FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
我が家は、八月のお盆過ぎまで賑やかになります。
2016-06-12大阪国際空港
一年ぶりの再会(大阪国際空港到着ロビーにて)


 米国ワシントンDC郊外に住む娘が孫二人を連れて帰ってくるので、昨日夕刻、大阪国際空港まで、妻と一緒に迎えに行きました。

ちょうど一年ぶりの帰国ということで、今回は、運賃が安くつくのか、ワシントンDCのダレス空港から出国し、カナダのトロント経由で羽田空港へ入り、入国審査を済ませ、合計24時間をかけて大阪まで飛んできたということです。

さぞかし疲れたであろうと思いましたが、疲れているのはお母さんだけで、7歳と4歳の孫たちは、いたって元気そのものでした。

昨晩、孫たちの時差ぼけで夜中に起こされ、今も私は寝不足であくびがでます。

8月のお盆過ぎまで、また、我が家はにぎやかになります。

今回は、父親も、母校でウィルス学会があるらしく7月初旬には帰国してくる予定です。

先日、彼の所属するN・I・H(アメリカ国立衛生研究所)で、彼の立ち上げた研究プロジェクトの成果が、現役の医師がもっともよく読む「Journal of Clinical Investigation」というサイエンスやネイチャーに続く科学雑誌に掲載されました。

ウイルス研究者として、15年間で最高の業績をあげ、ついでに知名度もあげたようです。

簡単に言うと「脳で悪さをするエイズウイルスの弱点を見つけた。」…という事のようです。

たぶん、脳へのウイルス感染という限定された分野では、彼は第一人者になったと思われます。

帰ってきたら、彼らの研究成果に対しお祝いをしなければ!

その記事は、ここにありますが、英文なので、さっぱりわかりません・・・。

ご興味のある方は、以下のリンクから、詳しくどうぞ。

https://www.jci.org/articles/view/83725

PDF


うだうだ | 16:43:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad