FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
日本語版『人民網』 にあった記事より 
人民網日本株式会社事業案内
人民網日本株式会社の前身は1998年12月1日に人民日報社が開設した人民網日本語版で、中国のニュースメディアが最も早くに開設した、影響力(プロパガンダ思考)が最も大きい日本語サイトと言っております。
変な日本語訳が目に付きますが、中国側の身勝手で意地の悪いメセージがこめられているようです。以下は、中国政府が日本側に要求している「問題?」のようですが、この問題を彼等に分かりやすく論破すれば、この中国をやりこめる、いや、納得して頂くことができそうです。
----------------------------------------------------

日本当局は「手のつけようのないごたごた」をどう収拾するか(更新時間:18:24 Dec 17 2012)


 日本が普通の国となって、アジア各国との関係をしっかりと処理するには、歴史を反省し、罪責をそそぎ、衝動を自制し、言動を規範化することを学ばなければならない。

 日本の衆議院選挙の結果が公表された。自民党が単独過半数を獲得し、次期首相の人選が明らかになった。

 日本の次期首相が引き継ぐのは手のつけようのないごたごただ。このごたごたがどうやって出来上がったのかも、腹の底ではよくわかっているだろう。政治、経済、外交分野で自民党と民主党の間には牽制もあれば協働もある。どのようにして正しい歴史観としかるべき大局観によって、アジア隣国との関係を始めとする対外関係をうまく処理するかが、日本にとって特に重要だ。外交上の失敗は国内政治と経済発展に極めて大きな悪影響をもたらす。

 日本が厳粛に対応しなければならない3つの問題がある。

 第1に、靖国神社参拝問題だ。靖国神社は日本軍国主義が対外侵略戦争を発動した精神的道具であり、いまだにアジア被害国の人民を殺害した血腥い罪悪累々たる第2次大戦のA級戦犯の位牌を祀っている。靖国参拝問題は日本側が日本軍国主義による侵略の歴史を正しく認識し、正しく対応することができるか否か、中国を含む無数の被害国人民の感情を尊重できるか否かに関わる。日本側は歴史を正視し、反省し、「歴史を鑑として未来に向かう」精神にしっかりと基づき、歴史問題におけるその厳粛な姿勢表明と約束を恪守しなければならない。

 第2に、釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題だ。釣魚島およびその付属島嶼は、その領海と領空を含めて主権は中国に属すということを日本側ははっきりと認識しなければならない。日本は釣魚島海域、空域での不法活動を止めなければならない。今年に入り日本政府は釣魚島問題で絶えずもめ事を引き起こし、右翼勢力が騒動を引き起こすことを大目に見、「島購入」の茶番劇をあくまでも演じて、中日関係を谷底に陥れ、中日民間の正常な交流も深刻に破壊した。釣魚島に対する支配の強化を狙ったいかなる企ても思い通りになることはあり得ず、釣魚島カードを利用して国内民意の視線をそらそうとするいかなるやり方も、結局は自らをさらにがんじがらめにするということを、日本側ははっきりと認識しなければならない。

第3に、平和憲法問題だ。しばらく前から、日本の一部政治屋は平和憲法と「非核三原則」の改正を積極的に図り、いわゆる集団的自衛権を鼓吹し、さらには自衛隊の国防軍への昇格を公然と主張してさえいる。日本は戦後国際秩序の束縛から脱して、政治、軍事面でいわゆる普通の国になろうと企んでいる。平和憲法は日本に対して平和改造を行う法的根拠であり、戦後60年余りの日本の発展を力強く保障したものでもあり、その法規は日本の前途を危険にさらすに等しいことを、日本側ははっきりと認識しなければならない。

 この3つの問題はいずれも根本的是非に関する原則的問題であり、いささかたりとも曖昧にすることは許されない。靖国参拝は世界反ファシズム戦争の勝利の成果に対する否定であり、領土帰属の改変は戦後国際秩序の取り決めを揺るがすものであり、平和憲法の改正はアジアの平和と安定に対する衝撃である。

 日本の一部政治屋の選挙時の言動は極めて無責任で、国内経済の低迷を利用して「右傾化」を煽動するものだった。自民党政権発足後、日本の極端な民族主義のムードと「右傾化」は一段と強まるのだろうか?これについて西側メディアを含む国際世論はすでに懸念を表明している。外部勢力に取り入って勝手に事を運ぶのは時代の潮流に反し、いかなる前途もない。中日関係が前進するのか後退するのかの、まさに正念場にある。中日両国は現在、外交交渉を通じて釣魚島の領有権争いに関する共通認識を立て直している。日本の新たな指導者が大局とアジアの長期的発展に立ち、紛争のエスカレートを回避し、共同で効果的に危機を管理・コントロールし、一刻も早く中日協力や地域協力など重大な議題に焦点を移すことを希望する。(編集NA) 「人民網日本語版」2012年12月17日
---------------------------------------------

と、いうことで、この論理に毅然と立ち向かい、真っ向から論破できる人物の登場を期待したいし、私も、かなり情緒的になることは否めないが、今は亡き父親の世代である先人達の名誉の為に、大東亜戦争から現代に至る中国や朝鮮半島の各政府が今もなお推し進める反日プロパガンダ教育に微力ながら意義を唱えなければならないという使命感から、このブログの中できちんと検証し考えていきたいと思っている。

新聞原稿より | 08:40:18 | Trackback(0) | Comments(0)
安倍総裁、尖閣公務員常駐先送り 中国へ特使派遣検討
2012/12/22 11:43 【共同通信】 記者団の質問に答える自民党の安倍総裁=22日午前、山口県長門市


 自民党の安倍晋三総裁は22日、沖縄・尖閣諸島の実効支配を強化するため現地に公務員を常駐させるとした衆院選公約の実施を、当面先送りする方針を固めた。反発が予想される中国に配慮したためで、政権発足後には特使の派遣も検討する。対中柔軟姿勢で、尖閣国有化をめぐり悪化した日中関係の改善に取り組む意向だ。
 ただ「竹島の日」式典の政府主催見送りに続く後退で、保守層から公約違反との指摘も出そうだ。
安倍氏は22日午前、訪問先の山口県長門市で記者団に「日中関係は極めて重要な2国間関係の一つだ。戦略的互恵関係の原点に戻れるように努力していきたい」と強調。

とのニュースを、昨日ニュース好きの妻から聞いた。

えぇ~! 早くも公約違反かぁ・・・・!?

今も、毎朝聞いているFMラジオ「アルファステーション」のDJ佐藤弘樹氏が言っています。
新しい中国政府が尖閣諸島の平和的有り様を提案しているとのこと。

11月中旬に発足した中国の習近平指導部が、尖閣諸島周辺の領海や領空の侵犯、接近を続けている。
こうした中、習指導部に近い学者が北京で行われたフォーラムで「日中両国による同諸島の交互巡回体制の構築」を提案し、注目を集めたという。

習指導部は一連の言動で明日発足の安倍政権に圧力をかけ、「尖閣諸島の共同支配」を認めさせようと企てているようです。

上海の復旦大学国際問題研究院の沈丁立副院長さん曰く、「飛行機を使って相手の飛行機を追い払えば、接触して武力衝突に発展する可能性がある」と懸念を示した上で、「できれば時間と空間をずらした方がよい」「一方の船が現場に到達した際、もう一方の船はすでにいない状態が理想」と主張。
例えば奇数日は日本、偶数日は中国という形で、交互に巡回することを平和への打開策としてさも良い提案のようにほざいたそうです。

交互に管理するといった平和的打開策だそうですが、おっとどっこい、口車に乗ってはいけません。

習新指導部は、中国の公船による同諸島周辺の巡回を日本に黙認させることに照準を定めはじめたようですが、阿部さん、気をつけてください。

開いた口が塞がらないとはこのことで、中国人の神経ってどうなってるの? しかし、韓国にせよ中国にせよ、とんでもない隣人と関わらなければならないこの日本の不幸は何とかならないものか・・・。

しかし、安倍さんは正直な人ですなぁ・・・。

対中国カードとして、現実として温存しておくならば公務員常駐見送りをあえて明言する必要があったのでしょうか・・・。

明確なことを何も言わないことも外交術の一つやと思うのですが・・・。

新聞原稿より | 09:23:44 | Trackback(0) | Comments(0)
クリス・レア ドライビング・ホーム・フォー・クリスマス
Chris Rea - Driving Home For Christmas です。



今年は、この曲が良く流れていますね。 ええ曲ですが、今しか聴けませんので、聞いた事がない人はぜひ、聞いてみて下さいね。

ユーチューブよりお気に入り | 17:09:08 | Trackback(0) | Comments(0)
正しい歴史認識とは
韓国の新しい大統領が「正しい歴史認識」と言う言葉を使った。

政治家が「正しい歴史認識」などと安易に政治外交で使うべきではないと思うので、ちょっと考えてみた。

何処の国でもそうだと思うが、日本にとっての歴史認識と、米国、韓国、中国等、あの大東亜戦争に関わった国々の歴史認識は違う。
違って当たり前である。

簡単な例として、読者は、過去の自分の書いた日記を読み直して欲しい。

日記は、完全な自分史である。
事象のみを記したメモは、確かに自分の歴史の一部分ではあるが、過去を振り返る時に、もっとも重要なことは、記した時の時代背景や自身の心情が、その事象とどう関わったか、そのことが記してあってこそ、総合的な自分の歴史、自分史なのである。

自分の過去を振り返る時、当然ながら自分で書いたのだから、自分の正しい歴史は、必ずそこにあるべきはずだ。

ところが、おっとどっこい、「自分の正しい歴史認識」などその日記には存在しない。

特に、自分に都合の悪い部分などは、書いていないし、たとえ書いてあったとしても、時を経た自分から見たときにまったく別人が書いたかのような錯覚に囚われる内容もある。
自分に有利に解釈して書いている部分や、行き過ぎた装飾が気になる部分もある。ひどいときには妄想も事実のように書いてあったりして、自分自身が読むとその時の心境を思い出すのだが、それもひっくるめて自分の歴史のひとつになっている。

あの時、何があったということはメモ書きで分かる。しかし、その出来事と自分や他人との関わりやその時の心情なしでその出来事を語ることは無意味である。正しい自分史は、結局、自分でも分からないのが、正しい自分史の有り様なのだ。

他人の書いた「自分史」は、読者にとっては、当然ながら書いた者の真の歴史と一致しない。

『「彼女は、私の頬を殴った。」という事実(歴史)だけが書かれていたとしよう。
彼女がなぜ殴ったのか、状況や心理状態がはっきり書かれていないと、その彼女の真意は、たとえ書いた当の本人が後に読んでも、実は、今も分からない・・・といったことがある。
彼女とは、実は母で、空腹に耐え切れずに、コンビニで万引きした菓子パンを食べている私を見つけ、母子家庭で、しかも病気で寝込んで稼ぎもない自分を不甲斐ない自分と責め、盗んだ菓子パンをガツガツ食べている息子の私を見て、人様のものを盗むとは・・・と、涙を浮かべながら、思わず私を殴った・・・。いやいや、彼女は、病気で床に伏せてはいたが、本当は、空腹の自分に菓子パンをよこさなかった私に腹がたつやら情けないやらで、つい殴ってしまったのだ・・・。』

など、彼女が母親という関係ではなく愛する彼女であったり友人だったりで、どんな女性だったのか、また彼女も自分である私もどんな心境だったのか、自分も含めその時に読む人の立場や心境でいくらでも屈折したり拡大したりいろいろな解釈ができる。

読む人の育ちや立場、その時の周囲の状況や心理状態で如何様にもとれる。それが歴史というものではないだろうか・・・。

歴史は、所詮小説のようなものなのだから、その作られた歴史で、その記述が正しいか間違ったことかを判断できないのだ。

時を経、後に自分自身が読んでも、首をかしげるような部分があっても、それで当然なのだ。

同じように国家間の正しい歴史認識とは、その国のその時の歴史を作ってきた人だけが分かることなのだ。
もっと端的に言うなら、その歴史的事実をまとめ、書記した人物ですら正しい歴史認識をしていたとは言い切れないのだ。

正しい歴史認識をしたいと望むのなら、ひとつの歴史的事実(事象)に基づいて、お互いの歴史認識を確認し合うことからはじめなければならない。その事実こそが、人の世の歴史としての真実ではないだろうか。

食い違っているところを、なぜ食い違っているのか論争するのではなく、お互いの話しを聞き合えば良い。

その作業こそが、正しい政治のあるべき姿なのだ。

お互いの受け取り方の違いをいくら主張したところで、無意味なことに気づくべきだ。

力ずくで自国の捉えかたが正しいと訴えることの妥当性など何処にもない。

「正しい歴史認識」は、ひとつではない。

時代背景によって無数の価値観や正義があるように、「歴史認識」は無数にある。

したがって、「正しい歴史認識」など存在しない。

この基本的なことを理解して、なおも、新しい韓国政府があくまでも「正しい歴史認識」を振りかざすのであれば、日本国としては、話し合うべき術はない。

優秀な論客を送り込み、わが国の歴史認識を主張し、戦後民族意識を統一する為に意図的に反日を刷り込まれた韓国民を徹底的にやり込めるぐらいしか方法はない・・・。

と、言っても、わが国も歴史認識が二分しているのだから、ますますどうしようもない・・・。

下に、その韓国側の歴史の意図的捏造を、証拠資料をあげて反論している日本側の動画がありましたのでリンクしておきます。ここからユーチューブに入りますと、http://www.youtube.com/watch?v=0dxOvpOU8g8  など、韓国側のむりやり作った反日動画もたくさん見つかります。
また、このアニメを作ってるサイトもご紹介しておきます。
http://www.excite.co.jp/world/korean/web/ で、URLをコピペすると韓国語に翻訳表示します。
また、http://www7.plala.or.jp/juraian/korrep.htmでは、『欧米人から見た朝鮮』というサイトに、数々の欧米人から、その朝鮮半島の印象を記しているが、これらの書かれた内容から、いかに書いた人物の主観によって、その国に住む人々の印象が微妙に違っているかが、浮き彫りになっている。朝鮮と日本の過去が客観的に記されているので興味深い。ぜひ、読んでみて欲しい。



従軍慰安婦 | 14:28:19 | Trackback(0) | Comments(0)
ダライ・ラマ法王が、11月に日本の国会で講演されていた
ダライ・ラマ法王が、11月に日本の国会参議院会館 講堂で講演をされていました。
皆さん、ご存知でしたか?



超党派国会議員世話人会の主催。
国会議員とその代理人232人が出席(共産党と社民党だけは不参加)

これで、日本も、中国政府に対して、少しは物を言えるようになったというか、それなりの覚悟を中国や世界に発信したことになります。

日本の主なマスコミは、中国政府に配慮したのか、この大切な日本国の中国に対する姿勢の進展を伝えませんでした。

あとは、日本のマスゴミ、いや、マスコミさんの、すでに使命感など何もなくなり、地に堕ちた損得勘定だけが浮き彫りになってきました。

マスコミさん、中国政府の身勝手な言いたいほうだい情報を得るために、中国政府に気を使うといったばかげた姿勢に気づいていただけないでしょうか。

マスコミさん、私は、中国の政府の発信する身勝手な情報ニュースを観るにつけ、いつも思います。

中国政府の意図的で、でたらめで不愉快な情報なら私に伝えないで欲しいのです。


ユーチューブよりお気に入り | 13:33:25 | Trackback(0) | Comments(1)
日本による植民地統治時代の韓国の一面
朴 槿惠(パク・クネ)氏が、初の女性韓国大統領となるようだ。
彼女の父親が、親日の元大統領ということで、気になるのでちょっと調べてみた。

彼女の父は、朴 正煕(パク・チョンヒ)。
朴正煕は、日本統治下の朝鮮の慶尚北道善山郡亀尾(クミ、現在の亀尾市)で、貧しい農村部家庭の5男2女の末子として生まれた。
第二次世界大戦中の1944年に日本の陸軍士官学校を3位の成績で卒業(57期)[要出典]し、終戦時は満州国軍中尉だった。
第5 - 9代大統領(在任:1963年 - 1979年)を務め、軍事独裁・権威主義体制を築いた。
また、日韓基本条約の締結を行った。日本語読みは「ぼく・せいき」。
日本名は高木正雄(たかぎ まさお、 - 1945年)だった。

福田赳夫元首相が韓国を訪問した際、酒席において日韓の閣僚たちが日本語で会話をしている最中、韓国側のある高官が過去の日本による植民地統治を批判する旨の発言を始めたところ、彼を宥めたうえでこう語っている。
『日本の朝鮮統治はそう悪かったと思わない。自分は非常に貧しい農村の子供で学校にも行けなかったのに、日本人が来て義務教育を受けさせない親は罰すると命令したので、親は仕方なしに大事な労働力だった自分を学校に行かせてくれた。すると成績がよかったので、日本人の先生が師範学校に行けと勧めてくれた。さらに軍官学校を経て東京の陸軍士官学校に進学し、首席で卒業することができた。卒業式では日本人を含めた卒業生を代表して答辞を読んだ。日本の教育は割りと公平だったと思うし、日本のやった政治も私は感情的に非難するつもりもない、むしろ私は評価している。』   — 金完燮 日韓「禁断の歴史」p.212 小学館 2003年10月 ISBN 4093896518

また、無名の若者たちが国の近代化を推し進めた明治維新を「明治維新の志士を見習いたい」と称賛していた。特に、中心人物の一人である西郷隆盛を尊敬し、西郷が語った「子孫のために美田を残さず」という言葉を好んで使っていた。こうしたことから、前述の浦項製鉄所や石油化学工場の建設の推進、さらに維新体制の確立など、経済政策やメンタリティ等あらゆる部分で日本の影響を色濃く受けていた事が伺える。

日本との関係を真剣に考えていたとされ、竹島をめぐる領有権問題について「両国友好のためにあんな島など沈めてしまえ」と発言したとも言われている。

酒を飲んで機嫌が良くなると、よく日本の軍歌を歌っていたと言われている。
                                     以上、Wikipediaより抜粋転載


と、いうことでで、今回の韓国大統領選挙のおかげで、朝鮮半島と中国の意図的な戦後反日教育の裏側で、こんな韓国人大統領が居たことを知る事ができたことは、私だけかもしれないが、武士道精神に裏打ちされた真っ当な日本軍の姿を見せてもらったようで、とてもうれしくなった。




従軍慰安婦 | 22:50:21 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad