FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
今日は、お釈迦様の入滅された日とされる「涅槃会」の日です。
PICT0028.jpg
2004年、仏跡巡礼の旅より、ヴァイシャリーの見返りの丘にて、正観撮影


今日は、お釈迦様の入滅された日とされる「涅槃会」の日です。
舞台は、2500年前の北インドはクシナーラの沙羅林。
釈尊80歳、休む暇もなく衆生に説法教化して45年、この生涯が終わりに近づいたことを知り、霊鷲山を下りて生まれ故郷の釈迦国に向かって、弟子アーナンダとマトウ比丘尼をお伴に人生最後の旅を始めました。

この旅で、釈尊がもっとも人間らしい振る舞いをしたとして有名な逸話があります。
私は、この時の釈尊に親しみを感じ、このお話が一番好きなので度々語ります。

釈尊がヴァイシャリーという町に入り、マンゴー園の木の下で涼をとります。
ヴァイシャリーは、華麗なダンサーでもあり、遊女(娼婦)でもあったアムラパリが暮らした地です。
アムラパリは、彼女の所有したマンゴ-園を進上し、心のこもった接待をします。

仏陀の一行は、旅を続けるため、ここを立ち去るのですが、彼女の住むヴァイシャリーの郊外にある丘にさしかかった時、仏陀はまるで大きな像がそうするように大きく振り返り、ヴァイシャリーの町を眺めながら、「人生とはなんと甘美なものよ・・・ヴァイシャリーの町は美しい・・・。」と、執着から開放されたはずの仏陀が、美しいアムラパリの住むヴァイシャリーの町に名残を惜しんだとされています。

美しい彼女は、後にブッダの教えに感銘して尼僧になりましたが、人としての仏陀を感じるなんだか温かい感じのする逸話でもあります。
こうして、涅槃の旅も終わりに近づいた時、バーバー村のチュンダに食事の供養を受けます。
それが茸料理とも豚肉料理とも言われていますが、それを食した釈尊は、激しい下痢に襲われ、体力を消耗しました。
それでも、釈尊は、チュンダに布施の行為を決して後悔しないように言い残し、2月15日、クシナーラの沙羅双樹の下で右脇を下に、静かに入滅されました。その時、サーラ樹は、片方の樹には、涅槃を祝うかのように時ならぬ花が咲き、また片方には悲しみで枯れてしまうという、仏画でお馴染みの不思議な現象が起きたとされています。

https://www.youtube.com/watch?v=MkQJNb8oii4&t=77s

| 11:20:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad