FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

ふるさと輝き大賞 いただきました
故郷輝き大賞



先日26日の土曜日、故郷の東近江市五個荘地区で催されたある記念式典に出席する為に帰郷してきました。

最近2週間に一度くらいの頻度でその東近江市の湖東地区にある母のお世話になっている「サービス付き高齢者向け住宅」に会いに行っているので、年に1度か2度しか帰っていなかった頃に比べ、帰郷は珍しくなくなりました。

実は、昨年の秋ごろでしたか、協議会発足10周年式典で私を表彰したいので、資料を送ってくれという手紙が東近江市の五個荘地区「五個荘地区まちづくり協議会」というところから届き、私のサイトから抜粋した略歴内容の確認やら作品の画像を送付するように求められ、何がなんだかわからないまま資料を送っていました。

私は、1950年10月9日に当時の神崎群五個荘町宮荘というところで生まれ、18歳まで父と母と妹の四人家族の長男としてそこで育ちました。
その頃の幼友達や従弟が推薦してくれたようです。

今も昔も1万人程度の五個荘は、江戸後期から昭和初期にかけては、中仙道が町の中心を通っていることから全国をまたにかけて活躍した豪商たちがたくさん輩出されたことで有名です。
10年前に周囲の市町村が今の東近江市に統合再編されてからも、この五個荘地域は、商人たちが天秤を担いで行商の旅に出たことから「天秤の里」として、その邸宅などが保存され、大正、昭和の歴史建造物や文化財等、歴史の資料館として開放され、特別な地として近江商人の大切にしたモットー「三方よし」の精神を広めていこうと推進されています。

そういった地区住民の為の地域に根ざした文化を受け継ぎながら明るい町づくりをしようと、「五個荘地区まちづくり協議会」が、かつての五個荘公民館に相当する400人収容のホールを抱えた「五個荘コミュニティセンター」という施設を、東近江市より指定管理委託され、ここを拠点に活動されておられるようです。
で、この「五個荘地区まちづくり協議会」が設立されてから早10年を向かえ、その記念式典が催されることになり、その式典に花を添える意味で、五個荘地区内外に居住され、全国的に活躍されている地域と縁ある方々を表彰しようということになったようです。

今回、頂いたこの賞「ふるさと輝き大賞」・・・うれしい反面、故郷まで、のこのこと頂きに出かけていったことへの気恥ずかしさもあり、正直に言いますと複雑な気分でした。

私は、染織図案家だった頃は、いくつかの団体にも所属していましたので、いろいろな賞も頂きましたが、仏画を描くようになってからは、「○○賞」という類のものには無縁となっていました。
ですので、表彰されること自体には素直に感謝しなければいけないと思っていますが、何はともあれ、「ふるさと」が私のことを覚えてくれていたことや、会場で懐かしい幼友達や知人等数人と少しの時間でしたがお話することができ、東近江市五個荘という地域が私の「故郷・ふるさと」なんだなぁ・・・と、あらためて再認識した一日でもありました。

今の人口も昔の人口も僅かしか変わらないという、良いことなのか寂しいことなのかわからない状態だそうですが、独特の文化と自然が調和した我が故郷がいつまでも変わらずにそのままであって欲しいと思うのは、やはり、この地を離れた者だけの想いかもしれません・・・。

ちなみに、五個荘に縁のある他の受賞者は、切り絵作家:奥居匡氏、若き刀匠:北川正忠氏、アメフト世界選手権代表選手:辻篤志氏、プリント回路基板現代の名工:八田宣久氏、若きアジアNo1パティシェ:布施文彦氏、木版画作家:松島良一氏でした。




スポンサーサイト



うだうだ | 09:34:42 | Trackback(0) | Comments(0)
21時ごろ、善峯寺領内で、野生の鹿の父子と遭遇しました。
2016-03-11 PM9:00 よしみね乃里前にて鹿と遭遇


昨日の午後3時半からの私の唯一所属する「仏教クラブ」の運営委員会と臨時総会に出席してきました。
今期の会長の体制では最終の委員会で、退任、再任、新任など、役員の入れ替えがあり、規約も改変しました。
午後6時からは、その案件承認の為の臨時総会がありました。
いつもは、会場の京都駅すぐ隣のセンチュリーホテルまでのルートが同じ会員で事務局長でもあった善峯寺のご住職と、その参道にある漬物と食事処の「よしみね乃里」の店主のどちらかの運転する車に同乗させて頂いてホテルに向かいますが、昨日は、今期最終会議ということで善峯寺のご住職は先に打ち合わせに行かれました。

たまにはということで、お酒を飲まなくても平気な私が、いつも同乗させていただくお礼も含め、たまにはゆっくりお酒を飲んで頂きたく、「よしみね乃里」のお酒好きの店主を、私の車で、お迎えにあがり、お帰りにはお送りすることにしました。

委員会も総会も無事終了し、8時過ぎには帰路についたのですが、9時ごろ善峯寺の領内に入ると辺りは真っ暗闇。
「よしみね乃里」のお店のすぐ手前の駐車場に到着。その直前です。

大きな鹿の父子に遭遇しました。
私の運転する車のヘッドライトに灰色の大きな鹿の父子浮かび上がったのです。

ビックリ! 感動です。

もう40年、この大原野に住んでいますが、野生の鹿に遭遇したのは初めてです。
奈良公園の鹿のように角は切られていませんから、立派な角を蓄えたお父さん鹿は見事でした。
鹿の父子は数秒で山の方に駆け上がり、身を隠したようです。

「よしみね乃里」の駐車場で、そっとUターンし、鹿がその身を隠した茂みをヘッドライトで照らしていると、まだ居ました。
まだ角の小さな子鹿が身を隠し、あたりの様子を伺っています。
茂みから頭が覗いていました。 
手持ちの小さなデジタルカメラのズームをいっぱいにし、ハンドルに乗せて安定させ、カシャ! 
そのときの写真がこれです。

おまけ情報ですが、その自宅までの帰り道、田んぼに挟まれた道路を走っていると、タヌキが横切りました。
大原野の野山には、タヌキ、キツネ、イノシシ、猿、そして鹿が住んでいます。

私の第二の故郷、「京都市西京区大原野」 いつまでもこの自然が続きますように・・・。



うだうだ | 13:38:21 | Trackback(0) | Comments(0)
藤野正観のちょっと書いてみます(2016年4月号原稿より) 
2016-4月号用-当麻曼陀羅彩色中の筆者-2016年3月3日撮影
当麻曼陀羅彩色中の筆者-2016年3月3日撮影


伯母の死

 行年九十三歳でお淨土に旅立った伯母の葬儀に出席してきました。
 絵描きになりたかった亡き伯父の事業を片腕として支え、いくつかの事業を作り育てた女性です。
 四人の息子たちのうち三人を事業の継承者として、一人を胸部外科医として著名な医者に育てた偉大な母でもあります。
 三人の息子たちは、うまく事業を継承し育て、数年前には、グループ会社での売り上げが数百億円を達成したと聞いています。
 先の戦争で身一つで満州から帰った伯父は、細々と薪炭商を営む家業を継ぐことになるのですが、もともと絵を描くことが何よりも好きだったそうで、青年時代には数多くの作品を残し、後に自費出版で画集まで出版しています。
 絵描きの道をあきらめて家業を継いだ伯父は、そういった意味で、絵描きの道を志した甥である私を気にかけていてくれたようです。
そんな伯父を良く知る伯母は、私の絵描き人生の所々で声をかけてくれています――。

 私が、京都の染織図案家本澤一雄門下でお世話になり、内弟子生活三年が過ぎた頃、普段顔も合わせたことのないその伯母から師の家の電話を通じて突然、私に電話がかかって来たことがあります。
 電話をとった師の奥様と丁寧な挨拶を交わした後、私に代わってもらったのですが、当時は携帯電話などありませんから私の親からも電話などもらったことはありませんでした。
 伯母は、そつなく挨拶をし、私との間柄も説明したようで、その電話直後の師の奥様の伯母への印象はかなり良かったようで、内容は忘れましたが伯母の人格を褒められた記憶があります。 
 その電話、「今度、食品関係の事業を展開するので、次男のK と一緒にやらないか?」というお誘いでした。
一歳年上のKとは年が近いので私をパートナーに選んだのか、それとも絵描きになったところでどうせ食っていけないのだから、そろそろ根をあげている頃だし、声をかけてみてやろうといったことだったのか、私の本気度を試そうと伯父の指示を受けて電話をしてきたのか定かではありませんが、図案家を志して修行中の私へ新規事業へのお誘いがあったのです。
 もちろん、当然ながら、私は日本の伝統的な色や形にのめり込んでいた頃ですから、伯母のお誘いは、お断りしたのですが、それから後、独立させて貰って数年後、仏画に出会い描きはじめた頃、ほとんど仕事らしい仕事がなかった頃、ふと、あの時、伯母に「Kと一緒にやる」と言っていたら・・・今頃は年商何百億の専務ぐらいにはなっていたかも・・・と後悔のような気持ちが脳裏をよぎった事を思い出します。

 葬儀場の片隅に伯母の歌集「もじずり草」が置いてありました。伯母の長男が「お前のことが詠んであった」とページを開けてくれました。
「十八畳の涅槃図かきし甥の記事載れる新聞夫に供ふる」


冊子原稿より | 13:43:50 | Trackback(0) | Comments(0)
成功と失敗
仏陀が説いています。

世の中は変化し続けます、無常です。すべてのものは必ず移り変わります。

生じたものは滅し、成功があれば失敗もある。

悪いことをすれば、天罰が下ります。

私たちは、自分に都合良く変わるものは成功。 都合悪く変わるものは失敗。 

と、言っているに過ぎません。 

成功も失敗も、一喜一憂する事はありません。

今と先をしっかり見て、成功してもおごらず、失敗してもあきらめない心が大切です。





納得 | 17:23:59 | Trackback(0) | Comments(0)