FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

83歳の母と二人暮し
先の日曜日朝、田舎に1人で住む母を迎えに行った。

妻が長女の出産の為にワシントンに行っている間、私が1人で自炊しながら暮らしていることに、いろいろ心配して、自分が行って、助けてやらねば といったところなのだが、準備周到な母だから、妹曰く、迎えに行く3日も前から、きちんとこちらに持参するものは用意したあったそうな。

実は、私が工房に来ている間、自宅で1人で居るのだが、前にも書いたように、83歳の母は耳が遠い上に、足腰もおぼつかない。外を歩く時には老人車が欠かせない。
重いものは一切持つことが出来ないし、それどころか箸さえも落とすことがある。
おまけに、狭心症という、性格と微妙な関係のある心臓発作を持病としている。もちろんニトロ持参だ。

私の帰る時まで、何かあったらいけないので、家の中で1人で過ごしている。玄関の引き戸の鍵がきつくて弱い握力では、鍵を回せない為、そう約束してある。

私は、仕事をしながらも、母の様子が気になり落ち着かない。

今頃、何をしているのだろう・・・。テレビをつけても、音が聞こえないので、おもしろくないらしい。
実家の母のテレビは字幕が出るのだが、我が家のテレビは古いし、BSも映らないのだ。

日曜日と昨日の夜、母と2人で過ごした。

スカイプでワシントンの嫁にも孫夫婦にも曾孫にも会った。

便利な時代になったと、ひとしきり感心し、今の世の中の便利さに感謝したり、「ついていけん」と嘆いたり。

しかし、驚いたことに母は、しんんみりとこんなことも言った。

「こんなに便利になって、長生きさせてもろて、年金を死ぬまで貰ろて、病院で貰う薬も格安やし・・・。」役に立たん身体で、生かされているんやから、若い人には申し訳ないなぁ・・・。」と言った。

さらに、「長生きさせてもろてることには感謝せなあかんけど、長生きして何をせい言うんやぁ? この身体さえまともやったらまだまだ何でもできるんやけど・・・・もう、あかんわァ・・・。」

革新的な科学技術や医療の進歩に、この先、人間がどこに向うのかといったようなことも言っていた。

ちょっと前に私がこのブログで書いた「大いなる意思」の存在を考えさせるようなことも言っていた。

自力で買い物にいけないので、たいした物はできないが、冷蔵庫の中に入っているものでいろいろ作ってくれる。

「醤油はかけるな」「塩分は控えめ」「野菜を食べろ」相変わらずうるさい。

ここのところ、忙しくて何年も故郷で泊まったことがなかったが、一晩で、何十年も前の母親と息子に戻った。

想ってくれるのはありがたいが、やはり、いざ、一緒に過ごしてみると、43年のギャップは凄い。
いや、私は、15歳から、別棟の離れで暮らしていたから、46年も前に母とは一緒に暮らしていないことになる。

お互いの生活リズムが合わない。

旨かったはずの、お袋の味が・・・・いまひとつ。 私の好みをまったく忘れている。

B型の母は自分勝手なリズムで、A型の私の面倒を見てくれている・・・。

今度の日曜日まで、母と私と二人暮しだ。 正直、ちょっと疲れた・・・。

今日も、ちょっと早めだが、買い物もあるし、そろそろ帰ることにしよう。


うだうだ | 17:40:24 | Trackback(0) | Comments(0)