FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
66歳、2度目のカテーテル検査
カテーテル検査
※資料画像 カテーテル検査


 昨日、10月20日は、今年の1月18日に地元の桂病院でカテーテル経皮冠動脈形成術(心臓冠動脈の大掃除)を受けてちょうど10ヶ月が経過する時で、その時の手術で血流がうまくいっているかカテーテル検査(10ヶ月点検)を受けました。
朝8時半に、車に妻を乗せ桂病院へ。 
本人は帰宅時の運転はできないということなので、妻にお願いすることになります。

総合受付を通さず、直接循環器科窓口で身長・体重・血圧を測り待っていますと、カテーテル室担当の看護師さんが迎えに来てくれました。
10ヶ月前に受けた時も同じ看護師さんだったと記憶していますが、黒縁の眼鏡がよく似合う50歳前くらいの爽やかな笑顔の方で、我々患者は、不安の中、ちょっと救われます。
その日は、3人が検査を受けるそうで、一番バッターは、私ということでした。

この桂病院は、カテーテル手術室が3部屋もあって、多い時には一日に7人の検査をすることもあるそうです。
3人が広い病院を数分歩いてカテーテル室に着くと、さっそく上半身裸になって紙の手術着に着替えます。
着替えると、その足で用を足し、50畳ぐらいの回復室という大きな部屋に歩いて行きます。

その広い部屋は、カーテンで4.5畳ぐらいの7つの部屋に仕切られ、それぞれの仕切りの中には、リラックスできる高級リクライニング回復椅子が設置してあり、その日はほぼ一日、その椅子で過ごすことになります。
私は1月に経験していますので、不安感はありません。

私の場合は、左手手首の動脈からカテーテルを入れるので、右の腕には、検査時に撮影する為に造影剤を注入するのですが、それを尿で排出させるための水分補給の点滴針が挿入されます。スポーツドリンクのような成分と聞いています。
点滴針の挿入は、いつもそうなのですが、2度目のトライで成功です。

私の腕は、肉が固いうえに、血管が細く、奥にあるそうです。新米看護師泣かせです。
たいていの看護師さんは、「ごめんなさい、ごめんなさい、痛いでしょう・・・。」と言いながら、うまく挿入できないので焦ります。
ひどい時には3度のトライでもうまくいかず、過去には、ついには先輩を呼びに行くというったことも結構ありました。
ですので、2度目のトライで挿入できたということは、経験豊富な看護師さんだったからだと思います。さすがです。

準備ができたら点滴棒を引っ張りながら、隣にある手術室に歩いて行き、体の巾位のけっこう狭い手術台に自分で乗ります。
胸や足に、心電図用のコードが付いたパッドを貼り付けてもらい、右腕には点滴針と血圧計、人差し指には酸素濃度計。
体に手術用の不織布でできた上掛けを掛けられると、始まりです。
左手首の辺りをしつこく消毒します。なにせ、動脈に穴をあけるわけですから、ばい菌は厳禁です。

「藤野さん、今日はよろしくお願いします。」と担当の執刀医が、名を名乗らず私に挨拶をしてくれますが、大きなマスクと特殊な眼鏡を付けていますし、どのDrなのかお顔が識別できません。「はい、こちらこそ、よろしくお願いします。」

「局部麻酔をします。はい、ちょっとチクッとしますよ~・・・」 「おいおい、結構痛いやないか・・・。」と小声でつぶやく私。
その直後から、私の手首の辺りでは慌ただしく何かが始まっていますが、麻酔のおかげで私には感じませんし、見えません。

私の身体をカメラと聞いていますがそのビニール袋を被せた30cm四方ぐらいの大きな箱が2個、心臓辺りを被写目標に顔面すれすれに動き回ります。これは、もうロボットです。
たぶん、モニターには、私の体の内部が映っているのでしょう。

医師は、私の右側に立ち、体越しに左手首の穴からカテーテルの操作をしますので、そのカテーテルを操作する仕草が私の体を通して手に取るように分かります。
けっこう早いスピードでカテーテルを入れていく医師の手の動きに、「こんな早いスピードでどんどん入れても、血管って大丈夫なんやぁ・・・。」と妙に感心しながら、結構リラックスしている自分がいます。

30分~45分ぐらい経ったでしょうか、「はい終了です。結果はまた午後になったら言います。」といって担当医師は手術室から出て行った模様です。

午前10時前、自分の椅子のある回復室に戻ると、私より後で手術室に入った74歳のご婦人はすでに回復椅子に座わっておられます。
後で同じ年と分かったのですが、私と同い歳の老けた66歳の男性は、まだ検査中でした。

その後、まもなく、検査を受けた3人がその部屋に揃うのですが、私の向かいはその私と同じ年の男性です。
今朝、循環器科窓口でお会いした時は、70歳代ぐらいにお見受けしていたのですが、いろいろお話する間に66歳ということがわかり、「あんた、老け過ぎやでぇ~(^o^)」と同世代のよしみといいましょうか、ついつい親しげに話してしまいます。

その後、傷口も塞がり帰宅する4時ごろまで、彼の病歴やら年金生活をしている今の心境やら彼の今までの人生を聞くことになり、同じ時代を、私とはまったく違う生き方で生きてきた一人の男の人生を、感じさせてもらうことになりました。

向かいのリクライニング式の回復椅子に座り、ウトウト仮眠する「老いた同級生」が、鏡に映るもう一人の自分の姿にも重なります。

あらためて、目の前の同い年の男性も私も人生の大半を過ごしたわけですが、その人生のプロセス(過ごし方)の違いが何だったのか、ゆらゆらと揺れ動く蜃気楼の中に居るように自分の人生を振り返ってしまいました。

500cc入り、二本目の点滴が終わり、私が一番最初に医師に会います。
モニターを観ながら「今のところ、何事もなく無事に推移している」と説明され、あとは半年に一度、心電図などでチェックすることになりました。やれやれ、ホッと一安心。

部屋の他の二人は、やはり手術をしなければならないらしく手術日(治療日)の予約をしています。

帰宅許可がでて、部屋を出る時、その落ち込み加減の同級生に「元気でね、頑張ってね」と声をかけました。
すると、「お互いに!」と若々しい笑顔が返ってきました。




冠動脈カテーテル形成術 | 11:43:01 | Trackback(0) | Comments(0)
過労死になる前に・・・。
日の丸
7月にやっと結婚した長男の結婚披露宴のゲーム賞品で使うために作った熨斗の画像から「しあわせおすそわけ」


東大卒で電通という大企業に勤める24歳のOLさんが過労で自殺した事件で、「残業100時間で過労死は情けない」とネットで発言した大学教授が、学校に処分を検討されているそうです。

24歳と言えば我が工房にも同じような年恰好の女性が弟子入り志願をしてきますので、他人事ではないように思い、ちょっと考えてみます。

私たちクリエイター等自由業の世界では、年がら年中過労は普通です。
仕事を受ければ「過労」。仕事が無ければ不安感で「疲労」という、その繰り返しの中で、優れた技術力を培いながらその自由を生き抜く根性、精神を鍛えていきます。(というか慣れていきます。)

また、その自分の仕事を消化し、経験を積む中で、己の適正な労働時間というものも構築していきます。
たぶん、上昇志向の中小企業のオーナーさんをはじめ、起業した人や個人事業者も同じようなものだと思います。
ですので、労働基準時間なんてものはありませんし、残業といった概念も存在しません。

私などは、66歳になる最近まで休日ですら意識したことはありません。

でも、最近やっと日曜日を意識し、待つようにはなりましたが・・・。

先日、34歳でやっと結婚した私の息子は、大学院を卒業して高校時代から思いを膨らませていた「水処理」の大手会社に勤めています。
卒業当時、私はサラリーマンの世界は全く知りませんので、何のアドバイスもしてやれません。
ただ、一言こう言ったのを覚えております。

「サラリーマンは、自分の人生を会社のために切り売りするプロフェッショナル。一流企業であればあるほど得体の知れない「会社」に自分の人生を捧げることになる。」とまぁ、こういった意味不明のことを言って、はなむけとしたのです。

これは、「もし、私がサラリーマンになれば、そういう姿勢で臨む。」ということだったのでしょうけど、それは今でも「男の生き様」としてそう思っております。

サラリーマンになったら、その会社の為にとことん貢献すること。これがプロのサラリーマン。プロフェッショナル。

それでは、労働時間を国の定めた8時間とし、それ以外は残業として、その代価を会社に請求する割り切った姿勢、いわゆる公務員や労働者的な姿勢は、プロフェッショナルではないのでしょうか?

確かに会社の生産部分を専門的にサポートするといった意味では、そこではプロなのでしょうけど、母体である会社の運営に関われば、その姿勢のままでは通用しません。
意地悪く表現するなら、会社をうまく運営・経営できていてこそ成り立つ「仕事」ですので、その場所に身を置いたということは、公務員でない限り、経営状況に左右される仕事であるという認識・覚悟も必要だということです。

今回、東大を卒業して大手の「電通」に入社し、過労で自殺した若い独身女性のことですが、私は、この労しい事件をただただ哀れには思いますが、この教授の発言内容はともかく、その真意は理解できます。
むしろ、学校側の安易な謝罪姿勢に、この事件の本質を歪めるのではないかと懸念さえしています。

彼女、さぞかし、苦しんだ結果なのでしょうけど、苦しさから脱する方法は「死」以外に他に幾らもあったはず。

「辞めれば良い。」なぜ、そんな簡単なことができなかったのでしょう・・・。これがこの事件の本質だと思います。

アドバイスをする人は居なかったのでしょうか・・・。

東大卒というプライド、電通という大企業に採用されたというプライドが彼女の内で魔物に育っていったのでしょうか。
ネットに溢れた彼女のツイート内容からもそのプライドの高さがうかがい知れます。

やはり、高学歴や大企業には、得体の知れない恐ろしい魔物が潜んでいるようです・・・。

で、先に登場した、我が息子。 
結婚前には、深夜0時前に帰宅は当たり前だったようです。(なので、結婚が遅れたそうですが)

そして今、やっと漕ぎ着けた新婚2か月にも関わらず、水処理プラント建設現場への一週間単位での単身赴任が繰り返し続いているそうですが、本人は自分の設計した水処理のプラントができて行く過程を身近で確認、監督することは、設計者にとって必要不可欠なことと認識していますし、充実感も感じているはずですし、スキルアップにも繋がります。
そして、そのことは新妻も理解し、旦那の将来に期待しているのでしょう。たぶん・・・。

もし、新妻がそのことを理解し得なかったらどうでしょう・・・。息子は苦しむでしょうし、死にはしないと思いますが、もしかしたら転職も考えるかもしれません。 
(実は親として、自宅に居ないといったそんな状態では孫の顔が見れないのでは・・・と、また心配しております・・・。)

ちょっと、きつい環境であっったとしても、傍にいる人が優しく寄り添い元気づけ、支える。

この生活環境さえ構築してあれば、少々、いや、どんな無理のある仕事であっても乗り越え、心とのバランスのとれた豊かな人生となり得るのではないでしょうか。

バランス、調和。大切だと思います。



ご意見 | 14:43:22 | Trackback(0) | Comments(0)
記憶や認識の曖昧さ
d60afcc4207035b28b92b8167b7aba11.jpg


録画ですから、いつ放送されたかは定かではありませんが・・・。
「モーガン・フリーマンが語る宇宙 S6」とうTVシリーズの何回目かで、面白い実験を見ました。

おおまかに説明しますと、正確な人数だったかどうかは自信がありませんが、5人の青年に短い映像を見せ、その記憶を確かめる実験です。

映像は帽子を被った少年が、数分間何かで遊んだりいろいろな動作をするのですが、見終わったあとで5人の青年に質問をします。

5人全員の前で、順番に「少年は帽子を被っていたか?」と皆に聞こえるように質問をします。

最後に応える一人の青年を除いて、あらかじめ他の4人の青年には、「帽子を被っていなかった」と応えてもらうことにしてあります。

最後に答えた青年は、この時、当然ながら、「少年は帽子を被っていた。」と答えるはずですが、先に応えた4人が被っていなかったと応えたこともあり、自分の認識が曖昧だったと自己判断したのでしょうか、少し躊躇はしましたが「被っていなかった」と応えます。

数週間後、最後に答えた青年に同じ質問をしたところ、やはり「被っていなかった」と応え、彼の本当に経験した認識は完全に真逆に塗り替えられたのです。

つまり、間違った認識が意図的に植え付けられたのです。 人の認識、記憶の曖昧さを見せつけられました。

ありもしない間違った情報で、人は、有りもしなかった作り話をいとも簡単に信じます。

共産国家や独裁国家はこうして、国民を罠にはめ、意図的に信じ込ませるのか、いやそれらの国だけではありません。
韓国のような自由国家でも、誰かが大きな声で主張すれば、有りもしなかった間違った歴史が、実際にあったことになるのです。
疑いもなく本気で信じるのです。

そういえば、私にも思い当たる出来事があるような気がします。
これを読んで頂いた読者も思い当たる出来事があるではないでしょうか?

記憶の曖昧さ、認識の曖昧さ、それに付随した、真実の曖昧さ・・・ですね・・・。






うだうだ | 17:56:12 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad