FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

20、術後100日目の検診 結果良好!
今日は、肺癌の胸腔鏡手術を受けて、ちょうど100日目。検診日。
2週間前から、体の調子が良くなってきたので、癌予防薬UFT(ユーエフティ)を服用している。
血液検査とレントゲンを受けた。
副作用で、どこかに影響が出ていないかチェックということだ。
数日前から、咳も完全に止まり,すこぶる元気が良い。
猛暑日の中なので毎日とまでいかないが、自転車にも乗り始めた。
前の日曜日には自宅まで自転車で帰った。ほぼ半年ぶり・・・いや、8ヶ月ぶりぐらいか。
痛み止めや咳止めとして、トラムセットを一日に朝晩1錠づつ服用していたが、今日から朝だけにしてみることになった。
肺の能力は落ちたものの、回復したと言っても良いと思っている。

前の土曜日、仏画教室に生徒が誰も来なかったので、開始の1時を30分まで待って、工房に帰った。
仏画教室を始めた10年間で初めてのことだった。

で、その日、時間があったので、リハビリを兼ねて、自転車に乗った。
工房を出発し、嵯峨の街中を通過、天龍寺の蓮池で花の開花度チェックをし、嵐山の渡月橋を渡って桂川の南岸の自転車道を通り工房に向かっていた。
その時、愛犬を連れた知人と久々に遭遇した。
「お久しぶりです。お元気でしたか?」と聞いてきた彼に、「お久しぶりです。いやいや、それが大変でした・・・」と、流れ落ちる汗を拭いながら、最近肺がんの手術を受けたことを話した。
15分ほどのお話の中で力説した彼の勧めで、その日から枇杷の種や葉を煎じて飲むことになった。
散歩から帰った彼は、すぐさま、家にある枇杷の樹から太陽の光を十分吸収した大きな濃い緑の葉を選んで採り、工房まで届けてくれた。
彼の帰った後、改めて枇杷の効能をネットで調べると、なにやら凄いことが書いてあった。

また、アマゾンで、東城百合子という方の書いた「薬草の自然療法」という本も買って読んだ。

■びわは、昔から魔法の木
-------------------------
なんと3千年も昔から、涅槃経(ねはんきょう)などインドの古い仏典の中に、びわは大変優れた薬効を持ち生きとし生けるものの万病を治す植物として登場します。びわの樹は「大薬王樹」、びわの葉は全ての憂いを取り除く「無優扇」と名付けられていたことからも、その癒しの力の絶大さが、すでにこの頃からあまねく知られていたことがうかがわれます。
日本でも古くは奈良時代、天平2年に光明皇后がつくられた「施薬院」、これは貧しい人々や病気の人々の救済施設ですが、そこでびわの葉の療法がもう行われていたのです。
この古い療法は、びわの葉を焦げない程度にあぶって、2枚あわせて両手で10回ほどすり、1枚ずつ手に持って熱いうちに患部を摩擦するという、素朴なやり方だったようです。それ以来、全国のお寺にはびわの木が植えられ、難病に悩む衆生を治療してきたのです。
 
■ガンさえも治るびわの葉療法の威力
----------------------------------
びわの葉には、ブドウ糖、蔗糖、果糖などいろいろな成分が含まれていますが、その中のアミグダリンという物質が薬効成分なのです。そしてこのアミグダリンが、ビタミンB17になるのです。
ガンに画期的な効果があるとして、今、国際的に脚光を浴びているこのビタミンB17こそ、びわの葉の驚くべき効果の主役でもあるのです。
このビタミンB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やガン細胞も治してしまうほどの力を発揮します。
そのため、びわ葉温灸療法で、もぐさと共に圧力を加えて血行を促すと、酸素を補給すると共に血液を浄化してくれます。汚れた酸性の血液は、あらゆる病気の原因とも言われますが、ビタミンB17はこの酸性血液を、健康な体の持つ弱アルカリ性の血液に浄化する働きがあることが、すでに証明されています。
 
 
自然療法の参考書として有名な本だそうです。読んで損はないようです。

と、いうことで、枇杷の葉茶のおかげか、私自身の自然治癒力のおかげか、今日の血液検査の結果も良好!

今日は爽やかな風が吹いて気持ち良い。自転車で帰ろかな~。
関連記事


肺癌 | 17:13:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する