FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

藤野正観のちょっと書いてみます(2018年7月8月号最終原稿より) 
2018-7月8月号用 -善峯寺寺宝館文珠堂の玄関ロビーに常設展示されている正観筆「釈迦金棺出現図」
善峯寺寺宝館文珠堂の玄関ロビーに常設展示されている正観筆「釈迦金棺出現図」


話をするということ

 今回のこの記事をお読み頂くと、この「正観のちょっと書いてみます」は終了となります。長い間お読みいただきありがとうございました。
三年間、このような拙文をお読みいただいた読者の皆様に申し訳ないやら、恥ずかしいやらで、一ヶ月に一度の投稿は、私の作文力からいいますと、きついものがありました。でも、こんな稚拙な文章ですが、それでも数日は時間を費やしていたのです。
 当初、仏絵師としての経験談等、一般には知られていない何かを書くつもりだったのですが、いつの間にかネタ切れ、その後は勝手気ままに〆切間近時点の私の頭の中の大部分を占める出来事を書いて来ました。
 で、最終回の原稿を書かなくてはならない今、私の頭の中で気になっていること。一人の仏絵師がこういった記事を書くことにも繋がることなのですが、昨日から週に一度、西国二十番札所善峯寺の寺宝館文珠堂で、私が関東方面から来られる観光客に案内とちょっとしたお話をする事になったのです。
 京都仏教会の協力で企画されたこの旅行、副住職が仏画教室で講義中の私に、「京都仏教会の企画でこんな計画があるのですが、藤野さん、少しの時間で良いので、寺宝館でお話してくれませんか?」と企画書を見せながら依頼がありました。講義中でもあり内容をよく確認しないままに、少しの時間ならということで、「いいですよ!」と了解したまでは良いのですが、一週間に一度、七月いっぱいまで続くそうです。いや、その先も参加希望者があれば計画にいれるとかで、ちょっとこれは、時間を取られ過ぎで仕事に支障が出て困るのですが、でも、ま、了解の返事をしてしまった以上、やるしかないようです。
 と、いうことで、仏絵師の私が寺宝館をご案内することになったのですが、五代将軍綱吉のご母堂、桂昌院の寄進した寺宝がほとんどですので、この解説などは少し勉強しておけば何とかなるとは思うのですが、たぶん参拝者は、特別講師の仏絵師に何かしらの期待をされて来られるはずです。
この記事もそうなのですが、仏絵師の立場から何かをお話しすることは、例えば仏画に興味をもった仏画教室の生徒さんになら、材料論、描法、仏画の歴史等、興味をもって聞いていただけるのでお話も盛り上がるのですが、さて、寺院には興味はあるが、仏画には特に興味はないといった方々の前で、お話をするのは、なかなか難しいものがあるのです。極端に言えば、「仏画」の語句さえも聞き初めといった方も居られ、どこからどの程度説明すればきちんと興味をもって聞いていただけるのか、悩むところなのです。
 時々頼まれてお話させて頂くこともあるのですが、この時は、仏画というものを簡単に説明して、私自身の半生を語る事にしています。自分の人生や仏画のことなら事前に勉強しなくてもありのままお話すれば良いわけですから、私としましては、比較的自由にお話しすることができるのです。
 初日の六月八日、寺宝館へ案内されて入って来られたお客様が、仏画にどの程度ご興味をお持ちなのか、まずは、この辺りから探りながら順に展示品をご案内し、正観筆の桂昌院ご肖像の前で善峯寺と桂昌院のご縁についてお話しし、続いて玄関に掲げてある珍しい釈迦金棺出現図の前で、釈迦の蘇生についてお話ししたのですが、到着の時間や滞在時間も毎度違うようです。慣れない私には甚だ困難な事となったのですが、善峯寺の観音様から、今後の私の有り様の一端を示唆されたようなそんな気がしています。
関連記事


冊子原稿より | 09:38:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する