FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

阿弥陀二十五菩薩来迎図(MBSTV・ロボロボで使われる)
shokan-amida25raigou.jpg
藤野正観筆 阿弥陀二十五菩薩来迎図 京都・正法寺所蔵(画面キャプチャー)


先日、Facebookにも投稿しましたが、『MBS毎日放送テレビで毎日、深夜24:53~24:57の4分間放送される『ロボロボ』という阪大の石黒教授と共に制作している「これからのロボットの人生をデザインする」という番組のディレクターから電話があり、27日の深夜に放送する「龍岸寺とドローン仏」で、三浦仏師がドローン仏を語るシーンで、来迎を説明する為に私の描いた「二十五菩薩来迎図」のジグソーパズルの箱の画像を10秒ほど使っても良いかと許可を求めて来たので、「どうぞ」と言っておきました。ドローン仏って、何?』

と、いうわけで、昨晩、放送があったようです。10時頃には床に入る私は、リアルタイムでは観ることができませんので、録画をしておいたのですが、今朝、工房に来てPCに火を点ける(スイッチON) と、その担当ディレクターよりギガファイル便にて、放送した番組の動画ファイルが届いていました。
このディレィター、さすがにMBSの制作局チーフプロデューサーさん、大人です。良いことをした気分にさせてくれます。
今まで、何度か民放のテレビ局に画像提供の協力させてもらいましたが、皆、下請けの制作会社の若いディレクターで、ほとんど撮りっぱなし状態がほとんどでした。
放送後、すぐにお礼の放映報告と、動画を送っていただいたのは、初めてです。

すぐに観ると、龍岸寺の池口住職と三浦仏師が出演し、ドローン仏を通して人の心とは何かを問う、たった4分の番組ですが、何が言いたいのか明確に伝わってくる番組でした。
この番組中の三浦仏師がドローン仏を作るのが本気かどうか分からないのですが、トイドローンに軽い発泡スチロールや樹脂を使って3Dプリンターで作った阿弥陀さんを貼り付け龍岸寺の本堂で飛ばしているシーンが映し出され、「何で阿弥陀さんをドローンで飛ばすの?」という私の疑問は、一応解決しました。

ジグソーパズルの箱に印刷された「阿弥陀二十五菩薩来迎図」を説明に使かわれたのですが、テレビの大画面で映し出されても遜色ありませんでした。しっかり、藤野正観筆 阿弥陀二十五菩薩来迎図 京都・正法寺所蔵 とテロップも入れていただき、ありがたいことでした。
で、この番組の最後に、この番組のコンセプト、「人間とは何か?人の心って何か?ロボットに心は宿るのか?」
番組のホスト役のおもちゃのような可愛いロボット三体が、池口住職に尋ねます。
「ロボットに心は宿りますかね?」池口住職はこう応えます。「将来、そうなれば面白いなぁと思うところもありますけども、人は日々苦しみを感じながら生きているので、やっぱり苦しみを分かち合える人間同士だから分かり合える部分があり、なかなかロボットには「心」は、持ち得ないのかなぁ、というふうに僕は思っています。」
「やがて、このドローン仏にも、かつての仏像がそうであったように仏の魂が宿るのでは・・・。」と締めくくっていました。

27年後には、完全に人の能力をはるかに超えると言われるAI。心のないロボットなんてあり得ません。
心を持たないロボットは、ただの機械です。私は、心があってはじめてロボットなんだろうと思います。
心とは、我々人間にとってのパソコンでいうオペレーションシステムです。このOSが優秀であるかどうかで、ロボットの存在意味や価値が決まると思います。
今、科学者は、このOSを、如何に構築して行くかを考えて欲しい。
人とロボットの共存がスムーズに平和に行くには、どういったOS(心)が必要かです。

石黒教授さんたちロボットを作ろうと研究している学者さんにお願いします。
どうか、愛され信頼される人とはどういう人か・・・をお手本にし、時には人のように怒ってもよいのです。根っこになる、穏やかで心の優しいプラットフォームまたはOSをロボットの世界基準にする命がけの運動を起こして欲しいと思っています。

※ちなみに、池口住職は、私のFacebookの友人の一人でした!
関連記事


TV出演 | 11:08:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する