FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
今日は涅槃の日
涅槃堂

今日は、お釈迦様が涅槃に入られた日。

中国や日本の各宗派の寺院では、いわゆる涅槃会(ねはんえ)が催される。(旧暦で3月15日の寺もある)

涅槃・・・・仏教徒の目指す究極の境智である。 蝋燭の火を吹き消すように、煩惱が消え去ることを意味する。

釈尊80歳、休む暇もなく衆生に説法教化して45年、この生涯が終わりに近づいたことを知り、生まれ故郷に向かって、最後の旅を始めた。

釈尊がもっとも人間らしい振る舞いをしたとして有名な逸話ですが、釈尊がヴァイシャリーという町に入り、マンゴー園の木の下で涼をとります。

ヴァイシャリーは、華麗なダンサーでもあり、遊女でもあったアムラパリが暮らした地としても有名です。
アムラパリは、彼女の所有したマンゴ-園を進上し、心のこもった接待をします。

仏陀の一行は、旅を続けるため、ここを立ち去るのですが、彼女の住むヴァイシャリーの郊外にある丘にさしかかった時、仏陀はまるで大きな像がそうするように大きく振り返り、ヴァイシャリーの町を眺めながら、「人生とはなんと甘美なものよ・・・ヴァイシャリーの町は美しい・・・。」と、執着から開放されたはずの仏陀が、名残を惜しんだとされています。

美しい彼女は、後にブッダの教えに感銘して尼僧になりましたが、人としての仏陀を感じるなんだか温かい感じのする逸話でもあります。

こうして、涅槃の旅も終わりに近づいた時、バーバー村のチュンダに食事の供養を受けます。
それが茸料理とも豚肉料理とも言われていますが、それを食した釈尊は、激しい下痢に襲われ、体力を消耗しました。

それでも、釈尊は、チュンダに布施の行為を決して後悔しないように言い残し、2月15日、クシナガラの沙羅双樹の下で右脇を下に、静かに入滅されました。

その時、サラ双樹は、片方の樹には、涅槃を祝うかのように時ならぬ花が咲き、また片方には悲しみで枯れてしまうという、仏画でお馴染みの不思議な現象が起きたとされています。


3日前の12日、インドから帰ってきた。その涅槃の地、クシナガラにも行ってきた。

2月5日から12日までの短い期間だったが、久々にインドの仏跡を巡った。
仏教クラブのメンバーと行ってきた。

企画を立てた旅行社の未熟さも重なり、結構ハードな旅となった。

涅槃の地、クシナガルからパトナまでの道がサトウキビの収穫搬送の車の多さやデモ隊に遭遇し、渋滞に継ぐ渋滞で、遠回りを余儀なくされ、ラージギル(マガダ国・霊鷲山)に着いたのは午前4時7分だった。

撮り溜めたビデオの量はしめて『60Gb』。

さて、これを30分~40分程度に編集しなければならないわけだが、帰国後2日経ったが、旅の疲れが出てやる気がしない・・・。また、編集して、皆さんに観てもらおうと思っているが、いつできることやら・・・。

以前なら、寝ずにやったのだが、63歳という年には勝てない。

仏陀の歩いたビハール州は、相変わらず、2500年前の光景がそのまま残っていた。まるで、今にも仏陀のご一行が現れるような、そんな錯覚に襲われることもあった。

また、行きたい。


うんちくひけらかし | 16:30:31 | Trackback(0) | Comments(0)
小保方晴子博士のこと
ビッグニュースとして取り上げられている万能細胞「STAP細胞」。
体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見。研究のリーダーは、30歳の博士「小保方晴子」さん。

複数種類の遺伝子を組み込んで3週間も時間をかけて作るIPS細胞よりも簡単に作れ、IPS細胞で懸念されていた発ガンの可能性もなく、人の製造器である胎盤細胞まで製作できる「万能細胞」なのだそうだ。つまり一番優秀な再生万能細胞ということのようだ。

動物の【1、体細胞の分化の記憶を消去】し、【2、万能細胞(多能性細胞)】へと【3、初期化】する原理を新たに発見したということらしい。

初期化(リセット)と聞くと思い浮かぶのは身近なところでは、パソコンやスマートフォンンが固まった時によくやるあれだ、何ににも影響(指示・命令)されていない状態に戻す作業のことだ。 
血液細胞は血液細胞、神経細胞は神経細胞などの一定の細胞種類の枠を保ち、それを越えて変化することは今までの分子生物学の常識では原則的にはないことになっていた。つまり、皮膚細胞は皮膚に、骨の細胞は骨になるように指令を受けてそれぞれが存在している。
その各細胞の指令をまず、リセット解除してやるわけだ。
これが、オレンジ級の弱酸性の液に浸し、ストレスを与えるとそうなるのだそうだ・・・。
えらく簡単なことだと思うのだが、これが世紀の大発見というからおもしろい。

iPS細胞の山中教授も日本人研究者によって発信されたことを誇りに思うとのコメントを出しているが、ご本人の心境やいかに・・・。

彼女の所属する理研発生・再生科学総合研究センターでは、現時点ではマウスで成功しているそうだが、彼女が師と崇めるチャールズ・バカンティ教授らの共同研究グループは、サルでの実験も成功しているとのことだ。

人間の細胞から作るには多くの課題があると言うが、サルで成功してるのなら近い将来には、必ず人にも応用できるはずだ。
この発表で、すでに世界中の分子生物細胞学者が一斉に研究を始めたわけだから、あっという間に医療どころか、人の人生観を変えてしまうような、どえらいことが起こるような気がする。

しかし、この大発見、驚くのは、昨年春に世界的に権威のある英科学誌ネイチャーに投稿した際は、「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄していると酷評され、掲載を却下された」そうだ。
愚弄と言われるほどの研究内容なら、誰もがそっぽを向くし、当の本人も研究を続ける気など消え失せてしまうはず。

なのに彼女は、「STAP細胞は必ず人の役に立つ技術だ」との信念を貫き、自身の足で膨大なデータを集め、その成果が2014年1月29日付けのネイチャーに掲載されることになったわけだ。

生物細胞学(分子生物学)の詳しい事は分からないが、生物細胞学の常識を覆す偉業と言う。

生命科学の歴史を塗り変えるものとも言われている。

ネイチャー誌の最初の投稿時の却下理由こそが、その独創性を物語るわけで、こんな偉業を、博士号を取ってわずか3年と言う、30歳の若き女性研究者が成し遂げたそのプロセスに感動する。

話が反れるが、彼女のハーバード時代の師、チャールズ・バカンティ教授は、常日頃、研究者にこんなことを言っていたそうだ。 「皆が憧れる、あらゆる面で成功した人生を送りなさい。全てを手に入れて幸せになりなさい」と・・・。

いい言葉だ。早稲田大学のHPの「ハーバード留学体験記」にあった。

この言葉を彼女は、「見本となる人生を送りなさい。」という全ての若者に向けた言葉だと理解したようだが、この教授の言葉・・・。私のところで勉強する彼女と同世代の弟子たちにも送りたい。まったく同感である。
たぶん、この言葉、彼女のやる気に火をつけたのだろう。

彼女のこれからの生き方、生き様にも、この言葉は大きな影響を及ぼすことだろう。

小保方さん自身「誰も信じてくれなかったことが何より大変だった」、「やめてやると思った日も、泣き明かした夜も数知れないですが、今日1日だけ頑張ろうと思ってやっていたら、5年が過ぎていた」と言う。

早稲田大学理工学部にAO入試(人物重視)の1期生として2002年に入学、面接で「再生医療の分野に化学からアプローチしたい」とアピール。卒業後2008年にハーバード大学医学部に留学。

当時、STAP細胞の研究をやっていたチャールズ・バカンティ教授の指導下で共同研究に従事した。

そのバカンティ教授が「ハルコは、最も努力する研究者で、いつも研究室にこもって最良の研究方法を考え出し、細心の注意を払う人でした。ハルコがいなかったら、この研究は達成できませんでした」と今回の成果を喜ぶ。

理研の笹井副センター長曰く「化学系の出身で、生物学の先入観がなく、データを信じて独自の考えを持っていた。真実に近づく力と、やり抜く力を持っていた」と。特殊なマウスを作るために世界有数の技術を持つ山梨大学若山教授とも彼女自身が直談判、ホテルに泊まりこみながら成果を出したと言う。

負けず嫌いで、とことんやり抜くのが信条と言うが、世界的に権威あるネイチャー誌からバカにされるほど世間の理解が得られない中で、自分の信念で動き、周囲を巻き込む力とは? 

若者の周囲に居る大人の気の利いた台詞が、その若者の生き方を左右することはよくあること。
私も、仕事は違うが、若い弟子たちに、そんな気の利いた台詞を残したいものである・・・。

久々の明るいニュースに日本中が沸き立っている。

彼女より3歳年上だが、米国NIHのウィルス研究者である娘婿も安月給で頑張っている。

彼女をはじめ、日本人の若い学者による『人類を救う為の研究』のさらなる発見、進展を期待したい。


うだうだ | 10:57:25 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad