FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

西国三十三所観音霊場『平成の東北出開帳』お前立ち御影について
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/120125/wlf12012519050018-n1.htm
サンケイMSNニュースに平成の東北出開帳の記事があります。

ご挨拶
昨年3月11日の東日本大震災の復興を祈願し「平成の東北出開帳」が行われるに当たり、御影のお軸をお前立ちとして出開帳されるとのこと、感慨無量の境地でおります。
と、いいますのも、この出開帳のご本尊は、2008年の居開帳を機に、札所会のご依頼で描かせて頂いたカラー御影の原画をデジタル技術で大きく拡大してお軸にされたものとお聞きしております。
この御影は、私が仏画を生業にするきっかけを作って頂いた西国の観音様たちですので、その感謝とお礼の意味を込めて、当時の全ての仕事をキャンセルもしくは、後回しにさせて頂き、2006年秋から2008年3月にかけて、全力で描かせて頂いたものです。

三十三ヶ寺全ご本尊の資料を頂き、カラー御影(縦13センチ、横8センチ)の為に描かせて頂いた御影ですので原画のサイズは、縦約100cm、横約40cm。
今回の出開帳の為のお前立ちご本尊は、襖より大きいサイズと聞いております。
小さなカラー御影の為の原画ですから、大きく引き伸ばされた御影はどんなことになっているのか筆者としては気になるところですが、札所会がお前立ちとしてお認めになって頂いたということに、改めて感じ入っている次第です。

西国とは遠く離れた東北地方をはじめ、近隣にお住まいの御一人でも多くの方々が、私の描かせて頂いた観音さまを通じて、西国のご本尊様とご結縁され、多くの被災者の傷ついた心の救いとなれば、私の仏画人生においてこれ以上の喜びはないと思っております。 

合掌           御影筆者  仏絵師 藤野正観


※上の画像はhttp://sankei.jp.msn.comより転用しています。

※お前立ち御影のお披露目記事として、京都新聞(2012年2月17日付け)の記事がありました。
御影
関連記事


告知 | 19:27:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する