FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

藤野正観のちょっと書いてみます(2018年5月号原稿没記事) 
没2018年5月号用-小さなポリープが2個あるが、異常なしと診断。(担当医師の説明より)
小さなポリープが2個あるが、異常なしと診断。(担当医師の説明書)


大腸検査
(この記事の代わりに、「三宝の集い」の広報記事に代わりましたので、同じ内容でブログにアップしてありますがその没記事をここでは記録掲載しておきます。)

 前号では、尿路結石の激痛の中でこの原稿を書きましたが、その二日後には、小便と共に排出となり、おかげ様で一件落着。 
 年を重ねると、日々今まで経験したことのない体調の変化に遭遇します。その尿路結石が出た数日後、泌尿器科で造影剤入りCT撮影の結果を見ながら、「石が出て良かったのですが、腎臓にまだ三個、小さな結石がありますねぇ・・・。医師は、気の毒そうに言います。私は、苦笑するしかありません。その時、その医師は、「それと・・・、大腸にケイシツがいくつかあるので消化器科で診てもらった方が良いですねぇ。」と言います。「何ですかそのケイシツって?」と私。
「憩室」と書いて、大腸の内側にいくつかの窪みができていて、その窪みに大便が溜まる可能性があります。炎症を起こすと腹痛が起きたり、最悪、癌になることもあります。」と念を押されます。「消化器内科を紹介しますので、受診されますか?」ついに、その時がやって来たのです。
今まで胃カメラと大腸検査を極力避けてきた私ですが、覚悟しました。
 一週間後、その消化器内科を受診しますと、前号で書きました、あの四年前に救急外来で診て貰った若い美人女医さんが担当でした。あれから四年。あの時の話をしてもお忘れでしたが、女性らしい優しい言葉の応対に、経験を積んだ医師としての落ち着きと自信が感じられます。
 「大腸の憩室は、お年を召された方なら誰にでもあり、そんなに心配されなくてもいいですよ。」と、図に書いて説明してくれます。泌尿器科の医師は、最悪癌に変化すると脅しましたが、この説明で私の不安が一気に無くなり、この医師の言う事なら全て受け入れようと、そんな気分になりました。
「藤野さん、この機会に大腸検査や胃カメラ検査を受けてみませんか?」
消化器内科を受診する段階で、覚悟を決めていた私は、その美人女医さんの優しいお勧めを拒む理由はありません。一週間後の昨日、大腸検査を生まれて初めて受けてきました。
 検査日の数日前から、通常野菜や海藻などの健康に良いとされている食品の摂取を控え、前日の夜から下剤を飲み、朝までに出るものは出します。当日、本人は運転して帰るなという注意書きを厳守し、「私なんか一人で行って、一人で帰って来たわよ!」と言う妻に付き添われ受付を済まします。
その日、検査を受ける人は、女性も含めると十五人くらい居たでしょうか、午前中は、洗腸液や水をたらふく飲みます。その間十回ぐらい排便し、その色が透明になるまで飲み続けます。初めての経験ですが、見事に透明できれいな水が出た時には感動ものでした。
 男女それぞれが、入れ代わり立ち代わり頻繁にトイレに行きますので、妙な連帯感が生まれます。大腸癌と宣言された患者さん等、何度か経験されている方がほとんどで、初めて体験する私は、「痛いですか?」と不安感丸出しで聞きます。この質問を、怖がりの私は医師にも聞いています。
 面白いことにその応答は立場によって全く違います。患者側の応えのほとんどは「下手な医師に当たると痛いですよ、何度か経験しましたが痛い時も平気な時もありました。」一方で、医師や看護師に聞くと「患者さんの大腸の構造によって個人差がありますのでいろいろです。」と濁します。
私の場合は・・・、『痛かったぁ!』
ほぼ一日かかった検査結果、二個の小さなポリープがあるものの、異常なし。二週間後は胃カメラです。 
関連記事


冊子原稿より | 09:43:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する