■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
新年明けましておめでとうございます。
昨年は、還暦を迎えると同時に仕事以外の個人的な出来事が多くてまさに節目を感じる一年だった。

高速道路建設に伴う北春日の旧工房が、急な立ち退きに遭い、国交省との慌しい交渉を経て2月に契約した。
新しい工房の場所を求め、洛中洛外を物色の末、5月に松室の建物を購入。
9月、付属ギャラリー「京都仏画館」を併設する為のリフォーム大改造開始。
10月、長女家族のワシントンD.C長期滞在の為に初孫愛子とも、ほぼ永久の別れ・・・。
ワシントンD.Cまで妻と荷運び人足として始めてのアメリカ2週間の旅。
11月、NHK教育TV「こころの時代」出演する。12月に2度放映で、特に身内に大反響!!
12月10日になんとかリフォーム完成。工房の弟子たちと皆で荷運び。12月31日、工房移転がほぼ完了。

これ等をなんとか無事に乗り越えて、60歳からの楽しい人生を歩めそうな気配がしております。

今、2011年正月の2日。

新工房の北向きの大きな窓から、つかの間の陽光に照らされた松尾大橋(四条通り)や雪を被った小倉山や愛宕山を背景に桂川の堤(遊歩道)を、京都最古の神社、松尾大社に初詣に行きかう人々の姿が見えます。
右には、今年のカレンダーの原画を描かせて頂いた延暦寺のある比叡山が、その表紙に描いた絵のように純白に輝いています――。

年末の31日は、大雪で自宅に帰れず、そのまま一人で新工房で荷物の整理。そして正月を迎えることになった。
1日も荷物整理完了せず新工房に一人で泊まり、今日、2日も泊まりで『年賀状兼移転の知らせハガキ』を印刷することになった。


年賀状 | 22:03:31 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad