FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

癌は10年間、再発しなかったら完治
桂病院
桂病院正面玄関 自転車通勤の時は、この前の道を通ります


半年ぶりに、桂病院の呼吸器科に検診に行きました。
本日8時半に、呼吸器科を通してCT撮影に予約を入れておいたにも関わらず、うっかり今日が検診日というのを忘れていて、自宅を6時50分頃に自転車で工房に向け出発。
7時半には到着し、どうも明日からまた雨のようなので、爽やかな風を入れようとあちこちの窓を開放し、パソコンの電源を入れると、立ち上がりと共に今日の予定がピョコンと出てきます。

今日は、『桂病院、8時半検診』半年ぶりの検診日だったのです。

自転車で少し汗が滲んだTシャツを慌てて気替え、洗濯済の作務衣に気替えて桂病院へ向かいました。
もうすぐ、弟子たちが来ますので、窓は開けっぱなしでしたが、LINEでその旨を伝えておきました。
病院には8時過ぎに到着、受付はまだ始まっていません。たくさんの患者がロビーに溢れています。

ロビーの大型テレビでは、また、北朝鮮がミサイルを発射したとニュースが流れています。6時57分頃に発射したとのことですから、ちょうどその頃、私は、耳にイヤフォンを差し込み大音響で好きな音楽を聴きながら自転車で工房に向かっていたことになります・・・。
ロビーに待っている患者さんたちは一様に、テレビの画面を観ておられるようですが、「またかぁ・・・。」といった感じで、しょせん、遠くの地域での出来事だからでしょうか、北海道のはるか上空を通過したとのことで、よけいに無関心なのかもしれません・・・。かく言う私も一旦はテレビの前に陣取りましたが、遠い北海道の出来事と、すぐにテレビの前を離れました。 
慣れは、こうして危機感を希薄にして行くのでしょうか・・・。

受付開始は、8時15分に始まり、整理券の番号順に点呼により受付機の前に並ぶことになります。
今日の私の整理番号は77番でした。77人目ということになります。
やはり、いつもよりは少し遅めですが、ほぼいつも通りの時間配分で診ていただけることになりました。

8時半、呼吸器科窓口では診察受付をせず、そのまま地下のCT撮影室へ行くと、もうすでに何人かの患者さんが待っています。
15分程度でCT撮影を終え、次は採血、レントゲン。その三つの検査を終わると呼吸器科の窓口に行って、診察を受け付けてもらいます。
30分も待ったでしょうか、検査結果が出たらしく私の名前が呼び出され、4月から玉里Drという新しい医師に変わったこともあり、半年に一回の検診だけでお会いするその若い医師のお顔は完全に忘れていました。2度目ですから無理はありません。

しかし、モニターを見ながら、質問に応えてくれるその話し方で思い出しました。米国のNIH(アメリカ国立衛生研究所)に勤める我が娘の旦那とその話し方がそっくりなんです。
確か、前にも書いたはずですが、若いそのドクターは、いかにも聡明そうで、ちょっとした私の疑問にも分かりやすく、単的に説明してくれました。
「これ等の検査データからは、異常は見当たりません。」ということで、安堵したのですが、その説明の中で、ひとつ「えぇ~!」ということがありましたので、これをお読みになった皆さんに耳寄りかどうかわかりませんが、そんな新しい情報を一つお伝えしておきます。

今まで、癌患者は、運よく癌細胞の切除や抗癌剤或いは放射線治療によって消滅した時から、5年間再発しなかったら、完治ということでしたが、なんと、5年では完治でではなく、これからは、10年間に渡って、半年に一度の検診を経て、再発がなかったら完治ということになるそうです。

ですので、私の場合、半年後の検診で5年が経過し、異常がなければ、これで『完治』というところでしたが、その後、まるまる5年間は、この桂病院の呼吸器科に半年に一度、検診に通うことになったわけであります・・・。
ということで、運よく早期発見で癌細胞が見つかっても、治療終了時点で以後10年間は、病院とお付き合いすることになるわけですね・・・。



肺癌 | 17:29:05 | Trackback(0) | Comments(0)
藤野正観のちょっと書いてみます(2017年10月号原稿より) 
2017-10月号用-某寺院に描いた襖絵(蓮池図)より部分 平和とは灼熱の中の涼しい蓮池のような状態
某寺院に描いた襖絵(蓮池図)より部分(平和とは灼熱の中の涼しい蓮池のような状態)


平和を維持すること

 花火をあげるように北朝鮮がミサイルを何発も打ち上げ、テレビでは満面笑顔の金正恩が映し出されています。経済制裁一辺倒で、何の手立てもできずに苛立つ日本政府。
 現憲法下では強靭な戦闘力を持てない我が国は、平和国家として、中立を目指す為の自主的な外交は出来なくなっています。今回は、『平和』についてちょっと考えてみました。

 『平和』という何とも抽象的で魅力的な語は、世界中の温厚な人々の心を惑わしているようです。テレビ等で『平和にむけて』とか『平和の為に』というセリフを聞く時、私はよく心の中で、『平和ってあなたにとって何なの?』と突っ込んでいます。
 『平和』とは、その居場所や心持が穏かで心地よい状態のことをいうと思うのですが、その心持や状態を「維持する努力」とすると、その『平和』という私の認識からは、ほど遠い概念であると気付くのです。『平和』という状況とそれを維持することとは、もしかすると相反することなのかもしれません。
このことをしっかり整理し、考えてから『平和』について発言しないといけないと思うのです。

 『平和』は、「永遠の安寧」「灼熱の中の、涼しい池の上の蓮の上」などのようなイメージを持った仏教用語であると、何かに書いてありました。
 私たちは、ともすれば『平和』を、このような理想的な何かとして捉え、恒久的で争いのない社会を『平和』とし、祈り唱えれば得られる「ご褒美」のように捉えていないでしょうか。
 
 「世の中を平和にしよう」といった積極的平和を構築する場合は、貧困や抑圧された人や差別する人、される人が居ないことを一応前提として考えますが、大抵が特定の人間にとって都合の良い世界を目指すことになり、人のエゴも見え隠れします。
 また、人それぞれの幸福感の充実度と『平和』という状態は、必ずしも一致しないわけですから、ほとんどの国民が不幸であってもとりあえず、戦争のない時を、『平和な時』とすると、思考し安いのかもしれません。
 英語の「Peace」はラテン語の「Pax(パックス)」が語源であり、その意味は「戦争と戦争の間」「停戦期間」「武力による平和」「次の戦争のための準備期間」という現実的な状況の意味だそうで、仏教用語のそれとはだいぶニュアンスが違うようです。

 永世中立国スイスは、銃の保有率が世界4位、殺人率世界一八五位、平和度ランキング五位、核シェルター普及率 百%だそうです。
『平和』の本質を追究し『平和』を実現しているスイス人にとって『平和』とは、『戦争』のない状態に過ぎません。『戦争』を抑止するのは武力と戦闘力と愛国心による、高い戦争能力であるという本質を、スイスという国は見事に示してくれています。
 前の大戦でスイスはドイツ側、連合国側どちらにも付かず、中立を守るために戦った事実があります。
スイス空軍は、双方の領空侵犯機と戦い、なんと半数以上が撃墜されていたそうです。スイス空軍の多くの戦死者が、永世中立を守ったのです。
 平和を維持し、守ることとはこういうことかと気付かされます。


冊子原稿より | 14:10:44 | Trackback(0) | Comments(0)
藤野正観のちょっと書いてみます(2017年4月号原稿より) 
2017-4月号用 等伯56才の頃の作『 松林図 右隻』(東博・国宝)
等伯56才の頃の作『 松林図 右隻』(東博・国宝)


日曜美術館「等伯ダンギ」Ⅱ

 NHK-Eテレで放送された『日曜美術館-熱烈!傑作ダンギ 長谷川等伯』では、私の言いたかったことが編集でカットされ、スタジオで談議された方々の個性的な感想だけで終わりました。番組としてはそれで、けっこうおもしろかったので、それはそれで、談義として、よろしいのではと思っております。
 でも、せっかく、今年の正月休みを返上して、この番組の為に『等伯』を勉強したのですから、この機会に私なりの等伯自論をまとめておこうと思いました。
 スタジオのコシノヒロコ氏や『等伯』という小説で直木賞を受賞された作家の安倍龍太郎氏、空海と最澄を執筆中という漫画家のおかざき真里氏は、等伯の残した仕事を「作品」として観ておられ、その等伯の人間像を、現代の芸術作家と同じ線上で語っておられたように思います。
 正月の十日、番組中に流すビデオ取材の為に私の工房に来られ、三時間を費やし、私の感じた等伯像もいろいろお話をさせて頂いたのですが、ディレクターが採用された部分は、仏画という仕事の窮屈さを説明した部分、つまり、窮屈で自由度の少ない仏画制作を三十三歳まで「仕事」として描いていた等伯ですが、そのいろいろ制限のある仏画を、職業絵仏師では、まずしないこととして、向上心のある才能豊かな絵師らしい部分が見受けられる部分を私が指摘したのですが、それは、等伯の手による密教図像「十二天図」の台座の部分に特に描き込む必要のない龍が繊細に描かれている部分を映し出し、それに私の話す音声を被せて編集していました。このカットは視聴者に分かりやすく私の説明を旨く表現できていたと思います。

 番組制作ディレクターと、最初にお会いした時に「等伯の下積み時代」が「仏画を描いていた時代」と、表現された時にはちょっと抵抗があったのですが、番組は、あくまでも「等伯」が主人公ですから仕方ないとはいえ、せめて絵画としての仏画の持つ「清浄な精神性」ぐらいはナレーションで説明して欲しかったものです。

 で、正月に即席で集中勉強した私の「等伯自論」なんですが、等伯は、上洛後もしばらくは仏画制作を請け負い、通常はしないはずの「信春」という署名を画面に残こします。
しかし、その自己主張とは逆に、目立った秀作はありません。
 私からすれば、「何故、もっと仏画を極めようとしなかったのだろう?」がまず、素直に気になるところ。
 確かに能登の地方に居ては、受注する仏画の種類が少なかったのかもしれないし、手本となる優秀な仏画にも巡り合うことも無く、私が今、こだわっているような仏画という制限のある絵画の中に、崇高な芸術性を表現する機会も無かったのでしょう。
 京都に出て、流行の狩野派の仕事を手伝いながら、一から宮廷絵師としての装飾絵画の技量を身に着けた等伯は持ち前の器用さと出世欲で群を抜き名声を欲しいままにするのですが、やはり彼が人生後半に描いた作品を鑑賞する時、若い頃は、ただただ求められるまま淡々と描いていた仏画の制作でしたが、その頃は求めることのなかった崇高で仏教的な深い精神性を求めて創作していたことに気付かされるのです。


冊子原稿より | 13:50:46 | Trackback(0) | Comments(0)
北村富三という洋画家と私の関係・・・。
北村富蔵画-あいとこい-水彩色紙1949
北村富三画 「あいとこい」1949色紙水彩 父と母の結婚祝いに頂いた絵


日曜日の朝、妻が近々来客があるので、日頃物置状態になっている自宅の座敷の縁側を整理していたところ、「懐かしい絵が出てきたよ!」と前の庭を掃除する私に言いました。
その絵は、父と母が結婚する時にこの絵の作者から頂いた貴重な絵、時々思い出しては探すのですが見つからなかったのです。
久々のご対面です。

「あいとこい」・・・数十年前に、その作者の娘さんが企画して回顧展をされた時に貸し出した時に付けられたタイトルらしい。その額の中にその時の新聞記事やら略歴などが仕舞われています。
その絵は、色紙に水彩で描かれ、青い染付の大皿に並べた鮎と鯉の絵。私の生まれた時から家の座敷の天井と長押の間の壁に、肖像写真と同じ要領で掛けてありました。

そうそう、それともうひとつ、ボールキャンバスに描かれた渋い花瓶に入れた百合の油絵もありました。どこかにあるはずです。
そして、もうひとつ、「ミレーの晩鐘」を印刷した絵が、安物の額に入れて、同じく当時で築50年ぐらいの古い座敷の壁にありました。

今から思うと幼い私の絵心は、この三つの絵が育んでくれたような気がしています。

「あいとこい」は、北村富三という、私の故郷、今の東近江市宮荘町で生まれた洋画家の作品で、父と母の仲人をしてくれた人です。
その時にお祝いの品として頂いたと聞いています。
私の生まれる1年前の1949年に、32歳の父がシベリア抑留から解放され祖国に帰って来て、この北村氏が仲に入りすぐに10歳年下の母と結婚したことになります。
私は、その頃の詳しいことは知らないのですが、たぶん、後に会社を興すことになる絵描きになりたかった父の兄、藤野重蔵 繋がりだったのでしょう。私は、その1年後に生まれます。

『この北村富三という画家は、明治36年(1903)、現在の滋賀県東近江市宮荘町に生まれました。病弱で闘病生活を送っていましたが、23歳の時に京都に出て、寺松国太郎の門下生となり油彩画を基本から学びました。その後東京に出て、後に一水会を結成する二科会の安井曾太郎に師事し、堅実な写実的作風で認められました。戦禍が厳しくなり、昭和20年(1945)、東京から滋賀県に一家疎開。画家にとって厳しい時代でしたが、昭和31年(1956)、53歳の生涯を閉じるまで、常に画家として模索と研鑽を重ね、画の求道者として多くの作品を残しました。
生まれつき病弱な身体を持ちながら、自らの命を移行するかのように描き続けた富三の作品とその生涯にせまります。』(内容追加修正)
ということで、私の67歳の誕生日10月9日まで、東近江市近江商人博物館・中路融人記念館で開催されているようです。

この画家が、いくら良い絵を描いても貧乏のどん底で、ついには結核で死んでいったという現実を、近くで見ていた私の父は、長男の私の画家になりたいという17歳の激しい思いに、息子の将来を案じ真っ向から反対し、逆上したのです。
そのために、美術系の大学には行けないと、高校3年生の時には父を恨みましたが、結局、母の勧めで京都の叔父に紹介してもらった職業としての絵描き、堅実な職人絵描きとしてならいいだろうということで、やっと染織図案家の内弟子となることには目を瞑ってくれました。
いろいろあって仏絵師という職業に至るのですが、後に画家の道を猛反対した父親から、私を大学に行かせる為に貯めた資金600万円を、私が最初に買った家の資金の一部にしろとくれたことが、後々の仏絵師としての活動の本拠地となったのですから、父の想いとその三つの絵のパワーが形になったとも言えなくもないのです。

『百合』の絵もたぶん、その北村富三氏の描いた絵だと思われますが、無残にも、父が手持ちの額に納める為か、大き過ぎた為かわかりませんが、その描かれたボールキャンバスの上下左右をカットしています。
そのため、サインの部分が欠落しています。油絵の為にガラスでカバーされていませんので、その画面を何度か拭いたのでしょうか、ところどころ絵具が剥落していました・・・。 自宅か、工房、どちらかにあるはずです。そううち見つかると思います。

ミレーの『晩鐘』は、有名な名画ですので、皆さんご存知のはず。父が、どこかで気に入って買ってきたのでしょう。
フランスの田舎バルビゾンのじゃがいも畑で農作業をする夫婦が、教会から聞こえる夕刻のアンジェラスの鐘に合わせて祈りを捧げる様子が描かれています。幼い頃から18歳までずーっと生活の傍らにあった名画。
私は、本当は、今でも、このバルビゾン派の描く人と自然のおごそかで謙虚な関わりの表現が大好きなのです。
祈ることの美しさは、この絵で感じたのが最初かもしれません。




うだうだ | 11:15:10 | Trackback(0) | Comments(0)