FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

夜中の2時にご近所のおばあちゃんが訪ねて来た。
自転車で通勤する自宅のすぐ近く、ほぼ毎日7時前後に、手のひらが地面に着くぐらい腰をかがめて柄の短い箒で路を掃いているおばあちゃんに出会う。
「おはようございます!」と、私が挨拶をする。
「あっ、おはようございます」とかすれた声で挨拶が返ってくる。まだまだ耳も目も確かなご様子。

以前・・と言っても、何年か前にお年を聞いたことがあるので今、93歳の御年だとおもうのだが、83歳の我が母と比べても、いつもお元気な様子。そんな御年には見えない。生きていれば父と同じ年だ。大正7年生まれだ。

息子さん夫婦と同居しておられるのだが、家の敷地が広い為、敷地内の別棟に1人で生活しておられるようだ。
そういった同居形態が、お元気で長生きされている秘訣かもしれない。が、我々よそ者には真似ができない。
大きな敷地あっての可能な同居形態だからだ。

我が妻も、そのおばあちゃんに時々声をかけて、世間話をしているようだ。

ちょっと前まで、お孫さんが同居していて賑やかだったが、息子さん一家も我が家と同じように、長女を嫁に出し、長男も1人立ちし、今ではその64歳の息子さん夫婦とその93歳の母親の3人が住んでおられる。

いつもは、10時ぐらいには床に就くのだが、昨晩は妻がTVCMに乗せられて観ていた「家政婦のミタ」と言う訳の分からんドラマを11時過ぎまで観てしまったり風呂に入ったりして、就寝が午前1時前になってしまった。(それにしても松島菜々子はいい女・・・。)
食後にマッサージ機で小一時間ほど眠ったから就寝時間としては、0時に床に入った勘定となる。


しかし、昨晩は、ある事件のおかげで、もっと寝不足になってしまった。


深夜、玄関の引き戸がガラガラと開く音と妻と誰かが話する声が聞こえ、目が覚めた。
眠い目を時計にやると、ちょうど2時。丑三つ時だ。

妻と老婆らしいかすれた声が、とぎれとぎれに聞こえてくる。

私は布団の中で「何事だ!? 夢か!?」と思いながらも、うつらうつらしながら耳を澄まして様子を聞いていた。
よく聞き取れない。
そのうち、妻が玄関から出て引き戸を閉める音がしたので、「うん!!」私は布団から跳ね起きた。 寒い!!

傍らのフリースをパジャマ代わりのスエットスーツの上に羽織って玄関まで進み出た。

玄関の上がり段には、あのご近所のおばあちゃんが、我が家の毛布を丸まった肩に被り、ファンヒーターの前に座っていた。
毛布の中はパジャマ姿だった。手には黒い財布を持っていた。

「おばさん、どうしたの?」と心配顔で近寄って行く私。「あぁ、夜中にすみませんなぁ・・・。」と困った顔のおばあちゃん。

この地に一軒目の家を買って36年。そしてこの2軒目の家に移り住んで、もう30年になる。
この辺では、我々のことを「入り人(いりびと)」と言っているらしい。「入り人」を卒業するには三代かかるとか・・・。

おばあちゃんは、話を続ける「私の家に、知らない男の人が来て、黒い幕を張ったはりますのや、私、怖わぁなって、隙間から逃げてきましたんや。」

『息子さん夫婦は?』 と、ずれ落ちそうになっている毛布をおばあちゃんの肩に掛け直しながら聞いた。
「それが誰も居やしませんのやぁ・・・。」

妻が、おばあちゃんの家の様子を見に出て行ったらしい。 玄関を開け外の様子を見ると、外灯の向こうは真っ暗な竹林。
冷気が顔を撫でる。

すぐに、妻が帰って来た。「あぁ、起きてたの?」 「当たり前や、寝てられるかいなぁ。」

「ご主人のお姉さんに電話してみるワ」と妻。

「おばさん、娘さんの家の電話番号わかる?」と近所に住む娘さんに連絡をとろうと聞いた。
すぐに娘さんの家の電話番号が口から出てきた。たいしたものである。

しばらくの呼び出し音にやっと電話口に出た65歳の娘さんは、何のことやら・・・と困惑。
生みの母の行動にだいぶ動揺していたらしく、「よろしく御願いします。」と電話を切ったようだ。

「さて、どうしよう・・・。」「警察?」

「おい、ほんまに息子さんたちが居ないのか確認しないと・・・。」 「そうやね。」

おばあちゃんは、息子夫婦は留守と言っていたので、電話帳で電話番号を調べ、掛けてみた。
20回も呼び出したろうか、息子さんが電話に出た。
様子を話すと、すぐに迎えに来た。

「スミマセン、ご迷惑をおかけして・・・。お袋、最近おかしいのですわぁ」

どうやら、部屋に黒い幕を張っている男の人たちは、おばあちゃんの頭の中の出来事だったらしい。

ヘルパーをしている妻は、実はこのことにすぐに気がついていた。

「おばさん、家まで送っていこうか?」と声をかけたが怖がって帰るのを拒否したそうだ。」 

こういう場合は、むりやり連れて行かない方が良いらしい。
それで、遠慮して中に入らないおばあちゃんの元へファンヒーターを運び、自分の使っていた毛布でおばあちゃんを包みこんだということだった。

やはり、気になったのだろう、娘さんも登場し、三人で一緒に自宅に帰られた。

一件落着。

私の83歳になる母親もそうなのだが、昨日言っていたことと今日行っていることとがぜんぜん違うといったことが頻繁にある。
「私もついに世話にならんならん時が来た。京都に行っても良いか?」などと、しおらしく言っていたと思えば、先日の電話では「最近、元気やし、耳もよう聞こえるようになった。もう、京都に行くことはやめるわ、計画中止!」発言に責任を持たない。持つ気など微塵もない。

もともと、掛かり付けの医者にも愛想をつかされそうになった人なのだ。
最近の私は、「はいはい」と素直に母の言うことに従うことにした。いちいち腹を立てていると身がもたない。

ということで、今日は生あくび連発。

眠いながらも、考えた。

結果、私はこの一件で気がついたことがある。ある種悟ったのである。

どんなに年を重ねても、所詮、「生身の人」は自分が生み育てた子さえ、不審に感じたり、愛した人に対してさえも不信感を抱く。
人が人を信じるということは、健全な生命力(パワー)が必要である。
身も心も健全な時ならパワーで、その健全さを維持できる。

しかし、年を重ね、老いてくると、そうはいかない。
身も心も健全ではなくなり、最悪、周囲の近しい人に対しても不信感や不審感が生じてくる。

長生きすることが一番大切なように思われがちだが、違うように思う。
健全でなくなった人は、やはり健全ではないのだ。

では健全に老いるにはどうすれば良いのだろう・・・。

神でも、仏でも信じれば良い。

人以外の正しい(神や仏の)教えを信じれば、信じることが出来れば、人を不審に思ったり人に対する不信感など自分にとって、どうでも良いことに思えて来るのである。

つまり、人の不確かな愛に囚われなくなるはずなのだ。

私は、今日まで、どんな宗教に対しても熱心に入信する近しい人が居れば、その入信の行為に対し、「遠いところに行ってしまった・・・。」と寂しい想いがつのった。

急に、新興宗教系の神や仏にすがるように入信し、身を捧げるようになった友人は、近しい私のことなど眼中に入らなくなったように思えて寂しい想いをしたことがある。

実態のない神や仏を盲信する気持ちより、人を心から愛する気持ちの方が尊いと思っていた。

母は、無条件に子を愛する。
母は子に対する愛の為なら何でもする。代償など求めない。
子を守るために、もしかしたら人殺しさえも・・・。

そんな母も年をとり、老い、体力も思考も鈍ってくると、その愛した子の愛を得ようと、いろいろ本能的に不健全な思考をするようになる。
その結果、その愛した子を不審に思うこともあるのだから、「愛」という身勝手な想いよりも、普遍的な神や仏の愛にすがった方が、自分の置かれた立場や子の愛を冷静に受け止めることが出来、無駄に苦しむこともなく、また圧倒的に「醜く」ならずにすむと思う。

年を重ね、どんどん老いて、肉体が朽ち果てる寸前において、精神構造が「醜く」なることだけは、絶対避けたいものである。


うだうだ | 18:44:26 | Trackback(0) | Comments(0)