FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
昔の色褪せた紙焼き写真
ネパールのある村にて03
1997年ネパール旅行。釈迦生誕の地ルンビニからカトマンドゥに戻る途中の貧しい村の子供たちに
ビデオカメラのモニターを見せている筆者。この旅から帰国すると出版社は無くなっていた・・・。



3週間ほど前、民放TVのある局の制作部の方より電話があり、ある番組で当工房に訪問したいと言ってきました。
変わったことをしている私と私の仕事に興味があるらしいのです。

気軽に「いいですよ(^o^)」と応えるとさっそく次の日に打ち合わせに来られました。
私の娘位のお年でしょうか、電話の主の女性とアシスタントという若い女性お二人が来られました。

制作局の制作部と名刺にありましたので、たぶんこの方がディレクターなのだと思いました。
小一時間、いろいろお話をさせていただいたのですが、やはりショックなことは、「仏画」という絵画の知識が皆無であったことなのです。
お二人は、仏教のこともほとんどご存じなく、それでもそれなりに興味を持っていただけたようですが、やはり最大の関心事といいますかご興味は私のプライベートなことのようです。私のこれまでの「変わった人生」に興味を持たれたようです。

一週間後に収録しますということで、お帰りになったのですが、私はその番組を時々見ることがあって、以前にも私の知り合いが出演し、、録画をして、観たことがあったのです。
ですので、この人気番組がどんな内容になるかは、うすうす分かってはいたのですが、快諾したことに、多少後悔の念も拭えなくはありませんでした。

ちょうど昨年の今頃も、NHKの「日曜美術館」という長寿番組のディレクターからお電話をいただき、その番組の制作の打ち合わせをしていましたが、本番の収録が今年の1月、放送が2月ということでした。
若い頃から観ていた人気番組で、恥はかけないということで、ちょうど一年前の今年の正月は一夜漬けで猛勉強をしていました――。

話を戻して、この番組スタッフ一行、18日には工房に来られて収録は無事終わったのですが、この番組のディレクターから、編集時に挿入する私の幼いころの写真や私が仏画を描き始めた頃の写真を要求され、久々に古いアルバムを見ています。

思い出します・・・。
それは、ある出版社の仕事一本で、仏画を生業に切り替えはじめた当初、順調に仕事をさせていただいていたのですが、その頃、弟子も7人ぐらい居たと記憶しています。
弟子と言ってもスタッフ的な要素が多く、今のように志をもって私の元に居た人たちではないように、今から思うと、そう思えます。

仕事が順調だったものですから、その弟子たちと、スリランカ旅行、インドネシアのジャワ・バリ島旅行へ出かけたりしていたのですが、3回目のネパール旅行(写真)から帰って来たら、そのお世話になっていた出版社の事務所が無くなっていて、大慌てしたのですが、忘れもしません大雨の夜でした。
帰国し、自宅の最寄りの駅に到着したその足で、大雨の降る御池通りにある事務所に行きましたが、もぬけの殻で、請け負っていた制作の仕事も宙ぶらりんで、行き先不明となりました。
アパートを借りて1年半ほど制作を続けてきた両界曼荼羅も行き先不明のまま、その後、6ヶ月かけて完成させたことも記憶に生々しいのです。(※この曼荼羅は、今も工房付属のギャラリー「京都・仏画館」に展示しています。)

得意先を一気に無くした仏画工房楽詩舎に残った弟子は二人だけでした・・・。

あとの弟子は、仕事が無くなるということに見切りを付けてか、気を遣ってか、一人辞め、二人辞め・・・・その二人を残し、ほとんどが辞めてしまったのです。

当初から、教える人が私で、教えを乞う人が弟子で、弟子は私を「先生」と呼ぶものですから、私は全員、私の弟子だと思い込んでいたのですが、その当時、弟子として私の元に来ていたのは、工房が窮地でも私を信じて残ったその二人だけだったということに気付かされた時でもあったのです。

こういう仕事をしていますと、神仏とでも言った方が適切かもしれませんが、何か大きな力が働き、まるで「人」を選んでいるような、試しているような、そんな出来事がたくさんありました。
また、逆にその大きな力が、この仕事に必要な「人」を招き入れたとしか考えられないような不思議なめぐり合わせ体験もいくつかあります。

「ジタバタせず、この何かしらの大きな力に自分の身を任せ、私の人生も託してみよう・・・」と、なんとなく思い出したのもこの頃です。

20年ぶりに開いた古いアルバムの色褪せた紙焼き写真から、当時のいろいろな思いが蘇ってきます。
1月7日までに、あと数枚の当時の写真を探さねばなりません。




うだうだ | 14:48:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad