FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
仏画師「藤野正観の仕事」展のご案内
来る2009年6月10日より15日まで島根県立美術館にて私の工房で制作した仏画が展示されることになりました。

タイトルは、自分で書くのは、ちょっと恥ずかしいのですが、『孤高の仏画師「藤野正観の仕事」展』(山陰中央新報社主催)です。どこの会派にも所属せず、公募展にもいっさい出品したことがなく、一人ぼっちで仏画を描いている私を見て『孤高の仏画師』と表現して頂いたのだとは思いますが、やはり、気恥ずかしいものです。

山陰地方の方はこの機会にぜひ、私の仏画工房、楽詩舎の制作した代表的な仏画をご高覧下さい。

いつもの善峯寺での展覧会と出品作品はあまり変わりませんが、普段展示できない、2m巾の両界曼荼羅二福対や、初めて皆さんの前に公開させて頂く新作として、1m巾額装『青不動』、欄間額巾1m『二十五菩薩来迎図(大和絵)』、それと1m巾の軸装、五大明王の白描画5点、計7作を プラスし、合計二十八点を展示します。
すべて、参考にした名画や古仏画の原本がありますが、それ等をより鮮明に浮かび上がらせ、分かりやすく、なおかつそれらを上回る出来栄えを目指した・・・つもりでおります。
現代のプロの絵師が描く『仏画』、ぜひ、ご高覧下さいませ。

また、山陰中央新報社 事業部事業室が、私の描いた仏画(絹本着色の十一面観世音菩薩・白衣観音の絹本着色版と和紙墨彩版の三種)の特別頒布を開始されました。

パンフレット請求など、詳しくは、0852-32-3415山陰中央新報社 事業部事業室まで御願いします。



テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

告知 | 16:42:12 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad