FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

12、術後一週間、ドレーンをはずすまでのまとめ
4月25日(木) 
午前11時ごろ、個室へ移動。一睡もできなかった感じでクタクタ。  
左手に抗生剤と痛み止めの点滴。ドレーン管挿入中。
午後6時頃、やっと術後24時間経過。
術後一番辛い時期だそうです。寺田Drや合地Drが様子を見に来てくれます。
夜は導眠剤を貰って、なんとか眠ることができましたが、よく覚えていません。
個室ですので、リカバリー室の時よりは、かなりリラックスしています。

4月26日(金)
左手に抗生剤と痛み止めの点滴。ドレイ管挿入したまま過ごす。リハビリ一時間。
6時間おきの痛み止め(ロキソプロフェイン錠60mg)と咳止め(メジコン錠15mg)で維持。
寝る前に、胸がヒューヒューいうので、合地先生にお願いし、気管支を広げるための貼り薬(ホクナリンテープ2mg)を貰う。24時間毎に貼り変える。
弟子より曼荼羅の木枠に絹を貼り、ドーサまで塗ったと連絡あり。
朝、昼飯ほぼ完食 夕食は、量が多く残す。バナナやゼリーは食す。

4月27日(土)    
あまり眠れていないが、体調はそこそこ。
朝、自分で頭を洗う。左手の点滴をはずしてもらい、1人で着替える。
朝食は、ほぼ完食。プリンを食す。ドレイを引っ張りながら、A棟4階内を自分でリハビリ歩行。
術後初めての排便。
手術前の大部屋のT氏とY氏に挨拶に行く。 妹に元気であることを自分で電話をする。
ちょっと、調子が良いのでPCを取り出し、思い出しまとめをはじめる。
夜、1時間ごとに目が覚める。夜中の3時に痛み止めを飲む。胸に気管支を広げる貼り薬ホクナリンテープを貼ってあるので、喘息のようなヒュルヒュル音はなくなり快調。
曼荼羅の下図のデータを確認するため明日弟子に来て貰い、数時間作業をする予定。 

4月28日(日)
5時には目が覚め窓のカーテンを開ける。早朝の陽光とちょっと冷たい爽やかな風を感じます。
すこぶる調子が良い。あとはドレーンを抜くだけだが、合地先生は本日お休みなので、後日、寺田先生と相談して決めるそうだ。
朝、自主トレ、リハビリ約800m歩く。午後、浜松から義理の妹夫妻がお見舞いに来てくれる。
2時ごろ、弟子が仕事の打ち合わせに来る。明日、予定通り曼荼羅の白描下図を完成できそうで一安心。

4月29日(月)
朝、自主トレ、リハビリ5周 500m
10時45分 合地先生 ドレーンの管の流れをはさみで止めて様子を見ることになる。
レントゲンを撮って、具合がよければ明日ドレーンを抜くそうだ。   
量の多い食事も完食できた。 昼、新入り弟子が自転車で様子を見に来る。

4月30日(火)
朝、自主トレ 800m歩く
11時30分ごろ、合地先生によるドレーン外し(麻酔2回)縫い合わせ作業。 一気に爽快になる。
午後、自主トレ 700m
リカバリー室でお隣さんだったIさんと一緒に歩きました。私にあまり痛みがないのを不思議がっていましたが、彼女はたまたま私と同じ年の独身女性でした。
リカバリー室での様子を良く覚えていて、話が弾みました。ベッドの上げ下げをして気を紛らわせている私が羨ましかったそうで、自分は体を動かすなどと発想できないほど痛かったと告白。今も切った方を腕で押さえながら弱弱しい足取りでリハビリ歩行をしています。

リハビリ歩行中、元主治医西村知子内科医と遭遇しました。
笑顔の西村Drはリハビリ歩行に付き合ってくれました。彼女と歩きながら話をしました。
「先生のおかげで手術をし、どうやらラッキーだったようです。」と感謝を伝えました。
彼女は、喜んでくれました。やっぱり若くて頭の切れる美人女医さんという感じですが、相変わらずマスクで顔の半分は隠れています・・・。
西村Drは、自分の担当から離れた私のカルテをチェックしていてくれたようで、「また、お部屋まで行きます。」と言ってその場を離れました。
この日は、寺田Drも病室に来てくれて、けっこう長い時間、雑談を含め、おしゃべりをしました。
採取した各部細胞の病理検査で、もし、リンパに散っていたらガチンコ抗がん剤。散っていなくても、再発予防用の抗がん剤を飲むこともあるということを聞きました。

夜の食事時に右上奥歯2本目の歯が大きな音をたてて割れました。
ちょうど妻が、仕事の用件で工房に戻ったところだったので、着替えの作務衣を持ってきてもらい、近所の「浅井歯科」に寄って、事情を説明し予約を入れてもらい、私は看護士詰め所で、外出許可を貰いました。
7時10分~8時頃まで外出。
浅井歯科には7時30分着で、レントゲン、麻酔で割れた歯を抜き取り、セメントで応急処置。神経が見えていなかったので、それが可能だっのだが、8日退院後また電話予約をして、院長先生の予約をとることになりました。たぶん、「かぶせ」でなんとかなるとのことで一安心です。
手術以降、ストレスが最高潮になりギシギシと歯軋りをして、右上奥歯にひびが入っていたのだと思います・・・。
関連記事


肺癌 | 22:27:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する