FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

ご時世3 「戦い」
このブログ、面白そうなので、あまりシステムを理解しないまま始めたが、私の名前で検索をすると、1ペ-ジ目にこの「藤野正観の見聞録」が登場する。そうか、物凄い公開性があるんだ・・・。と今気がついた。

このブログを借りて、日頃の私の心の情景を描写しておきたかった。そう思って始めた。何でも「うだうだ」と書き連ねようと思った。

どなたか通りすがりの方が、うれしいコメントを残してくれた。たいそうに気分のいいものだ。
どなたか存じませんが、有難うございます。あなたとは、同じ価値観を共有しているようで気が合いそうな気がします。

直接コメントに対してお返事すればいいのだろうが、あえて、掲示板的なことはしないでおこうと、今決めた。

さて、本日はあまりゆっくり書いていられないのだが、本題に入ることにする。
私の少年期は、先に書いたように、五個荘町の北小学校というところで過ごした。この懐かしい校舎は、今はない。跡地に建売住宅が建ち並び、当時を偲ぶには、その片隅にあった幼稚園のたたずまいしかない。
板張りにクリーム色で塗られた園舎の壁は、やはり今はもうない。私の脳裏にあるのみだ。

私は、普段はおとなしいが、結構気が強く、理不尽な理由で喧嘩になると、たいそうな規模で大暴れ、今で言うと「切れ」ていたのかもしれない。危険な少年だったのかもしれない・・・。

小学生時代の6年間には数回しか喧嘩はなかったと思うのだが、おとなしい私に理不尽な「いちゃもん」をつけ、からかわれたり、いじめられそうになると、命がけで戦った記憶がある。

自分より、はるかに大きな身体の上級生に馬乗りになられ、降り積もった冷たい雪に顔を押さえつけられても、どうすることもできなかった、身動きすらできなかった、くやしい記憶がある。大きな力にどうすることもできない悔しさ・・・・。
今でも、その情景は結構あるからおもしろい・・・のだが・・・。

でも、その理不尽な理由で馬乗りになられ、冷たい雪に顔を押し付けられたことが、どうしても許せず、その馬乗りから開放された私は、親の居ない留守宅に泣きながら走って帰り、武器を探した。ちょうど、木製の雪かきスコップがあったので、両手でそれをしっかり掴むと、あの上級生が何事もなかったように遊んでいるところへ、もちろん、泣きじゃくりながらっだと思う。真っ直ぐ走り寄り、その木製のスコップを振り回した。もちろん切れているので、ムチャクチャだったと思う。

切れているといっても、ちゃんと記憶に残っているのだから、弱者の知恵だったのかもしれない、切れた振りをしていたのだ。

上級生は、血相を変えたが、「アッカンベー」をしながら逃げた。 
しかし、それから、その上級生からは、二度と理不尽な「いじめ」を受けることはなくなった。

ここで、私を擁護しておきたい。 泣きながら選んだ武器は木製の雪かきだったこと。これは、その上級生に対して、ちょうど適当な武器だったのだ。
鉄製のスコップもあったと思うが、本能的にというか、そう、その時すでに少年ながら、倫理が働いていたのだ。使ってよい武器や使い方もそして、戦わなければならない必要性も知っていた。僅か3年生ぐらいの頃だったように思う。

こうして、私の理不尽な原因による戦い(単に喧嘩)は、高校時代まで続くのだ。

 
関連記事


うだうだ | 10:30:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する