FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

いろいろ思い出しています
ジープと楽詩舎の看板
大原野北春日時代の工房と、今は朽ち果てた手作り看板(2003年頃)


年頭に今年こそ仏画の本を作ろうと、意気込んでいたのですが、「はじめに」の序文を書き始めてもう3か月が過ぎようとしています。
どんな紙の本にするかは、だいたいイメージが固まりつつあるのですが、やはり、仏画工房・楽詩舎の備忘録的な本になりそうです。
文章を書くのは早い方だったのですが、最近、年のせいか集中力に欠け、思考があちこちバラバラになってしまいます。
キーボードもなんだかうまく打てなくなっています。左右の人差し指二本での入力は、よく他のキーにひっかかるのです。
年のせいかな・・・?いや、これはやはり、キーボードが古いせいかもしれません。またアマゾンでポチらないといけません。
書き始めると、乗ってるときはスムーズに書けるのですが、あれもこれもと、書きたいことが次から次へと頭に浮かんできます。
とりあえず、思いついたことを書きなぐっているのですが、仏画工房・楽詩舎の初期から今までの出来事・・・。いっぱいあります。
楽詩舎の名前の由来は、当時、工房にしていた自宅に大きな柿の木があったので柿が落ちる舎ということで嵯峨の「落柿舎」の音に倣ったわけです。
やはり仕事を楽しくしたいということから、いつも楽しい詩が生まれるような、そんなイメージでつけたのです。
昔を振り返えろうとしますと、楽しかったことはほとんど頭に浮かばず、「楽」の字からは程遠い、苦しかったことや辛かったこと、眠れなかったこと等が思い出されます。
仏画がうまく描けなくて悩むというより、その原因のほとんどが、弟子として向かい入れた若者の「人としての業」との付き合いだったように思います。
心変わりや気づきで辞める人は仕方ないとしても、私から辞めろと言って辞めさせたのが4人。そして、志半ばで泣く泣く辞めなくてはならなくなった弟子が6人ほど・・・。その一人一人の顔が浮かんできます。
そして、私にはその若者の苦しみが、未だに理解できず、また自分の内で処理出来ずに心の奥にひっかかっています。
志をあきらめ、中途で辞める弟子の気持ちは、私には経験がないので、わかりません。
私の弟子生活の中で辞めたいと思ったことが一度もなかったし、仕事も来るものはすべて引き受けてきました。ただ、ただ、突っ走て来たように思います。
だから、辞めた彼らを理解できないのかもしれません。
途中で辞めた人は、とうの昔に忘れているのかもしれませんが、彼らに真剣に向かい合ってきた私はその時の弟子の疲れた様子を忘れていません。
この本に書くかどうかは、まだわかりませんが、仏画工房・楽詩舎の歴史を振り返る時、今もこうして思い出しています。
このまま、墓場まで持って行くのか・・・、私も年のせいか、今頃になって疲れが出てきたようです。
今度は、私の辞める番かもしれません。ホームページにも今年から弟子は募集しないことを宣言しました。
弟子やスタッフを受け入れないということ。これは、このまま行きますと今までの形態での「仏画工房・楽詩舎」が、近い将来、幕を閉じることを意味します。
仏画工房 楽詩舎を立ち上げた時に自分で作った杉板の表札と案内看板。これが、自然に朽ち果てる頃までこの仕事を続けよう。これが当初の目的でしたから、二つの手作り看板のうち、一つはもうとうの昔に朽ち果てていますし、今の仏画館の外に吊るしてあった道しるべの看板も紐をひっかける穴が風化する寸前で、今いる弟子が育つまでもう少し続けようか・・・と、去年、現在の工房のある仏画館の玄関の中に吊るしています。
こんなことから、いろいろ思い出に耽りながら執筆していますので、最初で最後の出版になる「本」の序文に、あれこれ手間取っているのです。

うだうだ | 10:55:09 | Trackback(0) | Comments(0)