■プロフィール
■最近の記事

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
画歴五十年
01-染織図案家内弟子時代
50年ほど前の私。染織図案家として修業を始めた頃。若い!!


 50年前の今日、3月14日に滋賀県の五個荘から、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍されていた京都の染織図案家本沢一雄先生の門下に勉強に来た記念すべき日です。

もう50年も経ったことになります・・・・。

絵筆を持って生活させていただいて50年が経ちました。

瓦礫、いや、画歴50年です。

長いようで、あっ!という間でした。

高校を卒業し、運転免許を取得しそれを受け取った次の日、図案家に成るべく、修行とは関係ありませんが、その唯一の資格(自動二輪車と普通車運転資格)を持って、当時は右京区だった現西京区の「桂」の師の下へ内弟子として住み込みを許され、修業を始めたのが50年前の今日なのです。
でも、修業時代は、慣れない京の町の路地を、師を後ろに乗せてあちこち行きましたから、運転免許証も役にはたったのではと思っています。

それから9年後には、独立させてもらい、小さな家を買い、結婚をし、子供が二人でき、その子供たちが今では二人ともそれぞれが家庭を持ち、自分たちの子供を育てています。

仏画に開眼してからは、それにのめり込み、仏画制作を生業として成り立たせるべく一心不乱に描いてきました。

仏画に出会ってからでも、すでに34年ほど経ちましたので、図案を描いている時間よりも長いということになります。

あと、16年、仏画を描いて生活すると、仏画制作歴50年。 

画歴66年かぁ・・・。

でも、最近めっきり体のあちこちにガタが来て、そこまでやれるかどうか自信はありません。

今日の夜、親しい友が、その画歴50年を祝ってくれます。

ありがたいことです。





うだうだ | 14:02:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad