FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

祇園
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」と『平家物語』の冒頭にあるように、この祇園精舎は、北インドでお生まれになったお釈迦様が、クシナガルで覚りを開いた後、サルナート(鹿野苑)、マガタ(竹林精舎)、そして、コーサラ(祇園精舍)と、順に仏法を説いて旅を続けられ、その中でも、雨季のため、一番長く安居(滞在)し、衆生に説法された場所が祇園精舍なのである。

伝承によれば、コーサラ・舎衛城(しゃえじょう)の長者・スダッタ(給孤独・ぎっこどく)が、帰依(きえ)したお釈迦様に僧院を寄進しようと、その土地を捜した。
そしてジェータ(祇陀・ぎだ)太子の所有する土地が理想の場所であると定めた。ところが、太子はその土地を長者に譲ろうとしないばかりか、たとえ金貨を大地に敷しきつめてもここを譲らぬ、というのである。
それを聞いたコーサラの大金持ちの長者スダッタが、この土地に実際に金貨を敷き始めると、太子は、彼のお釈迦様に対する帰依の深さに感銘を受け、その土地の喜捨(きしゃ)を申し出たのである。そればかりか、僧院の建築に必要な材木(祇樹・ぎじゅ)をも寄進し、ここに、太子と長者が共同でお釈迦様に捧げた精舎(説法する場所=お寺)が、建立されたのである。
お釈迦様は、この祇園精舍で、二十五回もの説法を行ったといわれている。

阿弥陀経をはじめとする、多くの人々を救うための法が説かれたこの精舎は祇陀太子と給孤独長者の徳を偲び、二人の名前にちなんで「祇樹給孤独園精舎」(ぎじゅきっこどくおんしょうじゃ)縮めて祇園精舎(ちょっと無理があるような・・・)と、呼ばれたのである。
京都の八坂神社は、明治四年の神仏分離令までは、この祇園精舎の名を取って祇園感神院と呼ばれる比叡山延暦寺の別院であった。
それが八坂神社と改名されたが、その祭礼は祇園祭と呼ばれてその名を残し、その門前町が祇園として残ったのである。
今では、その祭りや街の名前だけが、京都を代表するものとして残っている。
関連記事


うんちくひけらかし | 08:47:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する