■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
靖国神社公式参拝に思う
今年も8月15日がやって来る。その終戦記念日に、公人が靖国にお参り「する」「しない」でザワザワと日本中が騒がしくなる。そこで、私なりに、今の私自身の考えや想いをまとめてみた。

今年も、真宗教団連合が『非戦平和を願う者』として、首相に靖国神社公式参拝をしないように要望した。また、全日本仏教会も、『政教分離』の立場から公式参拝をしないように要請した。

以下、リンク
真宗教団連合の要望 http://www.shin.gr.jp/activity/offer/doc/20130805.html
全日本仏教会の要請 http://www.jbf.ne.jp/assets/files/pdf/548yasukuniyousei/20130805yousei.pdf

この要望・要請の文言を読むとき、私はいつも違和感を覚えてしまう。

私はてっきり、「一向専念無量寿仏」(阿弥陀仏一仏を信じ、他の仏や菩薩、神を拝んではなぬ)を生涯叫ばれた親鸞聖人を祖師と仰ぐ、浄土真宗の立場では、靖国神社という、神を拝むという行為は、当然反対すべきものだから、反対されるのだと思っていた。
しかし、この声明文を読むと、「世界平和」だの、「非戦平和を願う者」だの、ちょっとまどろっこしい表現が気になった。

平和には、『消極的平和』と『積極的平和』があり、消極的な平和は信心による個人の心の平穏をいい、信心の強さでどんな過酷な環境でも心を平穏に保つことができるということで、社会システム(秩序)における平和をいうものではない。

修行を積んだ完璧な仏教徒で、万人がその境地になれば、社会秩序は保たれる。
つまり「平和」ということになるわけだが、あくまで宗教的理想であって、仏教でいうなら、現代日本のサンガ(僧の集団・組織)でさえ、民主的ではあるものの権力闘争など露骨にあって、平穏な状態とは言いにくいのが現実だ。

一方、積極的平和を願うなら、やはり防衛的武力は必要で、平和な秩序を乱そうという者が居れば阻止したり、平和な社会を維持しようとすれば、その「境」を防御しなければ、その内の平和維持はできない。
平和な世界と平和でない世界との境を無防備で放ってはおけない。

つまり、消極的な『非戦平和を願う者』では平和を維持できないし、『非戦平和を願う者』は、平和を維持する者にお世話にならないといけないことになる。

今のチベット仏教の指導者がそうするように、力で制圧しようとする相手に力を用いないで彼らの平和を勝ち取ることは不可能なのだ。
いづれ、『積極的平和』を望む者が『非戦平和を願う者』に代わって、自前の武力、もしくは他者の武力を借りて命がけで戦う時が来るのかもしれない。

このことから、先の大戦で命がけで平和を守ろうとした先人に対して敬意と感謝を表することは、あたりまえの気持ちであって、宗教者として、もっとも忘れてはならない、尊い心持ちだと思う。

政教分離の本来の精神は、確かにその成り立ちから靖国神社の存在が気になるところではあるが、今では緩やかな政教分離という考えが主流で、穏やかであるべき仏教徒が、声を荒げて発するような、たいそうな政教分離ではなくなっている。
もし、これを厳格に受け止めるなら、権力側にある公明党の存在や、宗教者の参政権剥奪等、非現実的な対応が必要となってしまう。

宗教法人である以上、どんな宗教団体も、たぶん、すべてにおいて民主主義の原則でその集団内の権力構造が成り立っていると思うし、一方では、政治が宗教に関与してはいけないといった政教分離本来の考え方もすでに無意味になっている。
民主主義が確立された日本社会には、もう、無用の法律ではないかと思う。

靖国神社は、天皇を神とし、主に先の大戦で国民の為に命を懸け亡くなった人達を合祀し、尊い存在(神)として祀ったもので、いわゆる神話に出てくるような神々が祀ってあるわけではない。

通常、宗教によくある、教義は無い。日本の八百万の神々を祀る神道は、「教え」なるものは発信していない。
お参りしようがしまいが自由なのがいわゆる古くからある神道の基本的なスタンス。
人どころか、狐や狸、蛇、それに山や川等、森羅万象すべてが、感謝の対象であるのが日本の神道文化である。

よって、神道系新興宗教は別として、教義のない神道は宗教ではないと捉えるほうが妥当かもしれない。

むしろ、ある宗教団体が、その信者の代表のようなふりをして、その教義解釈から派生した政治的なご意見を借りて、公人といえども個人の信教の自由を否定する事のほうが違和感を覚えるし、本来あるべき平和を求める宗教団体の代表者が摂るべきことではないと思う。危険である。


余談だが、そもそも、日本では仏教も明治までは仏道といって悟りを開くまでの道を説いた。宗教という言葉も明治以降に概念が輸入され造語された言葉だ。
明治前までは、仏教と神道は融合し協働していた。

明治維新直後に政府は神仏分離令を発し、「神道は宗教ではない」として天皇を現人神(あらひとがみ)とした「国家神道」をつくり、その一方で仏教は異端邪説として激しい廃仏毀釈を行なった。

これにより日本の精神文化を支えてきた神仏運営システムが国家によって強制的に分離させられ、「国家神道」は天皇制のバックボーンとなり、戦争の道へと進む為に創り利用され、「神」は神社に、「仏」はお寺にというように、別々のものとした。
しかし、この神仏分離政策はあくまでもシステムの分離となっただけで、結果、神仏融合思想は何等変わらず、人々は神仏を同じように崇めた。
むしろ現在では、神社と寺院が明治以前の神仏融合思想に戻るように、お付き合いを再開し始め、その具体的な協働を模索している。

話を戻すと、宗教団体固有の考えや教義上、どうしても靖国神社にお参りしたくない人はお参りしなければ良いだけなのだが・・・。
でも、お参りしたいけどできないといったお立場の信者さんは不幸だと思うが、今回要請や要望を出したこれ等の宗教団体の代表者は、こういった信者さんをどう扱われるのだろう・・・。

それでは、本題の大臣や首相など公人はどうなのだろう・・・。
私は思う。公人である前に「人」であるわけだから、その心が自由でないとおかしい。国民の操るロボットではない。
仏教徒でもキリスト教徒でもイスラム教徒であっても、心ある日本人として自由に行動すればよいと思う。
公人参拝を受け入れられない人は、選挙という民主的な意思表示システムがあるので、靖国神社に参るかもしれない人を議員に選ばなければ良いだけである。

いづれにせよ、倫理観や道徳観は、確かな宗教観から生まれ、その倫理観や道徳観を元に憲法や法律が作られていることを忘れてはならない。
事細かな法律ばかりが増え続ける現代社会はその国の質の低下を意味する。
いつまでも「過去を自虐的に捉え過ぎた政教分離」などと言っていないで、そろそろ確かな宗教、私の場合は、神仏融合仏教だが、政治はそれを積極的に受け入れ、それに裏打ちされた確固たる理念をもって新しい憲法を制定し、国を運営して欲しいと思っている。

ところで、私自身はというと、東京には何度か行っているが、靖国神社には立ち寄ったこともお参りしたこともない。
誰かに強制的に行けと言われることもなく、お参りする機会がなかっただけで、お参りには行けていない。
特に、わざわざ東京まで出かけてお参りしようとも思わない。

ただ、先の大戦で日本の平和を守るために、命がけで戦ったすべての先人達に、感謝の意を込めて手を合わせることを惜しまないし、その想いを汚したり否定することは、私にはできない。




ご意見 | 15:54:15 | Trackback(0) | Comments(0)
日米地位協定と新憲法の必要性
沖縄の米軍基地内でヘリコプターが落ちた。
沖縄の人達もマスコミもヘリコプターに乗っていた軍人の安否を気遣うことなく、ヘリコプター墜落事故自体にここぞとばかりに眉をひそめた。

私は、マスコミの報道が本当なら、知事をはじめ沖縄のこの事故の非難しかしない人達の民度を疑ってしまう。
日本の非難と中傷を過激に続けるアメリカ在住の韓国人と何等変わらないような気がする。

この信じられない民度は、日本のマスコミが意図的に作り上げている沖縄県民のイメージなのだろうか・・・。
沖縄の大多数の県民の民意は、正しく本土に居る私たちに伝わっているのだろうか・・・。

外務省のHPで、『日米地位協定は、日米安全保障条約の目的達成のために我が国に駐留する米軍との円滑な行動を確保するため、米軍による我が国における施設・区域の使用と我が国における米軍の地位について規定したものであり、日米安全保障体制にとって極めて重要なものです。』とある。
つまり、その規定によると、あくまで単純に表現するなら、米軍にとっては、祖国の領土と同じように使える治外法権の借地ということだ。
「日本を守ってくれる米軍人においては、面倒くさい出入国手続きや軍人の管理や裁判権は貴国を信用しお任せします。」ということだ。同盟国なのだから当然のことだろう。

なら、日米安全保障条約とは・・・戦後に生まれた私(62歳)を含め、今の日本に住む人達はこれをどの程度理解し認識しているのか・・・。
ちょっと的外れになるかもしれないが考えてみた。

戦後まもなく生まれた私たち世代は、少年期にテレビ放送創世記を迎え、放送各局では安価に輸入されたのだろうかアメリカのテレビドラマや映画をゴールデンタイムに放送した。
我々子供は、そのアメリカの価値観を新しい倫理や道徳として習得することになった。
アメリカの良き時代の倫理観であり道徳観である。キリスト教精神とアメリカンスピリットに裏打ちされたドラマや映画、そして西洋のポップス音楽・・・その西洋文化に無条件で憧れ、惹きつけられた。

白人や黒人に比べ自分たちの黄色くて小さな肉体など横に置いて忘れ、その豊かなアメリカ文化を目標として、その若者文化を真似た。もしかして、今もその頃育った人達にはその傾向があるのかもしれない。
世代間で、その想いの度は多少違えど日本文化よりもアメリカを筆頭に西洋文化に靡いているのではないだろうか。

敗戦後、日本が主権を失っていた時、時の占領国であるアメリカを筆頭とする連合国軍最高司令官のマッカーサー元帥率いるGHQに宛がわれたとも言える日本国憲法を、自分たちで新たに一から考え、変えていこうとする安倍政権に対し、その行為を非難する人達が多く居ることは、何なのだろう・・・。
これからもアメリカさんにお世話になりながら、「落ちたら困るから新型ヘリコプターは使わないで・・・。」と、甘えていれば良いと思っているのだろうか。

その成り立ちからか、自衛隊を軍隊と認めない部分等、曖昧な部分を明確にすることは、「平和と民主主義」に対する冒とくかのように捉え、考えることすら放棄しているように思える。

今の憲法は神や仏が創ったものではない。

日米安全保障に付随して生まれた日米地位協定。

今の安全保障条約のおかげで成り立っている日本国の存続にとっては、なければならないシステムであることは確かである。
「アメリカさん、ご苦労様です。お世話になっております。」が、たとえ彼らの押し付けシステムであっても、全うな日本国民の礼儀であると思うのは、私だけだろうか・・・。

戦後、考えようとしない日本人を作り出した日教組とマスメディアの責任は重いし、考えない日本人は、これに気づかないといけない。

日本の憲法は日本人自身が民主的に作る。当たり前のことが、何故できないのか・・・。
自分の国は自分で守る。

今は、もう戦後ではない。まったく新しい時代を迎えている。十分待った。

憲法改正に誰も文句を言えようはずがない。
日本のマスコミが育てたといっても良いだろうややこしいお隣さんが文句を言っても無視すればよい。

今だから、これ(憲法改正)ができる。

日本人の伝統的精神を踏まえたそんな日本人が理想とするアイデンテティを掲げた憲法、今しかできない。

自民党さん、麻生さんのご発言批判に惑わされず、ともかく、改正でもなんでもよろしい、はやく日本人による日本国に住む人の為の新憲法を作って欲しいのです。

---------------追加記事-----------------
このように沖縄県民の民度を疑っていましたので、いろいろ調べているうちに、「沖縄の真実」というページに記事がありました。かなりショックな真実ですので、私と同じようにマスコミに疑惑を持っている人は、読んでみてください。音声もありますので、時間をとって聞いてみて下さい。
すべてが「お金」の為の エセ平和主義者、偽善者の策略 だということがわかります。
---------------------------------------





うだうだ | 17:16:25 | Trackback(0) | Comments(2)
20、術後100日目の検診 結果良好!
今日は、肺癌の胸腔鏡手術を受けて、ちょうど100日目。検診日。
2週間前から、体の調子が良くなってきたので、癌予防薬UFT(ユーエフティ)を服用している。
血液検査とレントゲンを受けた。
副作用で、どこかに影響が出ていないかチェックということだ。
数日前から、咳も完全に止まり,すこぶる元気が良い。
猛暑日の中なので毎日とまでいかないが、自転車にも乗り始めた。
前の日曜日には自宅まで自転車で帰った。ほぼ半年ぶり・・・いや、8ヶ月ぶりぐらいか。
痛み止めや咳止めとして、トラムセットを一日に朝晩1錠づつ服用していたが、今日から朝だけにしてみることになった。
肺の能力は落ちたものの、回復したと言っても良いと思っている。

前の土曜日、仏画教室に生徒が誰も来なかったので、開始の1時を30分まで待って、工房に帰った。
仏画教室を始めた10年間で初めてのことだった。

で、その日、時間があったので、リハビリを兼ねて、自転車に乗った。
工房を出発し、嵯峨の街中を通過、天龍寺の蓮池で花の開花度チェックをし、嵐山の渡月橋を渡って桂川の南岸の自転車道を通り工房に向かっていた。
その時、愛犬を連れた知人と久々に遭遇した。
「お久しぶりです。お元気でしたか?」と聞いてきた彼に、「お久しぶりです。いやいや、それが大変でした・・・」と、流れ落ちる汗を拭いながら、最近肺がんの手術を受けたことを話した。
15分ほどのお話の中で力説した彼の勧めで、その日から枇杷の種や葉を煎じて飲むことになった。
散歩から帰った彼は、すぐさま、家にある枇杷の樹から太陽の光を十分吸収した大きな濃い緑の葉を選んで採り、工房まで届けてくれた。
彼の帰った後、改めて枇杷の効能をネットで調べると、なにやら凄いことが書いてあった。

また、アマゾンで、東城百合子という方の書いた「薬草の自然療法」という本も買って読んだ。

■びわは、昔から魔法の木
-------------------------
なんと3千年も昔から、涅槃経(ねはんきょう)などインドの古い仏典の中に、びわは大変優れた薬効を持ち生きとし生けるものの万病を治す植物として登場します。びわの樹は「大薬王樹」、びわの葉は全ての憂いを取り除く「無優扇」と名付けられていたことからも、その癒しの力の絶大さが、すでにこの頃からあまねく知られていたことがうかがわれます。
日本でも古くは奈良時代、天平2年に光明皇后がつくられた「施薬院」、これは貧しい人々や病気の人々の救済施設ですが、そこでびわの葉の療法がもう行われていたのです。
この古い療法は、びわの葉を焦げない程度にあぶって、2枚あわせて両手で10回ほどすり、1枚ずつ手に持って熱いうちに患部を摩擦するという、素朴なやり方だったようです。それ以来、全国のお寺にはびわの木が植えられ、難病に悩む衆生を治療してきたのです。
 
■ガンさえも治るびわの葉療法の威力
----------------------------------
びわの葉には、ブドウ糖、蔗糖、果糖などいろいろな成分が含まれていますが、その中のアミグダリンという物質が薬効成分なのです。そしてこのアミグダリンが、ビタミンB17になるのです。
ガンに画期的な効果があるとして、今、国際的に脚光を浴びているこのビタミンB17こそ、びわの葉の驚くべき効果の主役でもあるのです。
このビタミンB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やガン細胞も治してしまうほどの力を発揮します。
そのため、びわ葉温灸療法で、もぐさと共に圧力を加えて血行を促すと、酸素を補給すると共に血液を浄化してくれます。汚れた酸性の血液は、あらゆる病気の原因とも言われますが、ビタミンB17はこの酸性血液を、健康な体の持つ弱アルカリ性の血液に浄化する働きがあることが、すでに証明されています。
 
 
自然療法の参考書として有名な本だそうです。読んで損はないようです。

と、いうことで、枇杷の葉茶のおかげか、私自身の自然治癒力のおかげか、今日の血液検査の結果も良好!

今日は爽やかな風が吹いて気持ち良い。自転車で帰ろかな~。


肺癌 | 17:13:14 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad