■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
過労死になる前に・・・。
日の丸
7月にやっと結婚した長男の結婚披露宴のゲーム賞品で使うために作った熨斗の画像から「しあわせおすそわけ」


東大卒で電通という大企業に勤める24歳のOLさんが過労で自殺した事件で、「残業100時間で過労死は情けない」とネットで発言した大学教授が、学校に処分を検討されているそうです。

24歳と言えば我が工房にも同じような年恰好の女性が弟子入り志願をしてきますので、他人事ではないように思い、ちょっと考えてみます。

私たちクリエイター等自由業の世界では、年がら年中過労は普通です。
仕事を受ければ「過労」。仕事が無ければ不安感で「疲労」という、その繰り返しの中で、優れた技術力を培いながらその自由を生き抜く根性、精神を鍛えていきます。(というか慣れていきます。)

また、その自分の仕事を消化し、経験を積む中で、己の適正な労働時間というものも構築していきます。
たぶん、上昇志向の中小企業のオーナーさんをはじめ、起業した人や個人事業者も同じようなものだと思います。
ですので、労働基準時間なんてものはありませんし、残業といった概念も存在しません。

私などは、66歳になる最近まで休日ですら意識したことはありません。

でも、最近やっと日曜日を意識し、待つようにはなりましたが・・・。

先日、34歳でやっと結婚した私の息子は、大学院を卒業して高校時代から思いを膨らませていた「水処理」の大手会社に勤めています。
卒業当時、私はサラリーマンの世界は全く知りませんので、何のアドバイスもしてやれません。
ただ、一言こう言ったのを覚えております。

「サラリーマンは、自分の人生を会社のために切り売りするプロフェッショナル。一流企業であればあるほど得体の知れない「会社」に自分の人生を捧げることになる。」とまぁ、こういった意味不明のことを言って、はなむけとしたのです。

これは、「もし、私がサラリーマンになれば、そういう姿勢で臨む。」ということだったのでしょうけど、それは今でも「男の生き様」としてそう思っております。

サラリーマンになったら、その会社の為にとことん貢献すること。これがプロのサラリーマン。プロフェッショナル。

それでは、労働時間を国の定めた8時間とし、それ以外は残業として、その代価を会社に請求する割り切った姿勢、いわゆる公務員や労働者的な姿勢は、プロフェッショナルではないのでしょうか?

確かに会社の生産部分を専門的にサポートするといった意味では、そこではプロなのでしょうけど、母体である会社の運営に関われば、その姿勢のままでは通用しません。
意地悪く表現するなら、会社をうまく運営・経営できていてこそ成り立つ「仕事」ですので、その場所に身を置いたということは、公務員でない限り、経営状況に左右される仕事であるという認識・覚悟も必要だということです。

今回、東大を卒業して大手の「電通」に入社し、過労で自殺した若い独身女性のことですが、私は、この労しい事件をただただ哀れには思いますが、この教授の発言内容はともかく、その真意は理解できます。
むしろ、学校側の安易な謝罪姿勢に、この事件の本質を歪めるのではないかと懸念さえしています。

彼女、さぞかし、苦しんだ結果なのでしょうけど、苦しさから脱する方法は「死」以外に他に幾らもあったはず。

「辞めれば良い。」なぜ、そんな簡単なことができなかったのでしょう・・・。これがこの事件の本質だと思います。

アドバイスをする人は居なかったのでしょうか・・・。

東大卒というプライド、電通という大企業に採用されたというプライドが彼女の内で魔物に育っていったのでしょうか。
ネットに溢れた彼女のツイート内容からもそのプライドの高さがうかがい知れます。

やはり、高学歴や大企業には、得体の知れない恐ろしい魔物が潜んでいるようです・・・。

で、先に登場した、我が息子。 
結婚前には、深夜0時前に帰宅は当たり前だったようです。(なので、結婚が遅れたそうですが)

そして今、やっと漕ぎ着けた新婚2か月にも関わらず、水処理プラント建設現場への一週間単位での単身赴任が繰り返し続いているそうですが、本人は自分の設計した水処理のプラントができて行く過程を身近で確認、監督することは、設計者にとって必要不可欠なことと認識していますし、充実感も感じているはずですし、スキルアップにも繋がります。
そして、そのことは新妻も理解し、旦那の将来に期待しているのでしょう。たぶん・・・。

もし、新妻がそのことを理解し得なかったらどうでしょう・・・。息子は苦しむでしょうし、死にはしないと思いますが、もしかしたら転職も考えるかもしれません。 
(実は親として、自宅に居ないといったそんな状態では孫の顔が見れないのでは・・・と、また心配しております・・・。)

ちょっと、きつい環境であっったとしても、傍にいる人が優しく寄り添い元気づけ、支える。

この生活環境さえ構築してあれば、少々、いや、どんな無理のある仕事であっても乗り越え、心とのバランスのとれた豊かな人生となり得るのではないでしょうか。

バランス、調和。大切だと思います。



ご意見 | 14:43:22 | Trackback(0) | Comments(0)
石田純一氏が今回の安全保障関連法案に反対の立場で演説をしていました
石田純一デモ


今朝、TVニュースを観ていると、私としては以外だったのですがタレントの石田純一氏が今回の安全保障関連法案に反対のお立場で演説をしていました。
ちょうど、厳しいお顔でマイクを握り締め「集団的自衛権などいらない!個別的自衛権だけでいいじゃないか!」という主張の最中でした。

「うん?反対論者は、個別的自衛権を認めているの?」

個別的にしろ集団的にしろ、いざ、戦いに入ればどちらも同じではないですか・・・。

自衛の為の戦争なら容認とお考えなのなら、彼のお立場は「法案に賛成」派だと思うのですが・・・。

反対派の野党の一部が、意図的にと思われますが、間違った法案解釈で扇動しているデモに、「戦争反対!」 「徴兵反対!」 「可愛い私の子供に戦わせたくない!」
マスコミの作為かもしれませんが、いかにも普通と思われる人々も反対派のデモに混ざっているようです。

たちが悪いことに、デモを利用してとにかく安倍政権の印象を悪くし、陥れようと企む野党勢力の小賢しい動きにも反吐が出そうになります。

戦争を出来る限り回避し、もし最悪、戦争になったら、自衛隊に足かせを無くし、防衛のプロとして、しっかり自衛活動に専念してもらいたいではないですか。

国連憲章7章51条(個別的又は集団的自衛の固有の権利を認める)でも説いているように、世界基準で自衛できるような普通の安保法にしようというだけなのに・・・

ちょうど良い記事がありましたのでリンクしておきます。
http://ameblo.jp/b-r-s-f/entry-12074448898.html






ご意見 | 15:48:21 | Trackback(0) | Comments(0)
少年犯罪報道と少年法
川崎市の多摩川河川敷で中学1年生の刺殺体が見つかった事件で、18歳を筆頭に17歳の少年たちの犯行が確定的となったそうだ。報道では、犯人が少年たちということで、実名などを伏せて報道している。

車で工房に来る道すがら、このニュースを聞き、私の庶民的感覚、人の親として感じたことをまとめておきたいと思った。

少年法と言う法律があるらしいのだが、たぶん輝かしい未来のある子供の将来を鑑みて、一時の若気の過ち的配慮からその法律が制定されたのだろう。
「本人を推知することが出来る報道をしてはならない」という少年法第61条の規定によるものだ。
行き過ぎた喧嘩や物欲しさからくる窃盗、恐喝。我々の時代なら無免許運転、事故等々、幼いが故に犯してしまう罪があった。大人たちは、なぜそんなことになったのか、比較的容易に理解できた。反省すれば許せた。

しかし、最近の少年による犯罪は、いや少年に限らないかもしれないが、ほんとうに理解できない残忍な犯罪が増えたように思う。

私は、未成年の犯罪でも、特に猟奇的な殺人においては、この保護目的の「少年法」の枠組みに入らないのではと思っている。

少年を罰することができないのなら、その子供を育てた親の責任はどうなる? 親に罪はないのか? 

もし、私がその犯人の親なら、被害者家族や友人関係者の前で土下座をして謝る。

子を育てた経験のある大人は、こういった事件報道を聞くにつれ、「親はいったい何をしていたのだ?」といった素直な疑問が即座に浮かぶ。

マスコミはどういった申し合わせをしているのか知らないが、この18歳の猟奇的で残忍な殺人を犯した主犯格の少年の身元や育った環境を報道しない。
何も興味本位に報道しろといっているのではない。
やはり、なぜ、そんな子供が育ってしまったのか、今後そのような事件が二度と起こらない様に、大人も子供も皆で考えるべきと思うからだ。

一部の報道では、今流行りのラインといった通信手段で、親が気付きにくい。また、子供のコミュニティに介在できないような今までにない閉ざされた通信手段が、事件の当初の起こりをより、わかりにくいものにしたと言われている。

我々の子供のころのコミュニティとは、まったく違った「付き合い」があるのかもしれない。
友人と意識しない間に広範囲な付き合いが構築され、被害者である田舎から転校してきた13歳の未熟な少年には対応し切れなかったのかもしれない。

何れにせよ、現代社会のひずみであることは確かだ。

現代における多種多様な価値観。ネットを通じた新しい人間関係の仕組みや、未熟な少年には不必要な情報が複雑に絡み合った負の結果なのだろうが・・・。

ネットでの誹謗中傷や興味本位の情報だけではなく、マスコミの使命感をもった報道姿勢次第で、世の中が良く変わることもある。

将来のある子供たちの為にも、今回の『事件の本質』をきちんと取材し報道して欲しいと思う。



ご意見 | 09:02:54 | Trackback(0) | Comments(0)
嵐山付近の集中豪雨から洪水被害を避ける工事?
桂川

 昨晩の小雨で、自転車帰宅ができなかったこともあり、今朝の自転車出勤ができなかった。
ので、昼食後、我が工房を東側に出て、上野橋から北側の土手に出て嵐山へ、ぐるっと周って工房に帰って来た。一周8.3Kmの行程だ。

昨年もその前の年も、そうだったが、夏も終わりに近づくと、この嵐山付近では、集中豪雨などで浸水被害が続いている。

国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所は、比較的観光客の少ないこの時期に、桂川の堆積土砂を取り除いたり、水路整備をしている。
河原の中では、工事のトラックや特殊車両が行きかう姿が、我が工房の大きな窓からもよく見える。

何年か前、私のブログで、「河原に堆積した土砂を取り除くしかない。」と書いたことがあるが、あまり水深を深くすると、鷺など野鳥が休む姿を楽しめなくなるということで、景観が損なわれるということのようだ。
ので、水深が深くなるほど取り除かないらしい。

その代わり、普段、水が流れる水路を広げることになったようで、先ほども自転車で渡月橋目前の北側の桂川の土手を通過したら、大規模な工事が行われていた。

今日は、久々に真冬、寒い! 嵐山付近は吹雪だった。

その中、自転車を降り、シヤッターを切った。

水路幅を少々広げるだけで、この大規模な工事。 

この工事、どういった意味があるのか・・・?

写真に写っている大きなクレーンが東(後方)に2台並んでいる。
しかし、これで、あの増水を回避できるとは、とうてい思えない。素人でも分かる。

この広げた水路、また今年の夏の終わり頃の増水で、上流から流れてくる土砂で埋まるに決まっている・・・。


ご意見 | 15:20:47 | Trackback(0) | Comments(0)
平和とは?それを維持するということは?
平和という何とも抽象的で魅力的な語は、世界中の人々の心を惑わしている。

現安倍政権が、集団的自衛権という憲法での権利解釈を今までの「自衛」より、だいぶ広い範囲で解釈しようとしている。
私は、国語的にいうとこの解釈に無理があるとは思うのだが、憲法自体を変えて、自衛隊という呼称を「日本軍」に変えても良いぐらいに思っている一人でもある。
そもそも集団的自衛も個別的自衛も『自衛』といった意味からして同じだと思うのだが、与党内でもぐだぐだと空論が展開しているようだ。
で、「自衛隊は日本軍でいいじゃないか」と言うと、「あんたは右翼か!」と言われそうだが、この「平和」という語の意味を深く考えたら、当たり前のことと思わざるを得なくなるのだから仕方がない。

カントの『永遠平和のために』を読むと、平和という状態の曖昧さが見えてくる。
侵略や暴力の脅威に晒されながら存続する国は、決して平和とはいえないし、平和を維持するために常備軍を保持する国はいつ戦争になるか危険をはらんでいるので、平和とはいえないという。
残念ながら、人類は「平和」という理想を維持できていないのだ。
現在のところ、われわれ人類は、「永遠平和という理想」と「戦争・紛争・テロの絶えない現実」との狭間に生き続けていることになる。

誰かから『平和にむけて』とか『平和の為に』とかいうセリフを聞く時、私はよく心の中で、知らず知らずに『平和ってあなたにとって何なの?』と突っ込んでいる。

前から気になっていた『平和』という語について、その本来の意味を考えてみた。

結論からいうと、『平和』とは、その場所や心持が穏かで心地よい状態のことをいうと思うのだが、その心持や状態を維持し続ける努力は、その平和という概念からほど遠い。
『平和』という状況とそれを維持することとは、もしかすると相反することなのかもしれない。
国民皆が、このことをしっかり考えてみないといけないような気がする。いや、しっかり考えて発言しないといけない。

我々は、『平和』というと、ただただ平和・・・漠然とした平和、きちんとイメージしないで、まるで理想的な何かとして捉えている傾向があり、平和という「まやかしの目的」のようなもので『有り得ない世界』を、まるで「平和」と唱えれば得られる「ご褒美」のように語っているに過ぎないのではないかということである。

『平和』は、元々は「永遠の安寧」「灼熱の中で、涼しい池の上の蓮の上」などのようなイメージを持った仏教用語であると、何かに書いてあった。

一方で、英語の「Peace」はラテン語の「Pax(パックス)」が語源であり、その意味は「戦争と戦争の間」「停戦期間」「武力による平和」「次の戦争のための準備期間」という意味だそうで、仏教用語のそれとはだいぶニュアンスが違う。

「世の中を平和にしよう」といった場合は、大抵が『平和=人間にとって都合の良い世界』というイメージで成り立っている。

『平和は人間にとって都合の良い世界』であり、決して『平和は昆虫(害虫)にとって都合の良い世界』ではない。
また、『平和はウィルスやバクテリアにとって都合の良い世界』ではない。平和は『放射能で汚染されたり、南極の氷が溶けるなど、人間が住めなくなる環境』のことではない。とこれも何かに書いてあったが、うまく言い当てている。

これらは、人間は常に人間中心の物の考え方から抜け出すことができないという現れでもある。

「人が誰も居なくなった地球は、たぶんこれこそが平和なのだろう。」と私は常々思っている。

平和とは、全ての均衡が保たれた状態であると定義するのならば、『平和な状態』になった場合、人間にとって争いや心の葛藤がなくなることになる。
真の意味で平和になった場合は、幸せやそれを感じる心も無くなってしまうことに等しいし、それはもう「人」ではなくなる。
ということは、人の居ない状況が平和だとも言える・・・。

つまり、ボウフラがあっちに行っては、コツンと当たり、またこっちに行ってはコツンと当たり、何も感じることなくそれを永遠に繰り返している状態こそが『平和』ということになる。 

いやいや、そんな「人の居ない世の中が平和」と言ってしまえば、それこそ平和を語る意味がなくなってしまう・・・。
我々はそういう平和な世界を求めているのではないはずだが、平和を叫ぶ人達はもしかして、こんな『平和』を望んでいるのだろうか・・・。

平和を求める力、求めようとする意思が結集し、実っていくその過程こそが「平和」というのではないだろうか。
そのように概念付けるしかないようだ・・・。

それなら・・・、平和な範囲の外側には平和ではない状態があってしかり、その境は頑強な壁を作り平和を維持しなければならいことは、誰でも分かる。

では、その壁とは、「得体の知れない平和」を構築し、それを守る壁とは何を意味するのか・・・。

日本人は、普通、恒久的で争いのない社会を『平和』と解釈していろいろなところで発言する傾向にあるが、史学では『平和』を戦間期とも表現され、戦争終結から次の戦争開始までの時間を意味するし、西洋では、次の戦争に備える期間も『平和』という概念で括っている。

日本の大学でも教えたことのある、ノルウェーの政治学者ガルトゥングは、平和を単純に戦争のない状態と捉える「消極的平和」に加えて、貧困、抑圧、差別などの構造的暴力がない「積極的平和」を提起し、平和という状況の概念解釈に画期的な転換をもたらしたとされる。
構造的な暴力とは、文化そのものから派生した価値観の具現のひとつだから、これを暴力的に抑えつけて表面にでないようにすることを決して『平和』とは言ってはいけないような気がするのだが・・・。ちょうど今の中国がその様子を伝えている。暴力によって平和らしき状態を維持しようとするのが、「共産主義的平和」の形なのだろうか・・・それとも共産主義とは関係がなく、『平和』を求めるということは、必然的に暴力に繋がるのだろうか・・・。これが真理なのだろうか。

貧困は不幸なのか?
抑圧された者は不幸なのか? 差別する人、される人は不幸なのか?
不幸な人が多いと『平和ではないのか』・・・・?
また、皆(大多数)が幸せなら『平和』なのか・・・?というと、そうとは言い切れないし、権力者が幸せかというとそうでもない。

つまり、幸福感と『平和』という状態は必ずしも一致しない。
そこに居る皆の幸福状態が持続し続けている状態を『平和』というのだと思うのだが、たぶんこれは人が人である以上は所詮、無理な話だ。
なので、積極的平和というガルトゥングの概念は、有り得ない。と、私の中ではそういうことになる。

では、阿部首相のよく使う積極的平和とは・・・。

前に書いた、壁のことを言っているのではないかと思う。

壁を構築すること。

より頑強で、他国の脅威に堪えられる壁。

憲法解釈でも改変でも良い。ボウフラのようにされた日本人は、今のままでは、『平和』すら追求できない。
先ほども、『中国政府は、旧日本軍が多くの中国人を殺害したなどとされる「南京事件」といわゆる「従軍慰安婦」の問題に関係があるとされる資料の、ユネスコの「記憶遺産」への登録を申請した。』と報道があった。

こうして、中国政府や韓国政府はボウフラ化した怒らない日本国民を今後も安直に侮辱し続けボーフラ状態にしておいたほうが、いろいろ都合が良いわけだ。

理論武装でも、武力武装でも良い。『平和』を構築し、維持するには『頑強な壁』が必要なのが見えてくる。
今に生きる日本国民そのものが、他国からの悪意を悪意、侮辱を侮辱、脅威を脅威と感じないようなボウフラ状態では、決して今の日本を『平和』とは言ってはいけないのではないだろうか。

■ここまで書いてみたが、うまくまとまらないので、この記事の内容は変化し続けることになると思う・・・。



ご意見 | 11:09:47 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad