FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

83歳の母が入院
昨日、昼ごろ妹から工房に電話。
「妹」といっても、60前のおばさんである。孫も二人居るので、りっぱなバァさんでもある。
彼女から電話がかかってくると、あまり良い内容ではない。必ず母の様子、しかも悪い様子の知らせなのだ。
昨日の電話も例に漏れず、良い知らせではなかった。

 1人暮らしの母が、寒くて身体の震えが止まらないと電話をしてきたらしい。
母も急を要する時は、妹に電話をすることにしている。
妹は、母の住む実家から車で10分~15分ぐらいのところに嫁ぎ、1人住まいの母の様子をまめに見てくれている。
京都に住む長男の私は、彼女の存在のおかげで母の1人暮らしを容認できているのだ。

 体温を測ると39.5度とびっくりするぐらいの高熱。慌てて近くの町医者に連れて行くと、急な発熱から、膀胱炎か尿道炎かもしれないと判断。
いつもお世話になっている湖東記念病院へ搬送する為に救急車を呼んでくれたとか・・・。

 湖東記念病院の検査では、やはり尿がかなり濁っているので、緊急入院となった。
「年寄りなので、予断を許さない」とのこと。
にわかに、孫2人と暮らすことになって、時差ぼけから夜中に起き出す孫たちの影響で寝不足気味のうえ、土曜日の浜松長距離往復運転で疲労も残る老体に鞭打ち、1時頃工房を出て自宅に戻り、車を変えて病院に急行した。
私が病院に駆けつけた時には、既に2時45分。

 病室で点滴に繋がれ妹に寄り添われた母は、うつろな眼差しで私を確認したとたん、尿意を訴えた。
介護士に手助けしてもらいながら自分で車椅子に乗り、用を足しに行ったが、病室に帰ってくると、また直ぐに眠りに堕ちた。
しばらくすると、いつもの狭心症の発作だろうか、胸が苦しいのでニトロをくれと、聞こえるか聞こえない声で言う。
介護士に聞いて、いつも世話になっているニトロを口に含むが、まだ苦しいと言う。
「もうひとつくれ・・・。」と言う。心電図を記録していた介護士が担当医に電話をして聞いてくれると、許可が出たらしく、もう一錠口に含ませてくれた。

 母は、発作が起きた時には、1人で判断して効くまでニトロを口に入れるのだろう・・・。
一錠で効かなかったらもう一錠・・・といった具合に・・・。妹と顔を見合わせ「しょうがないね・・・。」とお互い口に出さなかったが、同じように思った。

 気持ちの上で楽になったのか、ニトロが効いたのか、ちょっと苦しそうにしていたのが落ち着いてきたので、起き上がりたいという。
半身を起こし、肩や首筋を揉んでみた。まだちょっと熱が残っているのか熱が伝わってくる。やはりそのせいか寒いらしく、また横になりたいというので、身体に布団を掛けた。

 そのうち、やっと母の顔に安堵の表情が見受けられ、また眠りに堕ちた。
その後、担当医から説明を受け、腎盂全なので、抗生剤の投与の後、電解水?(スポーツ飲料のようなものらしい)を点滴し、この後様子を見ながら治療したいとの意向を聞いた。

ということで、母は、約2週間ほど入院しなければならないことになったが、回復に向かっている様子を確認した私は、病院近くに住む妹を残し、6時過ぎに病院を出て自宅に向かった。

今朝、病院に行って母の様子を見て来た妹から電話があった。
血液検査の結果も、やはり白血球が異常に多いらしく、血液に菌が廻っているとのことだが、母自身は、朝食も「重湯」をとり、徐々に元気を取り戻しているそうだ。
妹も、今日は、母を病院に任せ、家業の仕事をすると言っていた。
午後からは、私と同じく時差ぼけ孫の世話で疲れ気味の我が妻が、母の様子を見に行くことになっている。

※追記
見舞いに行った妻の報告では、病院に到着時には、すでにいつもの母に戻っていたそうで、そこそこ元気に話をしていたそうで、まずは、一安心。
関連記事


うだうだ | 10:50:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する