FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ヘヴィメタ なかなかいいもんだ!

新しいアルバム「志国ノ師子」よりin the endo


一年ほど前に、当工房制作の仏画「摩利支天」を、新作音楽のCDジャケットに使いたいと、愛媛でバンド活動をするSAYURIのメンバーの克俊氏より連絡があり、許可しました。
どんな音楽活動をされているのだろうと興味深々、検索してみますと、何とヘヴィメタ!http://www.sayurijapan.com/

私は、70年代、弟子時代の若いころ、重厚な音が好きな時もあり、なけなしの小遣いをはたいて「イエス」とか「ピンク・フロイド」という・・・、そうそう、あの頃は、プログレッシブロックと言っていました。
そのLPアルバムを買って聞いていましたし、私の心のOldiesコレクションの中にも入っています。
でも、最近聞くのは、ほとんど少年期~高校時代のテレビやラジオで流れていた懐かしいOldies。
音楽ファイルをネットから拾い、iphoneに入れて聞いています。
良い時代です。
あの頃、買えなかった曲も、初めて聞く懐かしい曲も手に入ります。しかもただで。
工房への往復路、車の中は、あの頃の空気に満ち溢れ、私の魂はあの頃に浮遊するのです。

ヘヴィメタは、1980年頃からの音だったと思います。イギリスから派生したダークな世界観を表現。ギターとドラムで重厚な音を出していましたが、悪魔的化粧や刺青をし、素肌に革ジャンを着たお兄さんが舌をペロペロだして演奏していた印象があります。

今回のジャケットに摩利支天の図像を使いたいと言ってきたその愛媛のバンド、「SAYURI」は、そのヘヴィなロックバンドでした。
和太鼓も加え、独特の音を出していました。その完成したアルバムは数日前に、前のアルバムと共に送られて来ました。
さっそく、iphoneに入れて、工房への往き帰りの車の中のBluetoothで繋いだスピーカーで、大音響で聞いております。
信号で止まっていると、隣りに止まったバイクの人が車の中をチラッと見ます。
運転しているのが、白髪頭に白いお髭の爺さんなので、さぞかし、ビックリしたことでしょう。

CD.jpg

完成度の高い音です。特に、8番目に収録された「別離ノ覚悟」、好きです。
アルバム全てが美しい英語の歌詞で、サウンドのまとまりと迫力もバランスも素晴らしく、しばらくは、私の車の中は、ダークな世界になりそうです。
 


音楽 | 09:55:30 | Trackback(0) | Comments(0)
今日から、また老いた夫婦二人だけの生活が始まります・・・・。
2018-08-01from TRONT
エアカナダの食事が合わないからと、伊丹空港で買っていった柿の葉すしを食べるのかな


6月4日より昨日7月31日まで帰省していた、長女とその子供たちが、昨日の午後3時、半日休暇をとり大阪から直接空港に来た長男家族と我々夫婦に送られ、大阪国際(伊丹)空港を飛び立ち羽田国際空港からエアカナダで飛び、先ほどカナダのトロントに着いたようです。 写真付きラインで知らせて来ました。

あと一時間ほどでワシントンのレーガンナショナル国際空港に向かい、現地時間の22:30(日本時間10:30)に到着するそうです。
そこに先に帰った旦那が車で迎えに来ていますので30分~40分で家に到着ということになります。
日本時間では、今日の11時~12時に自宅に到着することになります。
京都の私の自宅を車で送って出たのが、昨日の11時ですから、京都の家からワシントンの家までの所要時間は24時間必要ということになります。
たぶん、長女は、たくさんの日本食の詰め込み荷物と幼い子供二人を抱えて、くたくただと思いますが、ご苦労さん!

で、私の家はといいますと、嵐の後・・・・。
子供たちの服が忘れて洗濯物に混ざっていたり、放してあげましたが、カブトムシの籠がそのままだったり、食べ散らかした食事の後など、まだ、孫たちがどこかの部屋に居るような気配がしています。
昨晩は、さすがの妻も、夕食後ソファーで爆睡して、その長い孫たちの滞在期間の疲れを癒していました。

今日から、また老いた夫婦二人だけの生活が始まります・・・・。

いや、今年からは、大阪から長男家族が一歳になった孫を抱え、毎土曜日来てくれることになっていますので、二人だけの生活といった寂しいものではありません。
家族皆、無事に生かされていることに、感謝せねばなりません。



うだうだ | 09:44:30 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad