■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
2、桂病院の呼吸器センターへ行く
次の日の午前8時15分ごろ、さっそく、シミズ外科の紹介状を持って桂病院へ行きました。
毎夕方の半分は、この病院の前を通過して帰宅するので、親しみを感じているし、昨年の6月にも、腹痛から、胃腸科に掛かり、診察の結果、尿路結石ということが分かり、秘尿科にも掛かっています。
お世話になっております。

診察番号は3番でしたが、初診ということなのでしょうか、なかなかお呼びが掛かりません。診察の順番はあてになりません。
9時ごろ、レントゲン撮影。その後、10時半ごろだったでしょうか。やっと、西村知子呼吸器専門医に診てもらうことになりました。
といっても今日は持参したCT画像を見ながらの所見と言うか、今後の検査計画を話し合っただけでした。

西村知子Drは、若い医師で、メガネの似合ういかにも頭のよさそうなきびきびとした印象の美人女医さん。と、言ってもマスクに覆われているので、お顔の上半分しかお目にかかっていないのですが・・・。

やはり、レントゲンでは、CT画像のその癌らしき白い部分は、確認できないようで、西村Drは、あばら骨の影になっているのかもしれないとの見解でした。

「そんなものなのだ・・・。」と、肺がん検診で受けるレントゲン検査も、分かるものは分かる程度のものなのか・・・と、妙に悟ってしまいます。

で、今後の予定なのですが、こちらの都合も聞いてもらい、3月6日に御池クリニックへ出向いてPET-CT検査を受けることとなりました。
このPET-CT検査とは、陽電子断層撮影(PET:Positron Emission Tomography)とコンピュータ断層撮影(CT: Computed Tomography)が一体になった最先端の診断装置ということで、実はそろそろ受けようと一ヶ月前に武田病院から保険適用外のパンフレットを送ってもらっていたところで、今回は保険適用で4万円程度で済むらしいのですが、ちなみに保険適用外で武田病院でしてもらったら13万円前後かかるようです。

PETは、FDG(フルオロデオキシグルコース)というブドウ糖代謝の指標となる薬を注射し、体の中の糖代謝の状況をみることで、腫瘍の広がりや転移状況あるいは治療効果の判定、再発の診断などに利用されています。
つまり簡単に言いますと、活動している何らかの体内の組織に注射したブドウ糖が集まる性質を利用して、その様子をCT画像で見るということのようです。

私の場合は、まだ悪性か良性か分からないのに、がん細胞に集まるブドウ糖の様子で、リンパや臓器に転移しているかどうかを判断するということになります・・・。
何か、順番が違うように思いますが、まずはPET-CT検査で、左の肺の上部にできたおできが、がん細胞かどうかを確定しようということのようです。

6日にPET-CT検査を終え、12日に頭の部分の造影剤投与によるMRI、及びCT検査。
13日10時ごろ入院してその一週間後の19日に、気管支鏡検査でその組織を採取し、病理検査をすることになりました。
普通なら、2日間の入院で済むのですが、私の場合は、毎日、血液がサラサラ流れる薬を2種類飲んでいます。この薬はほぼ1週間ほど効くらしく、一応、肺にできたおできの細胞を採取するわけだから出血するかもしれない。そのサラサラ薬を飲んでいると止血できないので、一週間ほど前から通常の薬を止めて、点滴でそのサラサラ程度をコントロールしようということのようです。

この若い女医、西村知子Drに今後の私の人生をすべてお任せすることになりそうなのですが、不思議なもので、本日受診しなかったら彼女のお世話にはならなかったのです。桂病院のサイトの外来診療担当医表では、火曜日の呼吸器内科担当医は午前が砂留医師となっていました。
西村知子Drの担当は、金曜日の午前と午後と一週間のうち一日となっていました。
医師の都合で、急遽担当を替えたのか、私の知るところではありませんが、いづれにせよ、西村知子Drとのご縁がどうなっていくのか、桂病院の医者と患者の関係をどう考えておられるのかで決まると思うのですが、医師と患者の信頼関係を深めて、心からお任せできる心境になれれば良いのですが・・・。




テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

肺癌 | 15:39:57 | Trackback(0) | Comments(0)
1、肺癌の疑いがあるので、桂病院の呼吸器内科を紹介された。
シミズ病院にいつもの脳神経外科と循環器科に受診しに行きました。
循環器科の窪田医師から、昨年11月26日に、その1週間前に心臓を撮影したCT結果を見ながら、「偶然映っていた肺の影が気になるので、自分は専門外なので、また内科で診察を受けたら・・・」と言われていました。

しかし、その日は、そのまま内科受診を勧められることもなく、清算し、帰宅していたのですが、今年の3月にある芸術家国民健康保険組合推奨の健康診断でも、レントゲンを撮るので、その時でも良いか・・・と軽く考えていました。

それから3ヶ月後の本日、3か月分の薬がなくなったので薬を貰いに行くついでの受診を受けたのですが、窪田医師、部屋に入るなり、いきなり、「まだ行っていないのか!癌かも知れないのに!!」と予想もしない言葉が耳に入ってきました。

窪田医師の配慮で、隣の部屋の診察室、午前中の担当(藤田内科医)に急遽その3ヶ月前のCT画像を見て貰うことになりました。
暫らく待ちましたが、比較的早く藤田医師に画像を見ながら判断していただきましたが、その問題の部分の全貌が映っていないので、なんとも判断しようが無い。「象の尻尾を見て、その大きさを判断するようなも」と言われたのが印象的です。
その結果、藤田医師の配慮で、「自分は呼吸器の専門医ではないので、先に肺のCTをあらためて撮影し、午後から担当される今村 均(呼吸器専門)医師に診察してもらおう。」ということになりました。

午後1時からの診察で、帰りが遅くなると覚悟をしましたが、癌かもしれないと聞いては何よりも最優先。
結局、その後、すぐに、CTを割り込み撮影してもらい、暫らくして11時頃には、同じ内科の机においでになる呼吸器の今村医師の元に呼ばれました。
画像を見ながら「もっと詳しい検査をしたほうが良い」と開口一番に勧められました。

実は、その内科の先生方の臨機応変な動きに感心する前に、「おいおい、私のCT画像はそんなに危険な状態なの?」とまだ、気持ちに余裕があったのですが、救急病院のなせる業なのでしょうか、その融通性に、「それなら3ヶ月前にしてくれよ!」と言いたい気持ちでした。

今村Drは、桂病院の呼吸器内科に紹介状を書きます。ということで、桂病院の呼吸器内科で診察を受けるようにまるなげ。私は、事の重大さにビックリし、ワナワナと蚤の心臓が震えるのを感じました。

その後、桂病院の呼吸器センターや医師、設備の優秀さの説明を受け、肺がんの可能性やその種類による検査や治療方法を簡単に聞きました。
結局、午後12時前に、CT画像の入ったCDと紹介状を貰って清算し、脳神経外科と循環器科の3か月分の薬を貰って帰ってきましたが、私の心境やもうただ事ではありません。

工房で、味のわからないまま、妻の作ってくれた弁当を食べながら、弟子たちにその旨を話すと、唖然とした表情で気の利いた慰めの言葉も無く、ひたすら不安な顔色をしていました・・・が、「まだ検査をしないとなんとも言えない状態だ。」と言うと、ちょっと安心したようです。

もしかすると、この3ヶ月前の受診時に、つまり、疑わしい時期に内科に受診していれば、これから検査をするよりは、より良い結果が得られたかもしれないと思うと、なぜ、あの時、循環器科の窪田医師が、私に対し、もっと内科の受診を勧めてくれなかったのか疑問が残ります。
この件においては、まったく無駄な期間が3ヶ月も過ぎ去ってしまったことになります。
「癌かもしれないのに!」と荒い口調で言うぐらいなら、3ヶ月前のあの時に「癌の疑いがある」と言って欲しかったものです。


テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

肺癌 | 15:28:00 | Trackback(0) | Comments(0)
絵の値段
絵の価格ってどうやって決めるのか読者は疑問に思われているに違いない。
当然ながら、仏画の価格もどうやって決めているのか分からないに決まっている。

絵が欲しいのだが、いったいいくらかかるんだろう・・と、絵画に限らず、美術品を買い求めたい人にとっては、切実な問題だ。

作品の価格が、定かではないので、価格のはっきりしている画廊や百貨店に行って、その作品と値札とをにらめっこしてから購入を決める。

相当なお金持ちで無い限り、この決定方法が一般的ではないだろうか。

私が、着物や帯の図案を描いて生活の糧にしていた頃、そう、独立させていただいた27歳から34歳頃までだっただろうか。
自分の描いた作品に販売価格を付ける時が一番苦しかった。
少しでも高く買って欲しいが、高くすれば、二度と買ってもらえない、依頼して貰えない・・・。
そんなドキドキがあった。

価格は、経験年数を最前提に、当然ながら技量と感性で決まっていった。
いくら良い図案を描こうが、経験年数が少ないと、業界から面と向かってではないが批判を受けた。
しかし、図案は商業デザインなので、結果さえ出せば、そこそこ大きな顔ができたし、価格も少しのアップなら受け入れてもらえた。

価格が大きく跳ね上がり定着することはなく、その時々の相場というものがあって、所属する会派で、なんとなく相場を決めていた。
年に4度くらい開催する展覧会では、諸先輩図案家の設定する価格を最高値とし、それに準じていた。
当然ながら、その空気を読めない者は、非難を受けた。

30歳から34歳ぐらいまで、帯の図案を描く機会があって、帯図案を描く友人と一緒に個展活動を始めたことがあった。

この友人の帯図案家たち一門の開催する業者相手の個展では、販売価格を決めずに『入札』が一般的だった。

入札とは、業者が気に入れば、いくらでも積んでくれるというわけだ。
いくらでもと書いたが、たぶんそれなりの業者間の相場があったのだろう。

私は、師が着物の図案家だったので、その所属する会の展覧会では、いつも価格を提示していたこともあり、この「入札制度」に一番疲れる「図案の価格」を付ける必要が無いことに、魅力を感じ、3年ほど続けた。

作品に価格を付けることは、どんな作家も気を使っているはずで、日当程度に付ける作家や、作家個人や団体、画商が美術年鑑や美術名鑑等に有料にて、自分の、または売りたい作家の相場価格を活字にしてもらうのが一般的だと思う。

では、この美術名鑑や美術大鑑、美術年鑑なる分厚い冊子は、いったいどういったシステムで作家名を掲載し、その相場価格を掲載しているのだろう・・・。と読者は思われるに違いない。

これらの冊子の出版元は、我々のような創作家個人や団体が、自分の作品の価格を提示することに、いかに苦しみ迷っているか、またどれだけのエネルギーを使っているのかよく知っている。
そんな作家個人や作家の集う団体からの要望で、必然的に生まれたとは思うのだが、実にうまくできたシステムを作り上げたものだ。

掲載するにあたり、有名作家を独自に選び、その作家を無料で掲載することにより、その冊子の存在性に権威をもたせ、信頼度を得ているものもあれば、プロであれ素人であれ誰彼と差をつけず、希望する作家には、有料でどんどん掲載するものもある。

無名の作家でも、名の売れた会派や団体、公簿展等に所属している作家であれば、名前と価格を有料(数万円~十数万円程度)で載せる。

その類の出版物の全てがそうであるように、団体で掲載料をまとめて負担し、団体自体がその団体の中でも、優秀と認めた作家を掲載無料とし、団体の中で、その価格面でのステータスを競う仕組みを作り上げているわけだ。

売れる作品を創る作家の価格をコントロールする画商も、価格更新の為の掲載料を毎年支払ってくれるお得意様となる。
彼等の価格操作により、作家の作品価格が上昇することになる。
価格の上がった作家は、偉くなったということで、「自分は、自分の作品の価格には興味はないが、○○名鑑ではいくらになってるから・・・。」といったまるで他人事のように嘯くことができる構図ができあがるわけだ。

つまり、いやらしくないのだ、作家が自分で自分の価格を決めて売り込むことは「品」が無いのだ。
作家先生と言われる由縁だ。
なので、当然ながら、若い作家はこの路線に乗ろうと努力をすることになるわけだ。

そういった手法が一般的なその類の出版物の仕組みではあるが、今では、それ以外のそういった類の出版や企画展、団体へのお誘いが、規模の大小問わず特に最近増えたように思う。

つまり、本来は一人で創作する孤独な存在であるべきはずの作家(最近では職人もそうなのだが)は、自分の作品の価値を高める手段を得るために、団体に所属したり公簿展に出品し、自分の立つ位置や価値を世間に認知して貰おうとするのである。
私のような例外を除いて、ほとんどの作家がそういう立場で、自分の作品の価格を決め、創作活動をしながら生活しているわけだ。

私のことは例外と書いたが、それでは、私の描く仏画の価格はどうやって決めているのか?
ということで、次回は、このことをはじめて明らかにしてみたい。


うんちくひけらかし | 10:53:13 | Trackback(0) | Comments(0)
中国軍、日本の護衛艦に射撃管制レーダー照射
「先月、1月30日に沖縄県の尖閣諸島沖の海域で、中国のフリゲート艦が海上自衛隊の護衛艦に照射した。」と報道があった。
射撃管制レーダーは、射程目標の距離や針路、速力、高度などを正確に捕捉し自動追尾する「ロックオン」に用いるものである。

照射はいわば「攻撃予告」であり、「照射された側が対応行動として先に攻撃しても、国際法的に何ら問題ではない」とされ、当然ながら、この照射を受けたのがアメリカ軍なら即刻攻撃するに違いありません。

中国共産党は現場のミスとして片付けるつもりなのだろうか。
現場のミスなら、外交ルートを通してミスがあったと伝えてくるはずだし、二度も行う事は無いはずである。

指示命令は中国共産党が出していると見て間違い無いと思われるのだが・・・。
今は、中国政府の回答待ちといった状況が続いている。

今後、日本政府は、国際的に中国を封じ込める為には、大きく国際問題化した方が良い。

どうするのか?

やはり、経済面を重視してウヤムヤにし、忘れますか?

それとも。国家の威厳を重視し、毅然と中国共産党の理不尽な挑発行為に立ち向かいますか?

中国は、日本が憲法9条により攻撃できないことを知っていて、事実上、日本に対し、宣戦布告をしています。

この時期、北朝鮮が暴走・暴発・自滅する可能性も十分あり得ますし、極東の緊張はいっそう高まるでしょう。

これで韓国が中国と一緒に動けば、アメリカやロシアも巻き込むような世界大戦に発展する可能性も有るでしょうし、中国はいったい何をしたいのでしょうか?

これを望んでいるのでしょうか?

自らのばかげた行為が、中国の崩壊を早めるだけと言う事に気付いていないのでしょうか、分かった上で自爆行為を続けるのか、本気で沖縄を乗っ取るつもりなのか、平和な日本に住む我々には、この中国の理不尽な行為の意味がまったく理解できません。

日本政府には、この中国の理不尽な行為の目的が何であるのか、国民に知らされていないこの件以外の事実もきちんと分析を行い、日本国民に、そして世界中に積極的に公開発信して欲しいものです。


ご意見 | 11:58:18 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad