FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

それでも聖火は長野を走りぬけるのか・・・。


このまま、何事も無かったように、厳重な擁護の壁に守られた「聖なる火」が長野を通り抜けようとしている。
選ばれた聖火ランナーさん、選ばれたアスリートさんは、この「聖なる火」とはどういうものか理解できているのだろうか。「聖」とは・・・けがれなく、尊いこと。
今の中国では聖という文言はないに等しいが少なくとも、わが国では「聖火とはけがれなく、尊い火」と認識しているはず。このビデオ、じっくり観て欲しいものです。

ご意見 | 10:30:43 | Trackback(0) | Comments(0)