FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
茶番と倫理
「中国の次のトップに内定している習近平国家副主席は、日本の尖閣諸島の国有化について「茶番だ」と述べ、痛烈に批判した。」とか、この次期国家主席となる習という人物をまだよく知らないが、彼が今回のデモを始めとした反日運動の主導者という報道もあった。

何が真実なのか良く分からないが、中国が日本を侵し(犯し)続けていることはだけは事実だ。

茶番とはよく言ったもので、茶番は、中国共産党のお得意の常套手段だ。 
世界中を苦笑させたのが、北京オリンピックの時の山の緑化作戦。山に緑色のペンキを塗布したという。
いくら緑が欲しかったとはいえ、ペンキで塗るとは、本末転倒。中国では、こいった事例が山ほどあるのだそうだ。

この中国の、いや、この中国共産党政府の嘘で塗り固めた茶番のやり口に、まんまとやられ続けてきたのが関東軍から、現在に至る日本である。

村人と同じ服を着た共産党軍の兵隊を見極めることはできない。かといって放置しておくといつ首を切られるか分からない。
もちろん安心して睡眠すらできないのだ・・・。
生きるか死ぬかの中で、村人を装った兵士に幾度も武器を盗まれた。
追い詰められた関東軍は村を焼き討ちにするしか手立てがなくなった・・・。
これの繰り返しで、関東軍は、まんまと共産党のこういった程度の低い手口に乗せられていった。

中国人民には、兵士が軍服を脱ぎ村人を装いカモフラージュ、その偽の村人に気を許した日本兵から、こそ泥のように盗み取った武器を、日本軍から戦闘によって正当に奪い取った。と嘯き、勝利宣言をして一般人民の支持を集める。
身の危険を回避するために仕方なく村を焼き討ちにした時には、野蛮で卑劣な日本兵と、人民にプロパガンダする。

この構図が、今も続いている。

中国当局が日当1200円を出して人を集め、デモ隊を意図的に作っているとか、1千隻の漁船には尖閣に行けば125万円の報酬(燃料代)を出しているとか、いかにも中国共産党政府のやりそうな手口である。

習氏が、今回の日本政府が尖閣諸島を国有化することにした真意を理解せず、「茶番」と表現したその裏に、彼ら中国共産党の戦略的価値観が見えた。

価値観といえば、日本政府のいう「国有化」の真の意味と、私有地の存在しない中国政府のいう「国有化」の重みが違う。APEC会議の立ち話で胡錦濤国家主席と短時間、非公式に会談したらしいが、何を話したか知らないが、この二日後に、日本政府は、安定化を最前提に国有化を推進した。そのつもりだったと思うのだが・・・。
日本政府の配慮がまったく理解できなかったのだろう、むしろ逆に挑発したと捉えたようである。
自国民の支持を得るために茶番を演出するのが、彼等の常套政策だ。そのやり口がすべてである。

日本政府こそ、この茶番劇に付き合うのはもう、やめよう。

彼等と理解し合うには、毅然と立ち向かうことが不可欠だ。 話し合いなど意味がないことが分かる。
長い年月、我々日本人は耐えてきた。いつか理解し合えると・・・。
中国共産党のやり口だけは理解の範囲を超えてしまった。理解など必要ない。

守るべき領土はきちんと守る。
もう、日本をないがしろにしたようなセリフは言わせない。
領海を「侵犯」した船は、たとえ漁船であっても、許してはならない。
交戦せざるを得ないときは、真っ向から交戦しよう。
ただし、でっち上げに嵌らないように、交戦する前には話しの分かる国に説明し、理解を得ておかないと、「日本が戦争を吹っかけてきた」と世界中に言いふらされ、満州事変や南京事件の時と同じことになる。

きちんと、世界中に根回しできる政治家が日本に居るのか・・・。
「う~ん・・・ため息が出る・・・。」

『世界の工場』として成り立ってきた中国経済も、労働者の賃上げ闘争が始まり、外資系は逃げに向かい、1年ほど前から陰りが見えている。
賃上げ闘争など、倫理の存在しない中国全土には、あっという間に拡まる。

すでに繊維業界は低賃金を求め、バングラデシュ・カンボジア・ベトナム等の国に大規模に工場移転が始まっている。中国以外の、このアジア諸国の国民の方が遥かに倫理観も技術習得率も高いという。

倫理観の育たない国を作ってきた中国共産党の経済は必ず崩壊する。

中国経済に依存してきた日本の企業は、その大変な事態になることを想定し、その対策と後始末を今から考えておいたほうが良いに決まっている。

日本もそうなのだが、古き良き時代の中国に戻って欲しい・・・とつくづく思うのは私だけか・・・。

うだうだ | 11:22:31 | Trackback(0) | Comments(0)
中国と戦争
中国と戦争になるかもしれない・・・。

アメリカに住む娘婿が、アメリカ人の友人に『中国が調子に乗ってるけど、日本、だいじょうぶか?」と労わりの言葉をかけられたそうだ。
今日の朝のTVニュース報道で、尖閣列島付近に居座る中国の漁業監視船や海洋監視船の様子を垣間見ると、「中国政府も、中国漁船の暴走を避けるために、監視を強化しているように見える。」と、いうようなことを解説者が言っていた。
いざこざはあっても大きなことにはならないと思いたいのだが、一触即発であることは確かなようである。

中国人民に、嘘で塗り固めた情報で反日感情をあおってきた、その「つけ」を今、中国政府は、今支払う時が来たのかもしれない。

そう、思っている人もおおいかもしれない。実際にそうなれば、勝敗は、どんなことになるのだろう。
気になるので、ちょっとネットで調べてみた。

すると、こんな記事を見かけた。

--------------------------------------------
 アメリカを代表する外交誌『フォーリン・ポリシー』電子版9月号に、「2012年の日中海戦」と題した研究論文が掲載された。
尖閣諸島をめぐる争いが日中の軍事衝突に発展した場合、どちらが勝つかをシミュレーションしたものである。

著者でアメリカ海軍大学准教授のジェームズ・R・ホルムズ氏によるその結果は、「日本の圧勝」だった――。

日本人の多くは日本の防衛は「アメリカ頼み」と思い込んでいるかもしれない。
だが、専門家の精密な分析によれば、日本だけで中国と戦ってもなお、「勝てる」というのである。

「中日両国は戦争をするか。どちらが勝つか」という副題のこの論文は「戦争はたぶん起きないだろうが、中国側では人民解放軍の将軍が尖閣海域へ

の大量の船舶派遣を提唱したり、東海艦隊が島への上陸作戦の演習を実施しており、尖閣攻撃の可能性も否定はできない」としている。

 そのうえで論文は「現実の軍事衝突は、同盟国のアメリカが日本を支援する見通しが強いが、日中両国だけの戦いも想定はできる」とし、日中両国の海洋部隊が戦闘に入った場合について、まず戦力や艦艇の数量面では中国がはるかに優位に立つとある。

 同レポートはまず、日中双方の軍備を比較する。
海上自衛隊が保有するのは艦船48隻とディーゼル潜水艦16隻。対する中国海軍は主要艦艇73隻、ミサイル艇84隻、潜水艦63隻。数では中国が日本を上回っている。

にもかかわらず、日本が有利とする理由として、次の2つを挙げている。

 第一は、<戦力の質>だ。

閉鎖的な共産主義の下では[失敗を隠蔽する傾向がある]ため、旧ソ連軍がそうであったように、中国海軍も〈重大な欠点を隠している〉可能性が高いのだ。

ホルムズ氏はいう。
「中国海軍は海上演習に対して、威信を持続しなければならない為、非常に神経質で用心深い。
共産党は、政府の威信を高めるために、新しい艦船や航空機、兵器を、見事に操作して見せなければならない。
もし演習で事故が起きれば、指導者の責任が糾弾されることになるからです」

 そしてレポートでは、〈海上自衛隊の艦艇の質と人員の能力は中国海軍の数的優位を部分的に相殺するか、全面的に覆すだろう〉と指摘する。

 第二の理由は、<人的要素>。

すなわち自衛隊の隊員の能力の高さである。
〈海上自衛隊はアジアの海域で恒常的に単独、または合同で訓練を積んでいる。
中国海軍は経験が浅く、海賊対策として2009年に(ソマリア沖の)アデン湾に派遣されただけである。
中国艦船は航行距離も短く、兵士は技術的に習熟するだけの訓練を受けておらず、専門家としての教育や健全な習慣の育成にも欠ける〉

また、軍事ジャーナリストの井上和彦氏がいう。

「海上自衛隊には、イージス艦に代表されるように、高度な電子機器を搭載した世界最高水準のハイテク・システム艦が揃っている。
中国海軍もこうしたハイテク艦の建造を急ピッチで進めているが、現時点では、海上自衛隊は個艦の性能で中国を圧倒しています」

潜水艦も、原子力潜水艦を持つ中国に対して海上自衛隊の16隻はすべてディーゼルエンジンの通常型潜水艦にすぎないが、その静粛性や魚雷による攻撃能力は世界最高水準で、中国よりも上だという。

「さらに海自は、対潜能力に優れた水上艦艇に加えて、P3C哨戒機やSH60J/K哨戒ヘリといった最強の対潜機を約160機も保有しています。
中国の原子力潜水艦もこの海自の高い対潜能力から逃れることはできません。
また、中国の空母ワリャーグをはじめ、現在建造中の2隻の空母も、本格的に運用できるまでには、まだ相当の年数を要するでしょう」

数では圧倒的に中国に劣るものの、それを補ってあまりある質の高さが、誇り高き「日本海軍」の血を引く海上自衛隊には、あるというわけだ。
 
さらに、井上氏が補足する。
「海自隊員はすこぶる優秀で、艦艇乗組員はもとより戒機の搭乗員の熟練度も中国海軍とは比べものにならない。
なぜなら日本は、米ソ冷戦時代からアメリカの世界戦略の一翼を担い、強大なソ連海軍と対峙を続け、世界最強の米海軍と訓練を通じて錬度向上に努めてきました。一方の中国海軍は、ハイテク装備を駆使した運用経験が浅く、現時点での実力は未知数です」

(1)日本が兵器や要員の質で上位にある
(2)日本は尖閣や周辺の諸島にミサイルを地上配備すれば、海洋戦でも優位となる

と、ホルムズ氏は強調した。
------------------------------------------------

中国人民に、執拗に反日感情を抱かせ、日本人の誇りと信頼をずたずたにしながら、偽りの統率力としてピンチを切り抜けてきた。
その一方で、中国人民を「人」とも思わず騙し利用し続ける中国共産党政府。
矛盾だらけの中国共産党が、今後も日本をないがしろにし、日中戦争を省みないのなら、すぐに崩壊するのは明白だ。


うだうだ | 11:52:40 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad