FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

シェーンハイマーの動的平衡論
シェーンハイマーの動的平衡論では、仏教でいう「無常」の思想が、生物学的に我々動物全てに当てはまることが実証されている。
最近、福岡伸一氏の書いた「生物と無生物のあいだ」を読む機会があった。
我々人間は食べ物を食ってエネルギーに変え、成長し行動すると安易に考え、教えられてきた。
しかし、1949年には、すでに以下に書く事が実証されているのだそうだ。

我々の肉体はもちろん、生命体は、分子レベルでは一瞬の淀みに過ぎない・・・。

1941年に自ら命を絶ったドイツのルドルフ・シェーンハイマーは、身体に取り込まれた食物が分解され、身体を構成している原子、分子と入れ替わることを明らかにした。
私たちは物を食べると、大半は体内で燃やされ、エネルギーとなったあとは排出されると思っている。

だが、実際は違うらしい。
シェーンハイマーが、体内に食べ物が取り込まれてからの道順と変化を食べ物を構成する分子に目印(窒素原子の安定同位体)をつけて追跡したところ、瞬時に分子レベルに解体されて体を構成する分子の中に高速度で入り込み、逆に体内の分子が高速度で分解されて外に出ていくことがわかったのである。
「代謝は回転している」と表現するが、つまり、昨日も今日も変わりないと思いこんでいる私たちの肉体は、分子レベルでは常に激しく入れ替わっているということだそうだ。

これが「動的平衡」である。

生命体を構成する原子や分子は絶えず入れ替わっている。
原子レベルで見たとき、ヒトの身体は数ヶ月前とは、まったく異なり新たな原子や分子で構成されている。
「食べる」ということは、「栄養を採る」のではなく、原子、分子を入れ替えることであり、瞬間で見ればヒトの身体はその時点での平衡状態にあるという。
平衡状態を保ちながら、原子、分子レベルで入れ替わり流れていく。
細胞分裂をしないとされる脳細胞ですら、この原子レベルでの入れ替わりが起きている。
そして、この入れ替えを止めるときが生命体としての死であるという。
動的システムとしての生命システムの秩序は「守られるために絶え間なく壊されなければならない」のだ。

これは、
「行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しく止とゞまる事なし」と、
仏教で言う無常を表現した鴨長明の『方丈記』の書き出しを想い出させる。




うんちくひけらかし | 16:48:34 | Trackback(0) | Comments(0)