FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

肺癌 完治!
MRI.jpg
ネットより拝借。MRI検査台



やれやれ・・・・。
と、いうのは、昨日、桂病院の呼吸器科で6ヶ月ぶりの検査を受けました。
今回の検査で、肺癌の再発が見受けられなかったら、一応完治となり、半年後も一年後も診察に行かなくてもよくなります。
朝、7時半に家を出て、検査が終わって病院を出たのは11時半。

まずは、検体検査(血液とレントゲン)次にCT検査、そして前回の検査で苦手意識が高まり、少々トラウマぎみのMRI検査を受けました。

半年前のMRI検査、ピーピー、ドンドン、ガァガァ、ズン・ズン・ズン・・・・。なんで、こんなに大きな音を患者に聞かせるのか、何か音を静かにする技術はないのか・・・。などと、検査中頭の中にイライラと不安感が広がります。
暗くて深い淵に引きずりこむような、低い音で唸る心臓の鼓動のリズム。
そんな不気味さを感じながら我慢の限界ぎりぎりで、やっと終わったという前回の恐怖の経験があります。

イヤフォンとかヘッドフォンで音楽やラジオでも聞けたら少しは気が散るのに・・・と、前の日から考えていたので、「前回の検査から、ちょっと恐怖感を感じるようなった。今回は自信がない。音楽か何か聞きながら受けられないのか?」と、MRI検査室の前で、金属探知機で私をチェックする看護師さんに聞いてみました。
「あぁ、そうですか、それでは・・・」といって、モニターの並ぶ部屋に戻り、検査技師に聞いている様子。
帰ってきた看護師さんは、にこにこしながら「ヘッドフォンを付けられるそうですよ!」「えぇ!そうですか、ヘッドフォン付けられるのですか?それなら前にもそう言ってくれれば良かったのに・・・。」

撮影の途中で造影剤を入れるので、先ほどの左手からの採血に続き、今度は右手に注射針が挿入された状態で検査を受けます。
私の血管は細くて奥にあるので、新人さんではなかなか見つけられず、的確に針を挿入できないのですが、今回の看護師さんは一発で挿入。これで、まずは一安心。
肺癌は、頭に転移する可能性が高いので、造影剤を入れて、頭をしっかり診るらしい。

MRIの検査台には頭が動かないように、固定する器具があり、その中に上向きに頭を合わせます。もちろん、先ほどお願いしたヘッドフォンを耳にあてがってくれました。「うん?・・・」小さなオルゴールの音が聞こえます。
「ちょっとぉ!これじゃあの大きな音がそのまま聞こえるのでは?」「では、これぐらいでどうです?」と言ってボリュームを上げてくれました。
大音響のオルゴールの音色・・・まぁ、いいか。「それで、少しは、気がまぎれるしょう。ありがとう!」

オルゴールの最初の曲は、「星に祈りを」・・・気持ちが安らぎます。
「では、始めます!頭は動かさず、針のある右腕はまっすぐ動かさないでください。」
ピーピー、ドンドン、ガァガァ、ズン・ズン・ズン・・・・電車の通る線路の真下に居るような大音響には、オルゴールの音など消えたも同然。
オルゴール効果は絶大ではありませんでした。
でも、少しはオルゴールのきれいな音に気持ちを集中させると、気がまぎれましたし、多少は救われたようです。

騒音隠しが目的なら、なんで、オルゴールの音なの? 大音響のジャズとか、内容に集中できる漫才とか落語とか選べるような配慮があったら良いのに・・・とぶつくさ考えながら、呼吸器科診察室の前で1時間ほど、検査後の結果を待ちました。

結果は、もちろん、全ての検査で異常なし! 半年後の予約もなし。薬もなし! 6年前の体に戻ったということです。やれやれです。
ご心配頂いていた方々にお礼と感謝の 『ご心配をおかけしまた。m(__)m』 です。



肺癌 | 16:21:07 | Trackback(0) | Comments(0)
癌は10年間、再発しなかったら完治
桂病院
桂病院正面玄関 自転車通勤の時は、この前の道を通ります


半年ぶりに、桂病院の呼吸器科に検診に行きました。
本日8時半に、呼吸器科を通してCT撮影に予約を入れておいたにも関わらず、うっかり今日が検診日というのを忘れていて、自宅を6時50分頃に自転車で工房に向け出発。
7時半には到着し、どうも明日からまた雨のようなので、爽やかな風を入れようとあちこちの窓を開放し、パソコンの電源を入れると、立ち上がりと共に今日の予定がピョコンと出てきます。

今日は、『桂病院、8時半検診』半年ぶりの検診日だったのです。

自転車で少し汗が滲んだTシャツを慌てて気替え、洗濯済の作務衣に気替えて桂病院へ向かいました。
もうすぐ、弟子たちが来ますので、窓は開けっぱなしでしたが、LINEでその旨を伝えておきました。
病院には8時過ぎに到着、受付はまだ始まっていません。たくさんの患者がロビーに溢れています。

ロビーの大型テレビでは、また、北朝鮮がミサイルを発射したとニュースが流れています。6時57分頃に発射したとのことですから、ちょうどその頃、私は、耳にイヤフォンを差し込み大音響で好きな音楽を聴きながら自転車で工房に向かっていたことになります・・・。
ロビーに待っている患者さんたちは一様に、テレビの画面を観ておられるようですが、「またかぁ・・・。」といった感じで、しょせん、遠くの地域での出来事だからでしょうか、北海道のはるか上空を通過したとのことで、よけいに無関心なのかもしれません・・・。かく言う私も一旦はテレビの前に陣取りましたが、遠い北海道の出来事と、すぐにテレビの前を離れました。 
慣れは、こうして危機感を希薄にして行くのでしょうか・・・。

受付開始は、8時15分に始まり、整理券の番号順に点呼により受付機の前に並ぶことになります。
今日の私の整理番号は77番でした。77人目ということになります。
やはり、いつもよりは少し遅めですが、ほぼいつも通りの時間配分で診ていただけることになりました。

8時半、呼吸器科窓口では診察受付をせず、そのまま地下のCT撮影室へ行くと、もうすでに何人かの患者さんが待っています。
15分程度でCT撮影を終え、次は採血、レントゲン。その三つの検査を終わると呼吸器科の窓口に行って、診察を受け付けてもらいます。
30分も待ったでしょうか、検査結果が出たらしく私の名前が呼び出され、4月から玉里Drという新しい医師に変わったこともあり、半年に一回の検診だけでお会いするその若い医師のお顔は完全に忘れていました。2度目ですから無理はありません。

しかし、モニターを見ながら、質問に応えてくれるその話し方で思い出しました。米国のNIH(アメリカ国立衛生研究所)に勤める我が娘の旦那とその話し方がそっくりなんです。
確か、前にも書いたはずですが、若いそのドクターは、いかにも聡明そうで、ちょっとした私の疑問にも分かりやすく、単的に説明してくれました。
「これ等の検査データからは、異常は見当たりません。」ということで、安堵したのですが、その説明の中で、ひとつ「えぇ~!」ということがありましたので、これをお読みになった皆さんに耳寄りかどうかわかりませんが、そんな新しい情報を一つお伝えしておきます。

今まで、癌患者は、運よく癌細胞の切除や抗癌剤或いは放射線治療によって消滅した時から、5年間再発しなかったら、完治ということでしたが、なんと、5年では完治でではなく、これからは、10年間に渡って、半年に一度の検診を経て、再発がなかったら完治ということになるそうです。

ですので、私の場合、半年後の検診で5年が経過し、異常がなければ、これで『完治』というところでしたが、その後、まるまる5年間は、この桂病院の呼吸器科に半年に一度、検診に通うことになったわけであります・・・。
ということで、運よく早期発見で癌細胞が見つかっても、治療終了時点で以後10年間は、病院とお付き合いすることになるわけですね・・・。



肺癌 | 17:29:05 | Trackback(0) | Comments(0)
半年ぶりに肺癌術後の検診を受けました。
IMG_2148.jpg
9月17日 大原野にて 仏画教室のため善峯寺へ行く途中に撮影。



一か月間、更新をしないと、またコマーシャルが表示される。

追われるように、何か書かねばならない・・・。 だから、続けられるのだろう・・・。


 最近、仕事に加え雑用が忙しくてネットショップの更新も、本業の仏画制作も、なかなか思うように行かなくて、おまけにそのストレスのせいか、二か月も喉の扁桃腺の辺りが荒れていて時々痛みもあります。
なので、 ちょっとイライラ生活を過ごしています。

今日は、朝一から桂病院の呼吸器科へ半年ぶりの肺癌術後定期検診ということで行ってきました。
もしかしたら咽頭癌かも・・・と、喉の様子も診てもらおうと、ちょっと緊張しながら診察を待ちました。

肺癌の為の左肺1/2摘出手術から、もう三年半経過したのですが、5年は無事に経過しないと完治とはいかないようです。

半年ぶりに診てもらった先生は、玉里滋幸という若いDrでした。
3月まで診てもらっていた合地Drは、京大病院に移り、肺移植の専門医を目指し経験を積んでおられるそうです。

新しく私の担当となった若い玉里Drは、聡明そうで、いかにも優秀な若い医師という印象を受けました。
それに男前です。

 初めて診る患者の私に「はじめてでしたね。」と言い、きちんと笑顔で挨拶をされ、なかなか好感が持てました。
一週間前にも循環器科を受診し、同じように予告なしに若いDrに代わっていたのですが、あの若い医師とは大違いです。
まぁ、Drの性格にもよるのでしょうけど、やはり経験不足の医師でも、礼儀正しく笑顔で患者に接する姿勢は、医師にとっても重要な素質だと思います。

笑顔の挨拶だけで病んでる患者の気分をほぐせ、楽にします。

  話を今日の呼吸器科のDrに戻しますと、このDr、娘の旦那のしゃべり方にそっくりで、検査結果の説明をする時の様子が同じような論法だったのです。
思わず、笑いながら新しい担当医師の説明を聞いてしまいましたが、ウイルス学者も医者も、論法の基本のようなものがあるのでしょうか・・・。

で、半年ぶりに診てもらった結果ですが、レントゲン、CT、血液検査で判断してもらうと、異常はないということです。

一安心です。

  おそるおそる「先生、2か月も喉が痛いのですが、何か適当な薬をいただけませんか?」と、近所の医師に診てもらっても、アレルギーという診断でなかなか治らない等、今までの経過を説明すると、喉も診ずに、マーカ数値の推移や血液検査の白血球の数値を見て、「化膿もしていないようですので、扁桃腺用のはれや痛みを抑える薬を出します。」といってトラネキサムという薬を処方して頂きました。

工房に帰ってさっそく昼食後に一錠飲みましたが、この薬で早く喉がすっきりしないものか、期待しております。

いづれにせよ、腫瘍マーカーの数値の推移からも癌の転移とか再発ではないようで、喉の心配も無用のようです。 

  それにしても、昔の医師の机には、舌を押さえる消毒液に浸した医具が必ずあったりしたものですが、総合病院のDrの診察室にあるのは、説明用の臓器の模型とパソコンのモニター2台と、それに表示される私の身体の検査結果データだけ。

身体の中の写真やデータがあれば、昔の医師のように、患者本人からの曖昧な症状説明や身体を直接診る必要はないということのようです・・・。

もう少し時代が進んで、人工知能が優秀になれば、今の医師そのものも要らなくなるかもしれません。

必要なのは、データーを作るオペレーターと検査技師だけで、診断も人工知能が完璧にやるような、そんな時代が、やがて来ることをリアルに感じさせてくれた一日でした。






肺癌 | 17:48:13 | Trackback(0) | Comments(0)
3ヶ月に一度の定期検診
katsura.jpg
画像は、桂病院正面玄関(ネットより拝借)


昨日は、シミズ外科の脳神経外科で診察を受け、3か月分の薬の処方箋を貰ってきた。
問診と3ヵ月後のMRI検査の予約をしに行っただけとなったが、診察費用は1030円。3割負担なので、私が染織図案を描いている頃からのお付き合いの京都芸術家国民健康保険組合に申し訳ない気持ちになる。
薬は、ブラビックスとオルメテックをそれぞれ91日分の処方箋を貰って帰った。

そして、今日は、いつもどおりに自宅を出て、工房までの道中にある桂病院へ到着が7時半。
循環器科と呼吸器科での定期健診の日だ。

病院へ着いた外来患者は順に順番札を受け取る。7時半でも46番目の受付だった。
ロビーにあるテレビの「マッサン」を見終わる頃受付が始まる。
普段、私は連ドラは観ないが、待合ロビーの皆さんが食い入るように観ているのがなんとも印象的だった。

3ヶ月ぶりなので、保険証の有効チェックを受け、循環器科と呼吸器科の窓口まで行き、診療受付。
その後、循環器科用の採血とレントゲンと心電図。次に呼吸器科用の半年に一度の胸部CT。

採血は、外来患者のほとんどが診察前に受けることになる。
採血専用の部屋で、比較的ベテランと見受けられる看護士が5人体制で採血している。
私はというと、今日は18番目だった。

採血を待つ時間に、私より前に受ける人を観察してみると、おもしろいことに気が付く。
女性は、ほとんどの人が、注射針の入るところから、血が抜かれるところまでの全ての行程を凝視している。
一方、男性はというと、止血の為のゴムバンドをするところから、最後の「はい、おつかれさまぁ~」まで、目をそらしてる。
この採血、私は5年くらいになるが、未だかつて針の入っていく様を見たことはない。
恐ろしくて、とても見ることが出来ない。

採血の次は、レントゲン、その次は心電図、その次はCTと順調に検査を終わり、9時過ぎには、循環器科を受診できた。
異常なし。 
いつもどおり3カ月分の薬の処方箋を出してもらい、次の呼吸器科に向かう。
10時には、呼吸器科を受診。CTもレントゲンも採血結果も異常なし。

2年間は服用しないといけないということで、今年の7月まで癌の予防薬(軽い抗癌剤)「ユーエフティー」を服用することになっている。
今日は、5月29日までの3ヶ月分のそれを処方して貰い、会計を済ませた。

近くの薬局で昨日、シミズ外科で処方してもらった分と合わせて3ヶ月分の薬を手に入れた。しめて46000円・・・。診察費が9000円ぐらいだったので、今日は55000円ほど使ったことになる。

これは、私が生き続けるには、これからも月に2万円弱程度は必要ということになるわけで、またまた、京都芸術家国民健康保険組合員の皆さんに申し訳ない気持ちになってしまった・・・。

しみじみと、高齢者の生活に片足を踏み込んだ感じがする・・・。

コンビニで昼食の弁当を買い、工房に辿り着いた頃には11時前。
珍しく順調に診察が終わり、年末からの咳の症状や胸焼けなど、体調低下に少し心配(再発)があったがとりあえず、何も異常がないことがわかり、自分では意識はしていないつもりだったが、やはり、緊張の糸が緩んだのか、夕方、仕事机の前で安堵の居眠りをしたようだ。


肺癌 | 18:11:08 | Trackback(0) | Comments(0)
21、癌患者の辿る道
がん患者の辿る道

※この記事は、カテゴリー『肺癌』の最新です。

先日、私の所属する仏教クラブの例会で、「あそか第2診療所(ビハーラクリニック)」院長の大嶋健三郎 氏のお話を聴く機会があった。

『今、日本は緩和ケアを進めようとしていて、厚生労働省も積極的に参画している。
ただ、厚労省の動きには患者さんのためという側面と、医療費を抑制したいという側面があり、技術力の高い病院にがん患者は集中しますから、そういう病院はどんどん患者さんを回転させて、治療することが無くなれば後方支援病院というか、もうちょっと小さな病院へ送れ、ということになる。
それも実際にやらなければならないことではあるが、後方支援病院へ回された患者さんは「見捨てられた」という思いの中で生きていくことになり、私はこのような現状が決して正しいとは思っていない。

緩和ケアが必要だと叫ばれた結果、がん拠点病院には必ず緩和ケアチームを置かねばならなくなり、チームの中には緩和ケアの実績がほとんどない医療スタッフが入っているケースも多い。
そしてプライマリー緩和ケアとされている分野では、まずモルヒネがしっかり使えて、痛みを取ることが第1段階だとされている。

もちろん、緩和ケアの専門家として痛みのケアはできなければなりませんが、緩和ケア全体から見れば、それよりも患者さんとの全人的な信頼関係を築いて、患者さんの人生の最期が少しでも充実したものになるために努める方がはるかに大切だと思う。
緩和ケアの名の下に痛みのケアだけという皮相な形で緩和ケアが広まるのは良くない流れだと思う。

ただ、その流れの先には、ただ痛みを取るだけでは駄目なのだということが分かってくる日が必ず来ると思う。
そのためにも私たちのような施設が頑張って実績を積んでおく必要があるのです・・・。』

と、いったことだったように思う。

私も人事ではないので、人生の終末をどのように迎えたら良いのか、考えさせられた。

癌・・・。 3人に一人がこの病にかかり、その半数が死ぬことになる。

人生の終末をどう生きるのか、上の図をクリックし、じっくりご覧頂きたい。

そしてあなたの終末をどう迎えるか、きちんとイメージしておいた方がよいと思う。


肺癌 | 17:34:36 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad