FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

【映画】ロング・トレイル (老いたレッドフォードにびっくり)
P1000199.jpg
2009年10月シェナンドー米国立公園北入口にて


正月もすでに4日、1日から工房に来て雑用をこなしています。
今日も朝7時半から来て2月8日からの展覧会案内等の準備です。
少しは、正月らしいことをと、思っても今年の正月は、昨年6月に逝った母の喪中でもあり、習慣にならって神社へ初詣でというわけにいかず工房で仕事三昧です。
で、少しは正月をしようということで、アマゾンprimeビデオで、映画を観ました。
リストをチェックしていると、じじぃ二人がトレイルするという映画がありました。
「ロング・トレイル」2016年の米作品です。「再会の3500キロ、友と森を歩くロバート・レッドフォード&ニック・ノルティの、大人のための人生応援ムービー!」これがうたい文句です。
大人のための人生応援ムービー、これに魅かれました。

で、先ほど観終わったのですが、年老いたロバート・レッドフォードに違和感たっぷりでしたが、1936年生まれ。今年で84歳だそうで、私より14歳も年上です。撮影時は、80歳前でしょうか、「明日に向かって撃て!」の彼のイメージは全くないと言っても過言ではありません。老いるというのはこうなんだと、動画を一時停止にし、近くなった小便をしにトイレに立つと、思わず鏡をのぞき込み、自分の老いた姿をまじまじと見てしまいます。
でも、映画では時おり、昔のレッドフォードを偲ばせる清潔な笑顔に、なぜか安心してしまいます。

で、このロング・トレイルという映画、幼馴染の80前の男二人が、アパラチアン・トレイルと呼ばれる、全長約3500kmにもおよぶトレイルに挑戦するのを描いています。アメリカ合衆国東部をアパラチア山脈に沿って南北に縦貫する長距離自然歩道です。
著者は、レッドフォード演じるビル・ブライソン。実話です。著者の実体験の映画化だそうです。
人気作家のビル・ブライソンは、スランプだった作家活動をこの旅の経験談を書いて乗り越え復活します。

shenandoah.jpg
映画の一コマ(左が主人公のレッドフォード演ずるビル・ブライソン)

このアパラチアン・トレイルは、アメリカ東部のジョージア州からメイン州にかけての14州にまたがる約3,500kmの長距離自然歩道です。
二人はメイン州のカタディン山を目指します。
結局、途中で体力の限界を感じて踏破をあきらめるのですが、バージニア州のシェナンドー国立公園に入る時の映像の一コマで、私は思い出したのです。

もう、9年も前になりますか、娘家族の住むワシントン郊外のベセスダに行った時、皆で、ボルチモア経由で、海軍兵学校(The US Naval Academy=アメリカ海軍およびアメリカ海兵隊の士官学校)を見たくてアナポリスへドライブしたのです。
その時に通過したのが、写真の SHENANDOAH NATIONAL PARK ここでは私も少し運転しました。
これと同じ見覚えのある字体の看板が、映画に映ったので、思わず動画を一時停止してキャプチャー。
レッドフォードさんと同じように、9年前の私はまだ60歳。ちと、若い。 
さぁ、仕事にもどりましょう。
今年も健康で良い年でありますように!

映画 | 13:29:06 | Trackback(0) | Comments(0)
アナザー・プラネット Another Earth
アナザープラネット
アナザー・プラネット  原題:Another Earth


SF映画と思いきや、科学的内容はないに等しい。
ファンタジーのようでそうでもない。ヒューマンドラマのようでそうでもない。
もう一つの地球があって、そこにもう一人の自分が居るとしたら・・・。
どうも主題はそこにあるようです。
劇中に以下のようなナレーションがあったので、この映画を観終わった私の感性で、ちょっとアレンジしてみました。


もう一人の自分


人生は驚きの連続です。

生物のミクロの世界に驚嘆し、宇宙が果てしなく広がっている事実に圧倒されます。

かつては夜空に心を奪われ、今はその外に想いを馳せています。

しかし、最大の謎はそのどちらでもなく、おそらく我々自身そのものではないでしょうか?

自分自身を正しく認識すれば、自分が何なのか知ることは可能なのでしょうか?

もう一人の自分が居たら、もう一人の自分に何を伝え、もう一人の自分から何を学ぼうとするのでしょうか?

もう一人の自分がもう一人の自分に会った時、自分はもう一人の自分に何を見ようとするのでしょうか?

本当のところはどうなんでしょう?


※この不思議な映画を観て、その主題に感化され、CM表示を回避するために記事としてまとめてみましたが、これ、「自分という私」を見つめる良い機会となります。
なかなかの秀作だと思います。
特に最後のワンシーン。
お勧めです。


映画 | 10:42:11 | Trackback(0) | Comments(0)