FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

日中戦争時代の武士道精神
最近の私は、書籍を町の本屋で買うことがなくなった。ここ数年はアマゾンで買っている。古本もネットで買っている。年間20万円はくだらない。
町から本屋がなくなるはずだ。ネットで検索すれば、あっという間に求める書籍が出てくるのだから、わざわざ町に出て探し回って買う必要がないわけで、電子書籍などダウンロードするだけなので格安で手に入ることになる。

電子化すると劣化もなく、これもまた私の蔵書で、「どこにしまったかなぁ・・・」などと時間をかけて探し回らなくても、端末(PCや電子書籍専用のタブレット等)の検索で今、必要とする書籍があっという間に見つかるわけだ。

そんな便利な時代の中、アマゾンは、もっとすごい、私の興味をそそる書籍や映画など、毎日のようにメールで知らせて来る。
以前に買った書籍や映画、音楽等をデータにし、同じテーマや似たテーマで集めた情報を紹介してくれるわけだ。
本屋で、新刊や古本に詳しい店員が、「その本をお買い求めなら、こんな本もありますよ」と親切に教えてくれる。それなのだ。
いやぁ、ほんとに参ってしまう。

で、先日そのアマゾンより「こんな本ありますけど・・・」として届いたメールの中に、「一目でわかる日中戦争時代の武士道精神」という本の紹介が届いた。

前も書いたが、従軍慰安婦問題での韓国からの侮辱。南京大虐殺での中国からの侮辱など、私の父親世代が、戦争とはいえ、やるはずのない蛮行を、さもあったかのごとく政治利用している中韓の嘘に、いいようのない怒りと論破できない悔しさに、地団駄を踏んでいた私にとって、「これはもしかして・・」と思わずクリック。
翌日には届くので、次の日にはもう読み終えていた。
この「一目でわかる日中戦争時代の武士道精神」は水間政憲氏が書いた本で、戦中の新聞やアサヒグラフの写真を元に戦後のGHQを通して朝日や毎日の作り上げた歴史の嘘を暴いている。
彼の言う「写真は嘘をつかない」と一概に言いきれないとは思うが、史実の一部である事は間違いがない。一日もあればすぐ読める。
大東亜戦争に召集され、我々子孫の為に命を懸けた私たちの親やおじいちゃんの世代が、武士道や道徳教育に裏打ちされた「りっぱな大人の男」だったことを再認識し、長年刷り込まれた自虐史観を終焉させたい方、ぜひ、お読み下さい。
関連記事


ご紹介 | 09:42:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する