FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

5、検査結果説明と今後の治療方針
桂病院呼吸器センター、3時の予約が結局、4時に受診。風邪の為かしんどい。
念の為、体温を測ってもらうと、38.1度。
熱があった為、レントゲンと血液検査を受けてから受診をしました。

苦しい思いをして、しかも1週間も入院して受けた気管支鏡検査病理検査の結果は、一応「癌の疑いは無し」。
でも、腫瘍の周囲しか採取できなかったとのことで、腫瘍中心部の中を取れば確実なのですが、西村知子Dr曰く、「まだ、疑いを残します・・・。」と言われました。腫瘍がなかなか難しい位置で、採取しにくかったことや、私の心臓が不整脈だったことから、しつこくできなかったようです。

PET検査の画像では、問題の肺の腫瘍部分は活動中を示すような、すごく明るく光っていることはなく、陰性に近い光り方でした。
それよりも明るく写っていた前立腺が気になるところですが、この前立腺がんの疑いを確定する基準として非常に優れた検査として知られるPSA数値を知るために、採血の検査項目を増やして頂きました。
前立腺がんは、肺癌とは別もので、肺癌から転移ということは考えられないとの事です。もし、前立腺がんとするなら、原発性の癌だそうです。

肺にある癌らしき腫瘍は、それ以外に転移しているような気配は無く、転移もありませんし、当てにならないとはいえ、肺癌腫瘍マーカーも陰性とのことでした。

つまり、CTには、それらしい形がくっきり写っているには写っているのですが、それはレントゲンには写っていないし、気管支鏡検査でも陰性、PET-CT検査でも光り方が鈍いためと転移が無いことからほぼ陰性、腫瘍マーカーも陰性・・・・。
それなら、肺癌ではないので、「おめでとうございました!」にはならないのでしょうか? 

肺癌検診でレントゲン検査を受けている方は多いと思うのですが、レントゲンは小さな癌は写らないのだそうです。つまり初期の初期の癌はレントゲンでは見つけにくいのだそうです。
これでは、検診を受けても早期発見できませんね。

私の場合は、たった一つの疑わしき画像で、胸腔鏡下で手術をして、細胞を直接採取し、それの病理検査をしながら、悪性なら切除手術をするという、その手術をするかしないかの決めてになるのです。
CTで写った画像が、経験を積んで、癌細胞を見慣れた医師にとっては癌細胞そのものなのだそうです。形が悪いそうです・・・。

西村Drは、「もし、これが私の母なら、手術を勧めます。」とのお言葉に、あぁ・・・やっぱり手術か・・。
「先生、もし、私が手術をしないと決めたら、どうなりますか?」
「2ヵ月後に再度CTを撮り、その腫瘍が大きくなっていたらもちろんですが、同じ大きさでも手術を勧めます。ただ・・・、実はその2ヶ月が曲者で、運が悪ければ、その腫瘍が癌ならば、2ヶ月を待たずに急に増殖をはじめることもあるんです・・・。でも、母がそう望むのなら、無理に手術を勧めません・・・。」と、30歳を過ぎたばかりの呼吸器内科の美しい女医さんは、一人の母を持つ娘さんというお立場から本音でお話してくれました。
さぁ、担当医は、私に決心を促しています。どうしましょう・・・。

関連記事


肺癌 | 14:02:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する