■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
癌は10年間、再発しなかったら完治
桂病院
桂病院正面玄関 自転車通勤の時は、この前の道を通ります


半年ぶりに、桂病院の呼吸器科に検診に行きました。
本日8時半に、呼吸器科を通してCT撮影に予約を入れておいたにも関わらず、うっかり今日が検診日というのを忘れていて、自宅を6時50分頃に自転車で工房に向け出発。
7時半には到着し、どうも明日からまた雨のようなので、爽やかな風を入れようとあちこちの窓を開放し、パソコンの電源を入れると、立ち上がりと共に今日の予定がピョコンと出てきます。

今日は、『桂病院、8時半検診』半年ぶりの検診日だったのです。

自転車で少し汗が滲んだTシャツを慌てて気替え、洗濯済の作務衣に気替えて桂病院へ向かいました。
もうすぐ、弟子たちが来ますので、窓は開けっぱなしでしたが、LINEでその旨を伝えておきました。
病院には8時過ぎに到着、受付はまだ始まっていません。たくさんの患者がロビーに溢れています。

ロビーの大型テレビでは、また、北朝鮮がミサイルを発射したとニュースが流れています。6時57分頃に発射したとのことですから、ちょうどその頃、私は、耳にイヤフォンを差し込み大音響で好きな音楽を聴きながら自転車で工房に向かっていたことになります・・・。
ロビーに待っている患者さんたちは一様に、テレビの画面を観ておられるようですが、「またかぁ・・・。」といった感じで、しょせん、遠くの地域での出来事だからでしょうか、北海道のはるか上空を通過したとのことで、よけいに無関心なのかもしれません・・・。かく言う私も一旦はテレビの前に陣取りましたが、遠い北海道の出来事と、すぐにテレビの前を離れました。 
慣れは、こうして危機感を希薄にして行くのでしょうか・・・。

受付開始は、8時15分に始まり、整理券の番号順に点呼により受付機の前に並ぶことになります。
今日の私の整理番号は77番でした。77人目ということになります。
やはり、いつもよりは少し遅めですが、ほぼいつも通りの時間配分で診ていただけることになりました。

8時半、呼吸器科窓口では診察受付をせず、そのまま地下のCT撮影室へ行くと、もうすでに何人かの患者さんが待っています。
15分程度でCT撮影を終え、次は採血、レントゲン。その三つの検査を終わると呼吸器科の窓口に行って、診察を受け付けてもらいます。
30分も待ったでしょうか、検査結果が出たらしく私の名前が呼び出され、4月から玉里Drという新しい医師に変わったこともあり、半年に一回の検診だけでお会いするその若い医師のお顔は完全に忘れていました。2度目ですから無理はありません。

しかし、モニターを見ながら、質問に応えてくれるその話し方で思い出しました。米国のNIH(アメリカ国立衛生研究所)に勤める我が娘の旦那とその話し方がそっくりなんです。
確か、前にも書いたはずですが、若いそのドクターは、いかにも聡明そうで、ちょっとした私の疑問にも分かりやすく、単的に説明してくれました。
「これ等の検査データからは、異常は見当たりません。」ということで、安堵したのですが、その説明の中で、ひとつ「えぇ~!」ということがありましたので、これをお読みになった皆さんに耳寄りかどうかわかりませんが、そんな新しい情報を一つお伝えしておきます。

今まで、癌患者は、運よく癌細胞の切除や抗癌剤或いは放射線治療によって消滅した時から、5年間再発しなかったら、完治ということでしたが、なんと、5年では完治でではなく、これからは、10年間に渡って、半年に一度の検診を経て、再発がなかったら完治ということになるそうです。

ですので、私の場合、半年後の検診で5年が経過し、異常がなければ、これで『完治』というところでしたが、その後、まるまる5年間は、この桂病院の呼吸器科に半年に一度、検診に通うことになったわけであります・・・。
ということで、運よく早期発見で癌細胞が見つかっても、治療終了時点で以後10年間は、病院とお付き合いすることになるわけですね・・・。



肺癌 | 17:29:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad