FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

新しいパソコンで快適です!
308AF948-E98A-4024-BF4A-962FA09464F4.jpg
右側のモニターがフォトショップ画面でそのクローン画面が下のペンタブレット。これで作業します。


7月8日朝、工房の窓から見える桂川の水嵩が増しています。上流の土砂崩れで抜け落ちたと思われる大木のきれいに洗われた根っこの部分が、泥色の濁流に浮き沈みしながら流れて行きます。
10時半を過ぎますと青空が垣間見え雲間から陽光すら漏れていますが、水嵩はそのままです。
この3・4年は梅雨から秋にかけて、こんな状態が年に何度かありますが、嵐山地区に降った雨水を桂川に逃がす為の工房前の堰からの逆流で、前の道に水が溢れてきたのは、まだ一度だけですがそれも家の中にまでは入ってこない程度でした。今年は、どうなるのでしょう・・・。
今からこうでは、今年も安心して秋まで過ごせません。

ということで、久々にブログを更新しようと思います。
最近は、この間借りの無料ブログ、1ケ月たってもコマーシャルが表示されなくなったようで、無更新が続いてそのまま放置していたら、先のブログから2か月半ほど経ってしまったようです。
ある知人から、ブログが更新されないので心配していたと聞かされ、私のブログを気にかけていてくれる人がいることに、少しうれしくなりました。

実は、なぜ、更新できなかったのか・・・ですが、10年ほど使ってきたパソコンが動かなくなったのです。

私の優秀な秘書であり、辞書であり、記憶の倉庫だったパソコンの調子が悪くなったのが昨年4月の中頃、やたらファンがフル回転しだし、うるさくてたまりませんでした。
そろそろ私の人生の最終場面を共に暮らしてくれる優秀なパソコンに変えなければ、そして今のうちに膨大なファイルやデータを移動しておかないと大変なことになる・・・と思いつつ先延ばしにしてきました。

その頃から1年以上経った6月のはじめ、コロナの給付金の支給手続きが終わってすぐの頃でした。
時期は、偶然なのですが、いづれ、新しいPCにしないといけないことはわかっていましたので、思い切って新しいパソコンを注文しました。
そんなつもりではなかったのですが、たまたま妻と私の給付金20万円はこのシステムの一部になってしまいました。

CPU は、 インテル(R) Core(TM) i7-9700 プロセッサー 。メモリが16Gb。250GbのSSD。グラフィックボード AMD RADEON RX5700 /8GB。 2Tbのハードディスクの組み合わせです。
それに、今まで使っていた外付けのハードディスク7Tb分を付ければ、老いた私にとっては頼りになる最強パソコンになるはずです。

新しいパソコンが届くその日に、うまくといいますか、たまたま、今まで使っていたGatewayパソコンがクラッシュしてしまい、ついにOSすら立ち上がらなくなりました。
つまり、データが取り出せなくなったのです。

9月までに完成させないといけない、やりかけの仕事(下図)も取り出せないのです。

ということで、レスキューのお兄さんに来ていただくことになったのですが、結局パソコンは寿命ということなのです。
「10年以上も使っていたなら、通常の2倍使ったことになります。」と笑いながら言われました。
ハードディスクの寿命は通常5年だそうで、5年以上使ったハードディスの大切なデータは、別の外付けハードディスクに保存しないといけないと言われました。
ということで、内蔵ハードディスク2個を取り出してもらっただけで17600円の出張費を請求されました。

取り出した古いハードディスクから、自力で新しいパソコンにファイルやデータを移動する作業は、全部自分ですることにしたのですが、これがまた厄介な仕事で、10年分の膨大なデータから大切なデータを選んで移動するわけですから人任せにはできません。
結局、そのクラッシュから一ケ月ほどかかって、手動でデータ移動作業をする羽目になったのです。

数日前から、やっとなんとか、今までの環境に戻った感じです。

我々の仕事も、もうパソコン無くしては、仕事になりません。もちろん私の記憶力もパソコンの力を借りないとどうしようもありません

1ヶ月の仕事のブランクを取り戻すため、新しいパソコンで下図を完成させ、1ヶ月を取り戻そうと少々焦っています。

今までのパソコン環境に比べますと、すこぶる快適になってぜんぜんストレスが溜まりません。快適です。
こうしてブログを書く余裕も出てきました(^^)
パソコン大明神様に感謝!




うだうだ | 12:47:06 | Trackback(0) | Comments(0)
展覧会出品作の図録冊子を作りました。
yomigaeruinorinokaiga.jpg
Amazon-icon5.png

2020年2月8日から、アマゾンからというより、アマゾン様に販売を託して「よみがえる祈りの絵画」という冊子を 販売していただいています。
当初は、仏教美術カテゴリーの最新売り上げ順位では、最高2位を獲得していたのですが、最近では4位、8位、16位と、上下しながらではありますが、どんどん下がり続け、昨晩には95位と、ベスト100位から下落しそうでした。
順位を付けられると気になるもので、毎日、何度かチェックするハメになります。
かといって、自分で自分の本をポチるのも空しいので、ただただ、数字の上下変動を見ては一喜一憂しております。
たぶん、売上数に対してロボットが淡々と順位を付けて、仕入れ冊数なども決めているのだとは思いますが、その基準は我々にはわかりません。

画歴50年にして、初めての画集、といっても、1100円(税込み)という安価な冊子形態ですが、シリーズで出版できたらということで、最初ですので①、としました。
今回の「藤野正観の仕事展」の図録冊子として当初は観峯館さんが作り始めたのですが、解説文やレイアウトの編集をしているうちに、何といっても全部が私の工房で制作された仏画ですので、やはり愛着があります。
で、途中から「自分で出版もしたい!」ということになって、私自身が経費を出して出版することにしたのです。

以前より、印刷業界の知人より、「今時、紙の出版は売れないので止めておけ!」と厳しい忠告を頂いていたのではありますが、画歴50年を記念して、自費出版でも、厚みが2cm~3cmのちゃんとした画集を作りたいと思っていましたから、販売して利益を出すなど二の次にして2年前から準備を始めたのです。その発願から2年間経っても、結局仕事に追われ、何も手が付かなかったのです。

なんでも自分でやらないと気が済まない性格ですので、印刷データまで編集するとなると、パソコンの性能もあり、少々無理もあって、あれもこれも掲載したいという欲望妄想が広がり、結局、手が付けられず2年が過ぎ去ってしまったわけです。
ただ、掲載用の作品の画像は、こつこつと整理していましたので今回の冊子づくりも、比較的スムーズにいったのではないかと思っています。

この冊子形態なら、今後も、肩の力を抜いて、余裕をもって、「自分でも編集できる」という自信ができましたので、シリーズ化ができればいいなぁと思っています。
何冊か、溜まれば、一冊にまとめられるバインダーのようなものを用意すれば、りっぱな書物になるのではと思っております。

アマゾンで販売していただくには、条件としてISBN(日本図書コード)を取得しなければなりません。
それなら、このさいですので、当工房に出版部を作り、自分ですべて編集しようと、こうなったのです。
「藤野正観の仕事展」の会場で販売していただく冊数も含めて2000冊刷って貰いましたが、展覧会終了後の販売で頼りにしているのは、Amazonの「e託販売」というシステムなのです。
そのために、ややこしい手続きを経てISBN(日本図書コード)も取得し、なんとか出版販売まで漕ぎつけましたが、この間、アマゾンの社員さんには誰一人として会っていませんし、コンタクトもしていません。
すべてAIロボットやプログラムの指示通り動いています。
これが、未来の社会システムなんだろうと、ちょっと考えてしまいます。

展覧会場でも販売していただくことになっていましたが、コロナウィルス騒動で、3月1日のギャラリートークも中止になりましたし、今日のニュースでは、国立博物館はすべて休館するとのこと、さて、観峯館さんはいつ休館にするのでしょうか・・・。
ますます、冊子の委託販売は、アマゾン様に頼るしかないようです。(-_-;)



うだうだ | 11:41:14 | Trackback(0) | Comments(0)
成道の日に想う
正観-成道図制作中
釈迦成道図を制作中の筆者(47歳頃)


昨日のお釈迦様のご成道された日4月8日(日)は、久々に長男夫婦が来てくれ、2歳4ヶ月の孫とは3か月ぶりに、半日だけですが自宅でゆっくり一緒に過ごすことができました。

一緒に近くの公園に行くと、夕暮れの広い公園を走り回ったり、鉄棒にぶら下がったり、小学生でも楽しめる大きな滑り台に何度も自力で上がり、キャッキャとはしゃぎながら滑り降りていました。
しばらく見ないうちに大きく成長している孫を見ていると、その時の流れの早さに、私自身の人生の残り時間が反比例していることに気づかされます。

お釈迦さまは、29歳でお生まれになった家を出て苦行をされますが、6年後、苦行では悟れないことにお気づきになり、35歳の時、ガヤの菩提樹下で瞑想し、「世は無常である」ことをお悟りになられます。

この世は、時と共に変化し続け、誰一人として、老、病、死 から免れ得ない。
つまり、誰の人生にも「生きるという苦」が基本にあるのですが、「苦」というものは決して自身の外側にあるのではなく、それは自身の心のあり方から生じるのだということなのです。
老、病、死、それ自体は『苦』でも『楽』でもなく、それを受けとめる自分自身の心が「苦」を生み出しているということです。

ということですので、70歳を前に、残りの人生をどう謳歌しようか・・・と、フル思考中の今の私なのです。


うだうだ | 09:43:39 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の慌ただしい出来事
2019-8-13.jpg
母の初盆。慌ただしかった夏のつかの間のひと時、琵琶湖畔の大水車前の広場で。


今朝、4時に起こされ、孫たちと寝床でお別れのハグをしました。
そうです、娘と孫2人が、79日間の日本滞在を終え、アメリカに帰ります。妻が3時に起きて車で送って行きました。
私はといいますと、早く目が覚めたので、一人で朝食を済ませ、6時前には工房に来て、賑やかで慌ただしく過ぎ去った今年の夏を思い出しています。

何といっても、娘たちがワシントンDCから日本に帰ってきて6日後には、故郷の施設でお世話になって居る私の母とお互いが元気に再会し、にこやかに話をし、その3日後にはその母が脳幹出血で倒れ、その4日後の早朝には享年92歳で、この時を待っていたように人生の幕を閉じました。
学生時代の友人の関係する葬儀場に無理をお願いして、亡くなったその日の夜に通夜、家族と親戚だけの濃厚な葬儀、49日までの古い佇まいの実家での一週間ごとの追善法要、それと初盆。
通夜の日には、仕事とビザの手続きなどで10日間の滞在予定の娘の婿までが遅れて帰国しており、母の通夜や葬儀にも参列できました。

私の保育園時代から一緒の同級生の和尚に通夜からすべてお世話になりました。
台風接近の為、寺での施餓鬼会には行けませんでしたが、その次の日の16日、京都五山の送り火のある日、その猛暑の中、娘と息子と3人で鳥居本まで出かけ、母の初盆供と、家内安全等の護摩木を奉納し、その夜の鳥居形の送り火のひとつにして頂きました。

また夜には、昼間の暑さで疲れた私を除く家族全員で嵐山の灯篭流しにも参加し、亡き母の成仏をと、願いを込めました。
会うたび、別れ際に「これで最後やぁ・・・。」と涙ながらに言い続けてきた母も、まさかこんな見事な形で米国在住の孫や曽孫たちに見送ってもらえると思っていなかったことでしょうし、我々も誰も想像していませんでした。

そんな、何ともピッタリなタイミングで母を送り、孫たちは夏休みまで計画通り公立の小学校にも通いました。
そんな「日本の夏」を過ごし、ワシントンDCへ帰ります。
孫たちにとって、どんな夏だったのでしょう。おそらく、思い出深い、忘れられない日本の夏になったことと思います。
今日の7時50分のNH-2176で成田に向かい、7時間後には例の食事のまずいユナイテッド航空(UAL 804)で直ワシントン、ダレス空港まで帰ります。 ケチケチ旅行は大変です・・・。
今頃、伊丹空港で出国手続きを済ませ、搭乗ゲートで待っていることでしょう。

うだうだ | 07:32:21 | Trackback(0) | Comments(0)
追善供養って仏教かい?
地獄図部分
地獄図 部分 2007年制作『地獄図』より


6月17日に、享年92歳で母が亡くなって3週間が過ぎました。

7月5日、今や誰も住んでいない実家に、7日ごとに遺影と位牌等法具セットを持ち歩き、母の曽孫までの血縁縁者が集まり、前倒しで四七日を済ませました。

こういう言い方、表現をすると誤解されそうですが、亡くなった母が亡者となり、堕ちた六道の関所を無事通過できるように目印となるようにと、線香を絶やさないように気を付けたり、電気ローソクを灯したり、水や、膳を用意し母の遺影と位牌の前に供えたりと、24時間、バーチャルな世界にどっぷり浸かり、私はゲームはしないのですが、法要の日など、まるで集団でゲームをしているような不思議な気分です。亡き母の冥福(死後の幸せ)を祈り供養する我々が善根を修める(貪らない、憤らない、愚かでない、等徳を積む)のだそうです。

葬儀までは、その不思議な気分はなかったのですが、それ以降、初七日、二七日、三七日・・・七七日、と追善供養が続きます。
父親の時は、何も疑問に感じず、素直にその中陰の時期を過ごしたと記憶しています。
【※中陰とは、人が亡くなってから次の新しい世界へ向かうまでの四十九日間(七七日)のことを指します。
中陰の間に7日間ごとに故人の生前の罪に関する裁きが行われ、縁者が供養することで滅罪され、生まれ変わる死後の世界(六道=地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天)が決められるとされています。】

私は、十三仏図や地獄絵図や六道絵図も描いていますので、お勤めをしてくれる和尚が中陰和讃を唱える時、どうしてもその映像がはっきり頭に浮かぶのです。

ところで、追善供養は仏教の教えにあるのでしようか?

神通力では弟子の中でも一番と言われる目連尊者が、「亡くなった母が、餓鬼道に堕ち苦しんでいるのが見える、お釈迦様、私はどうすれば母を救ってあげることが出来るのでしょうか?」と仏陀にたずねます。

目連を慈しみ、育てた母は、その我が子への愛が妄執(まちがった執着)となって慳貪(貪欲なこと)の罪を犯したとされますが、私には、なぜ、慈愛の心が慳貪の罪なのか疑問だったのですが、次のような解説がありました。

目連の母は、出家した我が子が、他の修行僧たちとともに托鉢のために村に来た時、他の僧の鉢には何も施さず、我が子目連の鉢には、たくさんの食物を盛ったことがありました。
それは、母の愛としては自然なことであったかもしれませんが、出家者に対する布施の行いとしては誤りでした。
何故なら托鉢の乞食行(こつじきぎょう)は、修行者にとっての徳行となるばかりでなく、実は分け隔てなく執着を離れて施与するという布施の徳を積ませてもらう意味があるからです。
つまり、布施する側にも「徳を積む修行」となるものですから、目連の母は、母の愛を布施の徳を積むことで一層深めていくべきところを「我が子だけ」という慳貪に陥ってしまったのです。
この行いの報いによって、母は今や飢えと、乾きに苛まれる餓鬼道に堕ちているのでした。

こう聞くと、世の母親のほとんどは、餓鬼道に堕ちていることになります。私の母親も同じくそうかもしれません。

目連は、嘆き悲しみ、神通力で餓鬼道に堕ちた母に食物を送るのですが、母の目の前に届くと、灼熱の炎や刃物に変わり、かえって母を傷つけることになってしまったのです。

仏陀は憐れむ目連に、「夏安居の最後の日にすべての比丘に食べ物やきれいな水を施せば、母親にもその施しの一端が口に入るだろう」。と、アドバイスをするのです。
これは、孟蘭盆経にあるそうです。つまりこれが、お盆のはじまりだとされています。死者に対する廻向の思想はパーリ語経典『餓鬼事経』にもあるそうです。

私は、仏教は、生きる人のための教えだから、施餓鬼も追善供養もお盆も直接、「仏の教え」とは関係がないのではと思っていたのですが、この施餓鬼供養や追善供養という行為は、仏陀の教えでもあるのだそうです・・・。
いや、仏陀がそう言ったことにしたのかもしれませんが。

この教え、勘繰ると、僧の集団も次第に膨れ上がる仏教教団の台所事情を考えざるを得なくなった。比丘(僧・修行者)への施しを衆生(一般信者)に、どう納得して布施させることができるか・・・。と考えた挙句、この目連の母の話(お経)を創作したのでしょうか・・・。
「孟蘭盆経」は、梵語の原典はなく、中国生まれの偽経(ぎきょう)ともいわれていますので、この辺が、たぶん妥当な成り立ちだと思われます。

仏教教団のような大きな集団を運営・管理するということは、会費制では、真の仏の教えにそぐわないし、衆生信者の布施なしには、他に収入が考えられないから、故人や祖先への供養をしなければ故人が浮かばれないとすることで、少なからず強迫観念を植え付けたのではと思われます。
真の仏教を伝え説く為には、仕方ないと言えば仕方がないお話です。

ですから、現在では、真の仏の教えより、こういった在家と同じように、妻も子も財産もあり、ともすれば在家、衆生よりも裕福な職業僧や仏教者の懐を肥やしたり、寺の維持費そのものを捻出する手段としての追善供養や施餓鬼会が存在していることになっています。
また、今の老人の大半を占める団塊の世代や若い人たちには、葬式仏教が、ほんとうの仏教なのかな?と、疑問を持ち始めています。

やはり、盂蘭盆の行事や十三仏信仰のような追善供養の起こりの背景は、中国の道教や民俗信仰と祖先祭祀を背景に仏教的な追福の思想が加わって成立した儀礼・習俗である。ともいわれていますし・・・。よくわかりませんね。

私は、今、来年の展覧会に出品する為、涅槃図を描いています。
涅槃とは、痛みや不安、そしてすべての煩惱が、ローソクの火を吹き消すように、スーっと消え、魂が楽になることを言います。仏教徒の目指すべき最高の境智、状態です。仏教でいう死とは、おどろおどろしいものではなく、解放を意味します。
仏教徒の死は、涅槃を意味します。また、浄土宗や真言宗に阿弥陀来迎図も描いています。 阿弥陀と共に観音・勢至菩薩が来迎し、観音菩薩が故人が乗る蓮台を持参してくれます。蓮台に乗ってそのまま西方浄土へ旅立つことになっているのです。その条件は「南無阿弥陀仏」と、弥陀を信じることです。弥陀に全てを任せるのです。霊鷲山で仏陀が「無量寿経」を説いています。「観無量寿経」(当麻曼荼羅)にも同じことが描かれています。私は、こちらをもともとの真の仏の教えと理解しています。

今や、葬儀や追善供養等、それを執り行う在家は、一種の義務感や、もっと極端な言い方をすれば脅迫観念でそれ等供養をしています。仏陀の居た頃のような、本当の意味での出家した比丘や修行者は、今の日本には、ほぼ居ないのに・・・。

などと、母の死に際し、こんなことを、うだうだ考えています。


うだうだ | 16:44:02 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ