■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
服用中の薬の種類が減りました
2017-4-27薬
三ヵ月分の薬・・・。


 先ほど、脳神経外科の定期診療を兼ね、毎朝飲んでいる薬三ヵ月分を貰ってシミズ病院経由で工房に来ました。

桂病院の循環器科の薬も、先にお世話になっていたシミズ病院の脳神経外科で頂くことになっています。
実は脳神経外科の受診は半年に一度なのですが、循環器と同じ薬も含まれていることもあり、その薬の管理をこの病院でお願いするようになっています。なぜか、お国の都合でそうなりました。

そんなことで、今や私の主治医と化した脳神経外科医で、シミズ病院の理事長でもある若き清水史記Drなのですが、診察室に入ると、「いかがですか?どこか異常に感じるところはありませんか?お変わりございませんか?」と、ニコニコ笑顔で聞いて頂けます。私がもし、脳血栓か何かで倒れたら、この清水史記Drに手術していただくことになっています。

「いえ、特にはありませんが、最近、左腕の二の腕の筋肉の奥が時々痛むことと、左足のアキレス筋が時々痛みますが、これは脳と関係があるんでしょうか?」

「・・・・ぜんぜん関係ありませんね(^^)」と、一瞬考えて笑顔。

「あっ、そうですか、それでは整形外科にでも行かないとだめでしょうか?」と私。

「そうですねぇ、行かれても様子をみましょうってことになるとは思います。たぶん末梢神経が何かに反応しているのでしょう(^^)」
と、深刻な問題ではないと言いたげに、これにも笑顔で答えていただきました。

「病気の症状なのか、老いの現象なのか分かりません。困ったお年頃ですわぁ(^^)」と私。

「ところで、血液の検査、最近されましたぁ?」

「はい、3月に桂病院で血液検査をしてもらった結果がかばんに入っています。」

と、それを見せますと、しばらくその数値を順んにチェックしてから、「7種類の薬の内、2種類を止めましょう。」

「えっ!本当ですか」と私。

「バイアスピリンとゼチーアをやめてみましょう。」

「最近の研究結果で、血液サラサラ薬を2種類飲む必要はないとの結果が出たんです。むしろその副作用が心配ですから。」

3年前より飲み続けた7種類服用していた薬のうち、2種類も減ることになるわけですから、これは、気分的にも経済的にも楽になります。

しかし、それなら、今までの3年間、私の体の中では、その副作用とやらが起こっていたのでしょうか・・・。

老いの症状と感じていたことが、薬の副作用だったりして・・・。




冠動脈カテーテル形成術 | 11:21:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad