FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

ケサリア kesaria stupa 2014

ケサリアは、ヴァイシャリ(ベーサリーとも呼ぶ)から北西に48㎞、ケサリアから7㎞南東のガンジス川を渡るとパトナ。その先にナーランダやラージギルがある。

我々一行は、ネパールから陸路でインドに入ったので、ルンビニを最初にお参りした。
したがって、インド側のカピラバストゥからクシナガラを目指したので、『ブッダ最後の旅』とは逆に訪ねることになる。これを「順打ち」に対して、「逆打ち」というらしい。

クシナガラからケサリア経由でヴァイシャリを目指している時のこと、何の抗議デモか知らないが、通行止めに伴う大渋滞に遭遇し、ヴァイシャリ行きを断念せざるを得なくなり、大幅に遠回りしてパトナに向かうことになった。

車が横転するほどの凸凹悪路にサトウキビの輸送トラックで渋滞する中をノロノロとラージギルに向かった。ラージギルのホテルに到着したのは、予定の時刻を8時間ほど過ぎた早朝の午前4時だった。

ヴァイシャリは、ブッダ出家後の最初の訪問地でもあり、最後の旅でクシナガラに向かう最終の長期滞在説教地でもあり、また、仏法に帰依し教養もある遊女アムラパリの心温まる接待を受け、弟子たちに自身の死を予告した地でもある。

最後の旅でヴァイシャリの町を後にした頃、執着から解き放たれたはずのブッダが、巨大な象が大きく振り返るように身をひるがえし、なつかしそうにヴァイシャリの町を眺めながら「ヴァイシャリの町は美しい・・・人生とはなんと甘美なものだろう・・・。」と名残惜しんだといわれている。
その場所は、見返りの丘として仏跡のひとつに加えられている。
今回は行けなかったが、この丘も、田園に囲まれ、大きなマンゴー樹が聖樹として大切にされている。

さらに、ブッダの前世を綴るジャータカ物語(本生譚)によれば、ブッダが前世で菩薩であった時、この王国を支配したということになっている。

ブッダと同じ時代に生まれたジャイナ教の創始者マハーヴィラもここの出身だし、ブッダの死後100年には、ここが第2回目の結集(経典編集の集まり)の地になった。

ヴァイシャリのリッチャヴィ族は、ブッダのご一行をここケサリアまで見送ったが、涅槃を迎えるブッダが「見送りは、ここまでで結構」と別れを告げ、托鉢椀を記念に与えられ、リッチャヴィ族は、その記念に泥のスートゥーパを作ったという。これがこのケサリアストゥーパの基礎となったといわれている。

瀕死のブッダとアーナンダ一行(数名)は、ここから入滅の地、クシナガラまで旅を続ける。ここから80Kmほど先となるのだろうか・・・。

さて、私は、ここケサリア遺跡には初めて訪れたのだが、そのストゥーパは、開放的な自然の環境にその美しい姿を半分だけ現した、当時の姿を感じさせる生々しい魅力的な様子だった。
ご一緒した人達と、まるで、そのブッダの時代に迷い込んだような、そんな気分にさえなる。

広い敷地の端にある入場門から見える小高い丘がそれだった。門から見ると右半分が丘で、左半分が掘り出したストゥーパだ。
アショカ王の時代250年頃から800年頃までかかって造築といえば良いのだろうか、付け足しながら大きくなったのがこのストゥーパだ。

まだ、発掘途中なのである。最下層の基壇は、地震で沈み地面の下にあるといわれている。
インドネシアのジャワ島にあるボルボドゥール遺跡もこのケサリアのストゥーパを見本としているそうだ。
このボルボドゥールのストゥーパと同じようにいづれ世界遺産になるのだろう。

辺りが整備されないうちに、ぜひ、またゆっくり時間をとって行きたいものだ・・・。




【動画】けなげに働く少女に出遭った・・・。

インド全土で、こんなシーンによく出くわすのだが、ここケサリアでも、けなげに働く子供たちの子供らしい姿に、私の幼い頃の懐かしさと、「頑張れよ!」と、エールを送りたくなるようなシーンに出くわした。

記録ビデオにたまたま写っていたので、私のこころの動きを表現したくて、別に編集してみた。

遺跡に入場する中流以上の子供連れの家族の横を、汚れたボロボロの服を着た少女が、頭に刈った草を大量に乗せて、こちらに歩いてくる。

昭和30年代の日本、私の幼い頃の光景と似ているが、大人も子供も皆前を向いて希望に胸を膨らませ生きていた。

ここインドではどうなのだろう・・・法律では禁止されているカーストが色濃く残るこの独特の社会で生きる人達の、特に下層の人達やカースト外、つまり不可触民のことが気になる。

どんな気持ちなのだろうか・・・。この少女の心の中を覗いてみたい・・・。




| 09:03:31 | Trackback(0) | Comments(0)