FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
SAMSARA  輪廻


BARAKAに続いての2012年の作品、やはり音と映像だけの編集は素晴らしい。今回初めて観た。 画面右下のユネスコのマークのようなアイコンをクリックすると、画面は粗くなるが大きくなる。

独創的なカメラアングルと観点、そして見事にマッチした音や音楽には魅せられる。

SAMSARAとはサンスクリット語で輪廻を意味する言葉だが、5年間をかけて世界25カ国の知られざる風景や思わず目を疑ってしまう光景を撮影したこの映画「SAMSARA」は、ナレーションなし、完成度の高い音楽と共に圧倒的なイメージ映像を観る者に訴えかける。多少演出過多で押し付けがましいという部分もあるが、ドキュメンタリーというよりは、多くの時間をかけて撮った実写映像を芸術作品らしく編集がされている。

非言語的で、音とイメージだけによる表現は完成度が高い。 

音と映像が観る人々の心の内へ導いてくれる…。

と、いうような感じで世界中の美麗な光景をまとめています。

そして70mmフィルム映像は色も濃淡も自然に美しくて、やはりアナログにはかなわない。
監督のこだわりは前作同様、この作品にしっかりと反映されている。

また、BARAKA(1992年制作)からの時代の流れと変化も確認できる。

その視点から観ると、人間社会は瞬く間に変化するけど自然自体の変容は明らかに少ないことに気づく。

インドネシア・バリ島のガムランと舞踊から始まり、チベット仏教の神祕、砂曼荼羅を壊すシーンなど、メインにアジアの宗教観が表現されていて心に響く。

人が人として、動物として、また野獣として、豊かさと貧困の中に生きる我々人間の真実の姿を、時には離れたところから、はたまた非常に近いところから、いや、もっと深く内に入りこんでくるような、まるで『神仏』の視線で描いているような、私はそんな気がする。

1時間45分ほどの美しい映像と音楽。あなたは何を感じますか?

あとで、じっくり時間をとって観て下さい。



ご紹介 | 16:31:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad