住む。
23、執杖(しつじょう)、閻魔王の使いっ走りで、ただ風だけを食べる。
24、食小児(じきしょうに)、幼児を食べる。
25、食人精気(じきにんしょうき)、人の精気を食べる。
26、羅刹(らせつ)、人を襲い殺害して食べる。
27、火爐焼食(かろしょうじき)、燃え盛る炉心の中で残飯を食べる。
28、住不浄巷陌(じゅうふじょうこうはく)、不浄な場所に住む。
29、食風(じきふう)、風だけを食べる。
30、食火炭(じきかたん)、焼いて炭になった屍を食べる。
31、食毒(じきどく)、夏の猛暑、冬の極寒に責められ毒だけを食べて生死を繰り返す。
32、曠野(こうや)、猛暑の中、水を求めて野原を走り回る。
33、住塚間食熱灰土(じゅうちょうかんじきねつかいど)、屍を焼いた熱い灰や土を食べる。
34、樹中住(じゅちゅうじゅう)、樹木の中に閉じ込められ、蟻や虫を食す。
35、四交道(しきょうどう)、四つ角に住み、そこに祀られる食べ物だけを食べられる。
36、殺身(せっしん)、熱い鉄を飲まされて大きな苦悩を受ける。  

ということで、餓鬼道の苦しみは飢えと渇きのようですね。
これはある意味、地獄の苦しみより、つらいかも知れません。

物惜しみをし、貪り、嫉妬したり、何かにねたんだ者が鬼となって堕ちるところって・・・これ、だれでも経験あるんじゃないのかなぁ・・・。
さて、みなさん、どうします? 餓鬼道に堕ちるのは避けられませんね。

ただ、ひとつの救いはこの餓鬼世界に堕ちた者を、この餓鬼道輪廻から救おうと日夜活動してくれているのが千手観音です。
ですので、やはり常日頃からこの千手観音様と仲良くなって、お近づきになっておきましょう。

普通の人で餓鬼道に堕ちるのなら、殺人を犯したものは・・・、やはり地獄ですね。
次回は、地獄世界を観てみることにしましょう。



テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

六道のこと | 08:56:09 | Trackback(0) | Comments(0)
畜生道
畜生道。
畜生道は地獄、餓鬼と合わせて三悪趣とか三悪道ともよばれています。

 人間であった時、愚痴ばかり言って、恥知らずで、他人の施しを受けるばかりで、償いをしなかった者が堕ちるところといわれています。

 畜生の住まいの中心は海中ですが、人や天と交わって生活していることも多いそうです。

畜生の種類は三十四億におよぶと言われていますが、大別すると鳥類・獣類・虫類になります。魚類や両生類、爬虫類、原生動物は?といわれそうですが、六道の世界では大まかにはこう言われています。

 畜生は常に弱肉強食の争いを続け、昼も夜も恐怖に心が休まることはありません。
水中に住む畜生は漁師に、陸に住む畜生は猟師に捕らえられ殺されます。
また象や馬や牛などは、鼻や首をつながれて、背に重い荷物を負わされ、人に鞭打たれます。

 畜生道に堕ちた者は、ある者は短い時間、あるものは百千万億劫にもわたる長い時間、計り知れない多くの苦しみを受けたり、突然、思いもかけぬ無残な死に方をしたりします。

牛や豚などの家畜は食われるために生かされます。
虫たちの中には、その存在すら曖昧で、闇の中で生まれ闇の中で死んでいく者、人や畜生の体についてそれ等ともに生き、死んでいくダニやノミなどさまざまです。

もう一度言います。
人の世にあったとき、愚痴ばかり言って、身勝手で恥知らず、他人の施しばかりを期待し、御礼も償いもしなかった者が、この畜生道に堕ちるのです。

でも、最近はペットブームで、人よりも大事に大切に愛情いっぱいに可愛がられ、一生をまっとうし、りっぱなお葬式まで出してもらえる畜生もいますね。

できれば、この溺愛されるペットに生まれ変わりたいと考えている人も多いのでは?

次に堕ちるのは、あの餓鬼道・・・・これはもう・・・たいへん。

 

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

六道のこと | 13:49:28 | Trackback(0) | Comments(0)
阿修羅道
阿修羅道。
阿修羅とはアスラのことで、戦闘を好む鬼神のことです。
争い事の好きな者や、自ら争いを起こして命を落とした者が堕ちるところです。

須弥山(しゅみせん)の北の大海の底と、四大州の山中の岩石の間が住処で、海上の雷鳴を聞いては、宿敵、帝釈天の軍鼓と勘違いし、恐れおののき、また戦いに負傷し、若くして生命を落とす。
絶えざる戦闘と殺戮、そして敵襲の不安に一時も心休まらない世界なのです。

阿修羅の手下となって日々争いに明け暮れ、その争いには必ず負け、戦いによって身体を切り裂かれてしまうのです。

すぐに争いごとに巻き込んだり、争いごとがお好きな方ってたくさんおいでになりますね。
そんな方は、どうぞ、悔い改めてください。

次は、六道のうち、畜生道へと堕ちて行きます・・・。



テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

六道のこと | 11:03:20 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad