FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

醍醐寺・三宝院の襖絵に思う
醍醐寺の霊宝館にて「祈りの系譜」展が開催中である。12日の日曜日に我が工房の弟子たちと一緒に行ってきた。
醍醐寺は、今年の四月二十五日から八月二十四日まで、ドイツ・ボン市にある国立美術展示館において、初の海外での単独展「聖なる山の寺宝 醍醐寺・日本密教僧院」(国宝九点、重要文化財七十五点を含む寺宝百六十五点)を開催した。現地では約六万人が入場し、好評のうちに幕を閉じとと聞く。
そこで、この展覧会「祈りの系譜」では、ドイツから戻った寺宝を中心に約百点を展示し、(ドイツ展出陳品八十点を含む)。海外展での展示をそのままではないが、欧州の人々を魅了した「醍醐寺の祈りの世界」を再現したというわけだ。霊宝館入場料は600円だが、受付で三宝院と山内を拝観しないかと薦められ全部で一人1500円を支払った。

展示中の仏画では、やはり大きな図、「大元帥明王図」が圧巻だった。ドイツでも皆の心を捉えただろう。

この特別展を見た後、三宝院も拝観した。
この中に入るのは初めてだったが、この機会にどんなものか見ておこうとおもった。
障壁畫とか、襖絵とか観るべきものがたくさんあると思ってのことだった。

ここで、正直な感想を書いておこうと思う。
誰かが書かないと、発言しておかないとダメだと思ったからである。

それは、この三宝院に新しく描かれた襖絵のことだ。

ビックリした。あまりに調和していないその襖の画風に我々一行は唖然とし、思わず入口の左側の桜のポスターのような襖に駆け寄り、この絵は何だ!とばかりに分析をした。
一昔前に流行ったエアーブラシ(絵画用噴霧器)や型を駆使して描いたものであった。
なんで、こんな現代風の無機質な絵がここにあるのか信じられなかったが、辺りを見回すと、あちこちにその画風の絵が、襖絵としてあった。

「何!これは・・・?・・・・。」「沈黙・・・・。」

絵は、伝統的な襖絵のそれではなく、絵自体が、ガンガン主張して古い寺の建物や風情を無視していた。
上品さのかけらもなく、温かさも無い。ただただ無機質な表現で、醍醐寺の四季の風景がイラスト画のように描かれていた。

昨今、京都や奈良の寺院に、いろいろな絵描きさんが、襖絵を描いているが、時代が変わるということはこういうことなのか・・・。

明治時代に、それまでの伝統的な絵描きは、画学校を中心とした中央画壇を形成する片一方で、京の住空間をコーデネートする職人絵描きに分かれた。
いわゆる、芸術家と職人に分かれたのだ。
それまでの、日本の絵描きは、すべて職人だった。画工とも呼ばれていた。
自分を主張し、我を表現する芸術家は、異端と呼ばれていた。
今も、京の都には、昔からのように、住空間をトータルでコーデネートする伝統が息づいていると思っていた。
調和こそが伝統文化である。
そこには、品格とか風格とか奥ゆかしさとか日本古来の独特の美意識があった。
また、それを基盤に物が作られ、育まれて来た。 今もそうであると思っていた。

が、しかし、昨今のお寺・・・は、伝統文化の流れを脈々と継いでいるはずのお寺が、何を考え出したのだろうか?

それとも、すでに、そういった古き京都の精神文化は必要がなくなったのだろうか・・・。

いや、そんなことはない。 あの仕事を与えられた絵描きの感性が寺の襖に合わなかった・・・。
それだけのことだと思う。そう思いたい・・・・。
本来、そういった仕事を請け負うべき職人絵描きの質も落ちてしまい、どうしようもないのかもしれないが、ほんとうに困ったことになっている。

お寺の襖絵や障壁画は、展示スペースではない。アーティスト個人の感性を表現する場ではない。
ましてや、既存の古い襖絵を新調するわけだから、伝統文化や美意識を意識しない「我」を主張してはならない。

そう感じ思うのは、私たちのような伝統的な美意識の中に生きている者だけなんだろうか・・・・。

読者や一般の観光客は、正直、どうお感じになっておられるのだろうか・・・。

関連記事


テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

うだうだ | 10:00:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する