FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

ブッダガヤ Bodh Gaya


10年ぶりに訪れたブッダガヤの町は、ものすごい活気と信仰のエネルギーに満ち溢れていた。
インド人ガイドのマルカス氏も、ここは、一番、様変わりしました。言葉は通じません。ここはインドではなくなりました・・・。と興奮して言う。

なるほど、町を歩く人達はほとんどが外国の人達、一番多いのはチベット僧、チベット人、タイ人、台湾人、香港人、それに白人や世界中から集まったバックパッカーも多く見かける。
夜でも、10時を過ぎてもチベット人の開く店には客が居る。 
10年前にも、ややその傾向があったが、ものすごい仏教のパワーを感じる町となった。

10年前にも泊まったスジャータホテルのすぐ横の空き地は相変わらずゴミだらけで汚いが、その周辺の様子は、まったく変わっていた。
聖地ブッダガヤに限らないが、ここは特に人が多くなったせいか、汚れていた。
牛の糞や皮膚病の犬たちの存在は仕方が無いにせよ、特に捨てられたビニール、発泡スチロール、プラスチック製の袋や容器が、土に戻らず町のあちこちに散らかっていた。
インド全土がこの傾向にあって、貧しくても美しい町並みや自然を汚している。どうにかならないものだろうか・・・。いったん遺跡の中に入ると、ゴミひとつ無くきれいに掃除が行き届いているわけだから、インド人の美意識に問題があるようには思えない。
まだ、職業差別のカーストが残っていると聞くが、清掃職の仕事を犯すまいとしているのだろうか・・・。
お掃除隊ツアーでも組んで、ブッダガヤの町だけでも一気に清浄にしたいものだが・・・・。世界遺産のある町、仏教徒の聖地なのに・・・。 話がそれた。元に戻そう。

しかし・・・、仏教のパワーを感じるといってもそれは、チベット仏教で、いたるところに臙脂色の僧衣を着た年配の僧(ラマ)や若い僧、それに子供の僧が忙しそうに往来する。
タルチョといわれる経文を印刷した旗が、仏跡のいたるところで風にたなびき、そのチベット仏教的雰囲気を荘厳している。
チベット仏教は、ポン教に仏教が融合し、ラマ教という俗称があるが、7世紀から14世紀にかけてインドから直接に仏教を取り入れたため、インド仏教の伝統が途絶える寸前の時代に伝来した後期密教が伝わっているので、チベット僧の行きかうブッダガヤに居ると、ナーランダ大学が隆盛だった頃の様子を感じることができるのだ。

そんなことで、釈尊が悟りを開いた町、ブッダガヤの町は、国際的な仏教の聖地として強力に変貌していた。

大塔のある大菩提寺は、昨年のテロの為か、二重のボディチェックを受け、靴を脱いで参拝しなければならい。

菩提樹の辺りには、各仏教国の特徴ある読経があちこちから聞こえ、それは交じり合って濃厚な祈りの渦となって大塔を包み込んでいる。

そこに居る誰もが、自身の本体がその祈りの渦の中に引き込まれていくのを感じているはずだ。

大菩提寺は、世界中の仏教徒の熱気で溢れている。
たまたま、その日と時間に釈尊の面影の元に集まった確固たる縁者なのだ。同じ心の人達、和合衆でごったがえしているのだ。

そのブッダガヤの町に、1973年に落慶した印度山・日本寺で、世界平和を祈る法要を執り行った。 テーラワーダ(上座・原始仏教)の僧とチベット仏教(大乗仏教)の僧を客僧に迎えた。

仏画でいうなら、私の好きな画題で、『出山釈迦図』にその様子が描かれているのだが、この釈尊が瀕死の苦行では何も得られないと悟り(仏教の根本思想:『中道』)山から降りて、ボロボロになった身を清めなおした、尼連禅河(ネーランジャラー河)では、遠くに見えるその苦行をされた山、前正覚山を拝みながら、砂を採取した。

法要を終えた時、日本寺に出張中の日本の若い僧にお聞きしたのだが、何でも、この砂、亡くなった人の額にちょっと乗せてあげると、釈尊の功徳がいただけるとか・・・。

我々仏教徒にとってはガンジス川の砂より、この『尼連禅河の砂』が何よりも『ありがたい砂』ということのようだった。

半ば挫折に近い状態の釈尊は、この尼連禅河で身を清めて、セーナ村のスジャータという娘に乳粥を貰い、元気を取り戻して、ブッダガヤの聖なる樹、菩提樹の下に再度座り直されるのだ。
次は、その乳粥を差し出した娘、聖人となったスジャータのストゥーパを参拝する。

| 09:01:54 | Trackback(0) | Comments(0)