FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

twitter を再開
最近、ふとしたことから、twitter を再開した。
昨年の今頃だったか、登録はしたものの、何が便利なのか、何が良いのか理解できなかった。

このブログの投稿記事の下にもいつの頃からか「ツイートするボタン」ができたが、自分のホームページに、フォローボタン等を貼り付けることで、私の疑問が吹っ切れた。

この作業をしないと、ツイート内容が検索可能にはなるが、おおむね、ただただ友人同士で短いメールのやり取りをするようなことにしかならない・・・。

あくまでも読まれることを念頭においた受け狙いの独り言を、フォロー(追跡閲覧)してくれている友人に伝える・・・といった、見られたい、聞かれたい、といった誰にでも潜在的にある心理をくすぐる。

そもそも、英語の「tweet」は、「小鳥のさえずり」といった意味の語である。ちなみに「twitter」という語も、小鳥がちゅんちゅん鳴く、さえずる、といった意味があるそうだ。
日本語版のサービスでは、当初「つぶやき」と表現されていたが、2009年の後半頃からは「ツイート」の表記が正式に用いられているようだ。

ということは、本来なら小鳥のさえずりのような心地よいツイートが理想なのだろう。

では、私がこの twitter になぜ興味を示したかというと、自分のその時の気分や思い、それとその時の心境等気軽にiphone等から書き留めることができることに尽きる。

他人のことはわかるが、自分のことは客観的にはわからない・・・。
記事の修正はできないが削除はできるそうだが、記事を自分で削除しない限りこのツイッターは、生身の自分を映し出す。
自分の正体が見えてくる気がする。

また、当然ながら、私のツイートにフォローしてくれる誰かが少しずつでも増えて、その中でもニコッと笑ってうなずいていてくれている人が居ることを少なからず期待している私もいるのだから、おもしろい。

楽しかった事や興味のあること、怒っていること、そういった自分の「魂」に共感してくれる誰かと繋がっていたいのだ。
魂などとわけの分からない表現をしたのは、自分が心地よく感じたり数多い音楽の中からの自分の好みなどには理由がないからだ。
こういったものはもともとDNAに組み込まれているか「魂論」でしか語れないだけに共感できる誰か(同じ種類の魂)を求めてしまうのかもしれない。

ブログでは、長々と書いてしまう癖がある私にとって、140文字以内で自分の思いを綴ることはむずかしいことではあるが、例えばこのブログをリンクして、ブログのタイトルと共にリンクツイートすることも可能なので、短いメッセージと言えども、なかなか便利な意思伝達アイテムとなった。

いまのところ、このブログと同じように、「私のうだうだ」と「私のご意見」をメインに、「私自身がブッダの真理の言葉を親しみやすいように現代語にアレンジしたもの」「私の好きなOldies動画の紹介」「私の好きな格言」「私の気になるニュースやツイートのリツイート」等、仕事の合間にまめに発信しようと思っている。
61歳のジジィという厄介な世代に片足をつっこんだでしまった仏絵師が、日頃何を思い、何を感じているのか興味をお感じの方は、twitter にアカウントを登録してぜひ、フォローして欲しい。m(__)m
関連記事


うだうだ | 13:51:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する