FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

安倍総裁、尖閣公務員常駐先送り 中国へ特使派遣検討
2012/12/22 11:43 【共同通信】 記者団の質問に答える自民党の安倍総裁=22日午前、山口県長門市


 自民党の安倍晋三総裁は22日、沖縄・尖閣諸島の実効支配を強化するため現地に公務員を常駐させるとした衆院選公約の実施を、当面先送りする方針を固めた。反発が予想される中国に配慮したためで、政権発足後には特使の派遣も検討する。対中柔軟姿勢で、尖閣国有化をめぐり悪化した日中関係の改善に取り組む意向だ。
 ただ「竹島の日」式典の政府主催見送りに続く後退で、保守層から公約違反との指摘も出そうだ。
安倍氏は22日午前、訪問先の山口県長門市で記者団に「日中関係は極めて重要な2国間関係の一つだ。戦略的互恵関係の原点に戻れるように努力していきたい」と強調。

とのニュースを、昨日ニュース好きの妻から聞いた。

えぇ~! 早くも公約違反かぁ・・・・!?

今も、毎朝聞いているFMラジオ「アルファステーション」のDJ佐藤弘樹氏が言っています。
新しい中国政府が尖閣諸島の平和的有り様を提案しているとのこと。

11月中旬に発足した中国の習近平指導部が、尖閣諸島周辺の領海や領空の侵犯、接近を続けている。
こうした中、習指導部に近い学者が北京で行われたフォーラムで「日中両国による同諸島の交互巡回体制の構築」を提案し、注目を集めたという。

習指導部は一連の言動で明日発足の安倍政権に圧力をかけ、「尖閣諸島の共同支配」を認めさせようと企てているようです。

上海の復旦大学国際問題研究院の沈丁立副院長さん曰く、「飛行機を使って相手の飛行機を追い払えば、接触して武力衝突に発展する可能性がある」と懸念を示した上で、「できれば時間と空間をずらした方がよい」「一方の船が現場に到達した際、もう一方の船はすでにいない状態が理想」と主張。
例えば奇数日は日本、偶数日は中国という形で、交互に巡回することを平和への打開策としてさも良い提案のようにほざいたそうです。

交互に管理するといった平和的打開策だそうですが、おっとどっこい、口車に乗ってはいけません。

習新指導部は、中国の公船による同諸島周辺の巡回を日本に黙認させることに照準を定めはじめたようですが、阿部さん、気をつけてください。

開いた口が塞がらないとはこのことで、中国人の神経ってどうなってるの? しかし、韓国にせよ中国にせよ、とんでもない隣人と関わらなければならないこの日本の不幸は何とかならないものか・・・。

しかし、安倍さんは正直な人ですなぁ・・・。

対中国カードとして、現実として温存しておくならば公務員常駐見送りをあえて明言する必要があったのでしょうか・・・。

明確なことを何も言わないことも外交術の一つやと思うのですが・・・。
関連記事


新聞原稿より | 09:23:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する