FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
西山浄土宗 総本山 光明寺 暁天講座
光明寺暁天講座

さきほど、長岡京市にある、西山浄土宗総本山 光明寺 の暁天講座の講師を努めて工房に来た。

以前より、仏教クラブでご一緒の日下教学部長より講師を依頼されていたもので、昨日一日かかって、レジュメをまとめ、今朝お越し頂いた参拝客に御渡し頂いた。

4時ごろ目が覚めた。辺りはまだ暗い。早朝の朝ごはんを終えた頃にはすっかり明るくなった。
自宅を車で出ると10分もかからない。早朝の山門には、次から次へとお参りの人たちが入っていく後姿が見える。
さぞかし多くの方々が私の拙い話を聞く為に朝の貴重な時間を裂いていただくのだと思うと、申し訳ないやら緊張するやら・・・。その光景を横目に山門の南側の小道を進み、5時半ごろご連絡いただいた本山の受付に入り、控え室に通された。

昨年暮れにNHKで放送された「こころの時代(仏を描く 祈りを描く)」の時の背景と同じように、山越阿弥陀図を持参し、私の立つ演題の横に吊るしていただいた。

5時半からのお勤めの後、今期で退官される、この方も仏教クラブの会員で、この寺に私がお描きした「観経変相図(当麻曼陀羅)」の開眼法要の導師もお勤め頂いたご法主・岩田文有猊下のご挨拶があった。
「私の仏画人生」と題して6時から約1時間、清々しい空気で満たされた御影堂(本堂)、法然上人自らが母上からのお手紙を水に浸し、お作りになったといわれる「張子の御影」の御前で、「仏画」の歴史等も少し混ぜながら「私の仏画人生」をお話させて頂いた。
約300人のほぼご年配の方々を前に、最初は正直、緊張したが、なんとか無事に勤められた気がする。

若い頃の私なら人前でお話をしなければならないとなると3日前から緊張し、夜も眠れないといった、いたって気弱な性分だったことを思い出す。
ところがどうだろう60歳を過ぎると、すぐに開き直れる自分が居るのだ。
最近、やっと聴衆の顔色を見ながら話の内容やら口調を調整することが出来るようになった気がする。

しかし、所詮、絵描きの戯言、絵を描くことは自信はあるが、やはりその話の内容を振り返る時、ああ言っておけば良かったとか、あれも、これも言っておけば良かった・・・と、しきり。
反省している。

7時にお話を終えてこの日の為にお吊るしいただいた観経変相図のある阿弥陀堂を通り過ぎ、控え室に戻った。
朝早くからご若いお坊様達に準備いただいたお手間入りの朝粥300人分の一杯を控え室にて日下教学部長とご一緒に頂戴し、いろいろ良いお話をお聞かせ頂いた。早朝のひと仕事を終えた後の本格的なお粥はまことに旨かった。

8時前には自宅に戻り着替え。その足で松室の工房に向った。
早起きは三文の得 というが、それを実感した朝だった。

うだうだ | 09:49:01 | Trackback(0) | Comments(0)
退院後、初めての診察
昨日、カテーテル手術を受けて退院後、初めての診察を受けた。
『血栓』を溶かす食品、LR(ルンブルクス ルベルス)の効果を期待して診察を受けたのだが、心電図検査を受けただけで、循環器科、脳神経外科共、問診だけで、例の薬を貰って帰ってきた。

カテーテル手術でのステント挿入術後は、いたって良好に推移し、すこぶる快調。
仏画教室で月に2度は行く善峯寺の長い階段を登る時も息をつくことも無くなった。たいしたものである。
今までは、年のせいとか運動不足でハァハァと息をつくのだとそう思いこんでいた。
普段あまり身体を動かさない生活をしていたので、狭心症という症状が出ないまま生活をし、それに気付かなかったということのようだ。
今後もこの生活を続けたら、このまま気付かずに年を重ねたら、いきなり心筋梗塞ということになっていただろう・・・。結果として狭窄が見つかって命拾いしたのだと思う。

脳神経外科の清水史記Dr曰く、狭窄が進むにせよ、血栓が溶け出すにせよ、何れにせよ、3ヶ月経過した時点でのMR検査がより見やすく有効であるとの説明を受けた。
血栓が増えるにしても溶けるにしても、これは少しずつ進むことなので、3ヶ月~半年後の検査で十分との補足もあった。
というわけで、LR(ルンブルクス ルベルス)の効果をみるのには、約3ヶ月後の11月7日予約のMR検査、頭部血管撮影ではっきりする。

「血栓を溶かすにはミミズしかないので、これで溶ければ良いのですが・・・。」との私のせつなる期待に、清水史記Drは、疑惑の笑みを浮かべ、「う~ん、データーがありませんからね・・・何とも・・・。」やはり、韓国とは違い、日本の西洋医学界では、まだまだLR(ルンブルクス ルベルス)の存在と臨床データが希薄なのだろうか・・・。
11月7日まで、この赤ミミズのフリーズドライ粉末含有食品の摂取と野菜中心の食生活、それにウォーキングを実行し、周囲の疑惑と憐れみの視線を感じながら、どのくらいの血栓が溶け出しているか、その結果を信じ、しっかりと期待している。

うだうだ | 10:46:22 | Trackback(0) | Comments(0)
その後の指のしびれと専属整体師
5月のはじめ、歯医者で治療を受けている時に右上腕の痛みを覚え、2・3日後に親指と人差し指、そして中指の三本がしびれだしたことはすでにこのブログに書いた。
その症状を診て貰ったら、すぐに手術ということを告げられた。この検査のついでに受けたMRI検査のおかげで、頭蓋内動脈が狭窄していることや心臓の冠動脈が狭窄していることが判明した。

6月27日に冠動脈狭窄を改善する為に、ステント導入手術を受け、現在ではすこぶる調子が良い。

ただし、頭蓋内動脈狭窄と頸椎の手術の件は様子をみるということで、そのままになっている。
現在、血がサラサラ流れる薬を飲みながら、食事の内容も肉食動物の私が人生で初めてといえるぐらいの野菜を中心とした食事を続け、一週間ほど前から毎日30分から1時間のウォーキングを開始した。
ということで、挿入したステント部分や脳血管、はたまた他の血管がまた血栓を作らないように食事と運動の面で努力している。
私もせめて人並みの平均的な寿命を全うしたいと思うようになったということだ。

前にも書いたが、サラサラ流れる薬では、他の血管にもたぶん詰まっているであろう『血栓』を溶かすことはできないので、たまたまネットで見つけた唯一の『血栓』を溶かす食品、LR(ルンブルクス ルベルス)という北米に生息する赤ミミズの内臓をフリーズドライで加工したサブリメントを毎日食している。この食品に関しては、ネットで検索すればすぐヒットするのでここでは説明を省略することにするが、これを食した結果が期待通りになるかどうかが気になるところだが、血管の狭窄に関しては、次の検査で少しでも血栓部分が減少していることを期待したい。

一方で肝心の頸椎のヘルニアの治療の件だが、実は、長年我が家にあったマッサージ機が2年ほど前に壊れて廃棄したままになっており、毎日座ってリラックスすることがなくなっていた。
そのこともあり、妻の友人宅でも故障中、そろそろ良いマッサージ機が欲しいと思っていたということで、2台一緒に買えば価格を下げてもらえるという期待を込めて、2週間ほど前に、それを求めに家電量販店へ行った。

いろいろ試させてもらった結果、ファミリー製の「メディカルチェア」という今までのマッサージ機とは違うコンセプトで開発された整体ストレッチとマッサージができる機種が気に入り、2台まとめて買うからといって価格を交渉した。
しつこい値段交渉の末、その販売価格(売価388000円)を大幅に値引きして貰うことができた。

売り場でこの機種に座り15分間のストレッチコースと10分の骨盤のゆらぎマサージを試したのだが、これが実に心地よく購入する決め手となった理由である。
この日の次の月曜日、仕事中にふっと思い出し、弟子たちに思わず口走ってしまった。
「あれぇ・・・? 指の痺れがなくなっている・・!!」この日、あきらかに指の痺れを忘れていた。

そういえば家電量販店でメディカルチェアーに座ってからそれまですっかり指の痺れを忘れていたのだ。
その後、徐々にだが、指の先に多少の違和感を感じるようになったものの、2週間経った今もメディカルチェアに座る前ほどの痺れはなくなったのである。

我が家の専属整体師となってくれるであろう「メディカルチェア」。
部屋が狭くなるので古い本箱の中身を整理し、そのほとんどを廃棄。明日はその専属整体師を迎えることになっている。

うだうだ | 10:24:46 | Trackback(0) | Comments(0)
京都地検の女7
撮影中「京都地検の女」
7月5日、当仏画館の前にある京都市下水道局の管理する施設のブロック塀の内側に工事用のテントで囲いができた。テレビドラマの撮影の準備だ。
6日には予定通り、朝から東映の撮影隊が大勢来て、バタバタと撮影が始まった。

今年1月後半に、この地に移動してきて、早や半年、『おみやさん』シリーズ等、すでに3回の撮影があった。以前の北春日の工房の前も、よくロケ現場となったので、なぜかこの京都ミステリーシリーズとはご縁がある。

今回のロケは、昨晩から再スタートした木曜ミステリー「京都地検の女7」の7話の撮影だ。
7話なので、多分放映は8月の18日となる計算だ。仏画館2階の工房の大きな窓から一部始終が見える。

工房前の水道施設はマンションの建築現場に仕立ている様子。隣の公園は、殺人現場なのだろうか、出演者の名取裕子さんや他の俳優さんが多数出入りしていた。

我が工房の裏の駐車場も、準備スタッフに頼まれて俳優さんのタクシー待機場所として提供した。
弟子の情報では、益岡 徹さんという俳優さんらしいがなかなかの紳士で、当工房のガレージに駐車したタクシー内で待機中に、工房を出入りする弟子に愛想良くお礼を言っていたそうだ。
東映の準備スタッフはどちらかというと、「有名俳優が身近に見れるよ」と言わんばかりのラフな頼み方だったのだが、一流の俳優ともなると結構低姿勢なのだと、改めて、名前を看板にして生きる男優さんの姿勢に感じ入った次第である。

2階にある当工房の北向きの大きな窓から撮影の一部始終が見えるので、ついつい、てきぱきと仕事をする撮影隊の仕事を興味深く見てしまう。こちらの仕事がはかどらない・・・。
キョロキョロ様子をみていると、外のスタッフから合図。
玄関まで出て、スタッフに「なんですか?」「すみません、カメラがこちら方向を撮影していますので、カメラの方を向かないで下さい。」と、低姿勢で御願いされた。
工房の中に居る我々は、当然ながら、しばし仕事に集中しなければならなくなった。

6日は夕方からのあいにくの降雨で夜のシーンを撮りこぼしたらしく、9日(土曜)には、また撮影するらしい。その時もまた俳優さんの車の駐車場所を提供することになっている。

ということで、木曜ミステリー「京都地検の女7」の7話(たぶん8月18日放送)の劇中に、当工房(京都・仏画館)が映る(※かもしれない)というお知らせでした。


※7月11日、後日談だが、東映の準備スタッフがお見えになって、ご丁寧にもビール券5枚(10本)を持ってご挨拶に来られた。私はアルコールがダメなので、誰かにあげることになる。(のかな?)


うだうだ | 09:36:01 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad