FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
NHK Eテレ「日曜美術館」(毎週日曜日 午前9時より放送中)
収録風景02
NHK日曜美術館の収録風景2017年1月10日


 昨日は、午後から、NHK Eテレ「日曜美術館」(毎週日曜日 午前9時より放送中)の収録が、我が工房でありました。
1976年に放送がスタートして今年で放送40周年だそうです。
私も若い頃、気になる展覧会や作家の放送があると必ず観ていました。
「常識に囚われず、いつも自由に美術を楽しみたい」という思いから始まった番組だそうですが、そういえば確かに自由過ぎて、あれっと感じる内容もあったように思います。
この歴史ある番組に、私なんぞが出演することになるなどと微塵も考えもしなかったことですが、このまま進むと2月5日の放送で昨日撮った内容が流れることになるのです。

『熱烈!傑作ダンギ長谷川等伯』(ダンギ:「談議」のことだと思います)という主題で、

1、等伯が目指した「静かなる絵」
2、下積みが育んだ人気絵師 
3、優しい眼差しにみる等伯その人、

の3つで構成されるそうです。

ディレクターのお考えが、その完成された番組を観てみないと、どう表現されているのかわかりませんが、たぶん、京の都に出てくるまでの等伯が仏画を描いていた時代を下積み時代ということで、スタジオに招いたゲストの、小説『等伯』で直木賞を受賞された安部龍太郎氏等3名(他は未定)に等伯像を談議していただこうということのようです。
昨日、収録した私の急ごしらえのコメントは、ここではまだ書くことは控えますが、今回の等伯を勉強し直すきっかけをくれたNHKに感謝しています。
牧谿や雪舟、明兆等、等伯さんが影響された『絵』に私自身が触発されたのです。
今からどこまでできるのかわかりませんが、あらためて『墨』の表現に向き合いたくなってきました。

※なお、この番組「日曜美術館」
2月5日は   9:00~ 9:45
2月12日は 20:00~20:45(再放送予定)
初回放送より2年以内に地上波にて4回の再放送
国際放送2回  在留邦人向けNHKワールド


で、放送されるようです。
収録が終わった今、改めて番組趣意書を読んでみますと、こんなに再放送されるわけですから、今更ですが、緊張しております( ^_^;

【追加記事】
2月1日、TV朝日の人気番組「ぶっちゃけ寺」の制作スタッフから「13日に放送する番組中で、二十五菩薩来迎図の絵を使いたいので、ジグソーパズルの原画の画像データを貸してくれないか?」との電話がありました。

画像の下にクレジットを入れていただけるのならということで、お貸しすることにしました。
ジグソーパズルを作る時のデータなのでメール添付できるようなファイルサイズではありませんから、ギガファイル便にて送付して差し上げました。
この図を元に、二十五菩薩来迎のことを説明されるようです。

このところ、TVづいておりますが、NHKeテレ「日曜美術館」の再放送の次の日ですので、当工房で制作した『二十五菩薩来迎図』も、この流れでついでにご覧頂けばどうでしょう? 
番組内容の話題そのものも興味深そうです。
しかし、最近のTV制作、ネットで何でも情報が手に入るので、昔に比べるとだいぶ楽になったようですね。

【追加記事への追加】
先ほど(日曜日の午後1時過ぎ)「ぶっちゃけ寺」のスタッフよりメールが入り、二十五菩薩来迎図の説明をしないことになったので、ということでお詫びのメールが入りました。

お世話になっております。先日はありがとうございました。
この度、放送内容が一部変更になりまして、二十五菩薩の説明がなくなってしまいました。
お忙しい中、迅速なご対応して下さったにも関わらず、このようなことになりまして大変申し訳ございません。
何とぞ、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 株式会社テレビ朝日 総合編成局   第2制作部 「ぶっちゃけ寺」〇〇〇〇

ということで、やはりテレビ番組の制作といいますと、ネットの普及により、資料集めや人材集めの為のコンタクトが簡単で容易になったせいもあるのかもしれませんが、やはり安易な制作姿勢が見えてきますね。
いろいろな人を巻き込み迷惑をかけているのでしょうねぇ・・・。
この「ぶっちゃけ寺」に出演し、がっかりした知人も居ますので、想像がつきます。
どんな番組になったのか観てみないと分かりませんが、ここは、きびしい目で観ることにしましょう(^o^)



仏画 | 10:03:08 | Trackback(0) | Comments(0)
今年の正月休みは『長谷川等伯』のお勉強三昧です。
松林図-等伯
長谷川等伯筆 松林図屏風(国宝 東博蔵)


 2017年1月3日も半日過ぎました。
1日には昨年7月に結婚した長男夫婦が、今年も毎年と変わらず、正月なのに一人で工房に居る私のところに挨拶をしに来てくれ、3人で近くの松尾大社に一緒に歩いて初詣でしました。
元旦は穏やかな良い天気で、ダウンのコートを着ると汗ばむほど暖かい日で、お詣りの人でいっぱいでした。

 昨年は義母が7月に亡くなり、喪中ということで、神社へのお参りは穢れを持ち込まないようにと何かに書いてありましたこともあり、神仏や皆さまへの新年のご挨拶は控えるつもりでした。
でもよく調べますと50日を過ぎれば良いとも書いてありましたので、例年のように破魔矢をいただいて初詣でを済ませることができました。
神道では、人の死は「穢れ」なんですね・・・。

 実は、年末に、美術ファンなら誰でも知っている「NHK日曜美術館」の制作を担当するディレクターが、工房に訪ねて来られ、2月5日に放送する『長谷川等伯(1539~1610)』を語る番組の中で使うビデオに私の仕事の紹介とコメントも欲しいとのことなのです。

 なぜ、仏画を生業にする私のコメントを必要とされるのか、聞いてみますと、『等伯』は能登半島の七尾出身。
当時の平均寿命が40歳そこそこだったはずなのに、33歳にして都に出て、当時の御用絵師であった狩野永徳を押しのけ、御用絵師のトップにまで上り詰めた才能豊かな絵師なのですが、その七尾時代に、武士の家で生まれたにも関わらず、なぜか染物屋の長谷川家の養子となり、家業であった「染」と「仏画」を描いて生活していたというのです。

 そのことを初めて聞かされた私は、彼の若い頃の絵に関する環境が「染」と「仏画」という点では私とよく似ているなぁ・・・と感じたまでは良いのですが、それまでの私は等伯の若い頃にはほとんど関心がなく無知も同然です。

 このテレビ番組で全国に恥を晒さない為にも、タイミング的にもちょうど時間の有るこの正月休みを利用し、一人で工房に来て、改めて彼の作品と生い立ちや時代背景等を興味をもって深く調べている真っ最中なのです。

染と伝統仏画と等伯作品の関係・・・。この番組、結構おもしろくなりそうです。

正月が明けたら、東京から収録に来られることになっています。



うだうだ | 12:46:51 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad