FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

人道
人道、つまり人間界には、3つの様相があります。

1、不浄の相。
人間の体は三百六十の骨、九百の肉片、九百の筋などでできており、腹の中には五臓六腑と呼ばれる内蔵や腸がぎっしり詰まっています。
そして、どのように上等で上品な食べ物を食べても、体内では、一夜も経てば不浄となります。
その糞のように、老いも若きも、いかに美しく飾ろうとも、人の体は不浄なものなのです。
まして、死後、墓地に捨てられ七日もたてばその体は腐乱し、発酵し、ふくれあがり。
野獣に食われ蛆がむらがり、ついに白骨となり、多くない年月を経ると土に還ります。
つまり、人間の体は生まれた始めから死ぬ終わりまで不浄なのです。
絶世の美女とて同じこと、死んで野に捨てられれば、その身は腐乱し、鳥獣の餌食となり、蛆におおわれ、白骨となり、やがて土に還ります。

2、苦相。
男も女も、この世に一度生を受け、外気に触れるとともに、誰もが同じようにはげしい苦悩を受けます。
成長した後も、体内には四百四病といわれるような、全身さまざまの病を宿し、体外には罪によって捕らえられ責められたり、寒さ熱さ、飢え渇き、あるいは自然の暴威など、さまざまな苦悩が迫ります。これを四苦八苦といいます。
四苦とは生・老・病・死を、八苦は四苦に愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五盛陰苦を加えたものです。

3、無常の相。
人は誰もどんな人も必ず死にます。
一日が過ぎるごとに生きる日数が一日減っていくさまは、乏しい水に浮かぶ楽しみもない魚や、屠殺場へ一歩一歩死に近づく牛の歩にも似ている。
無情の死神は、権力のあるなし、頭のよしあしに関係なく、いつでもどこでも誰にでも、無常に迫ってきます。

ということで、人として生まれると、こういった辛いことが溢れるように襲って来ることが当たり前なんだと知ることで、どんな困難も不幸も、なんとか肝要に受け入れることができると思います。
でも、人間界に生まれた人はまだ良いのです。
まだ、この下の世界にはこれ以上の苦しみがあるのです。

次は、畜生道について書きます。





テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

六道のこと | 16:39:07 | Trackback(0) | Comments(0)
天道
 天道は、天人の世界で、人間の世界の人道より楽多く苦の少ない世界なのだそうです。
それでも、欲界、色界、無色界の三つに分かれるといいます。

 欲界は、あるのは至福や快楽のみという、うれしいこと極まりない世界を言いますが、そのとう利天とて、天寿尽き臨終の際には、天人に五衰の相が現れるといいます。

一つには、華の髪飾りがしおれ、二つには羽衣が埃や垢で汚れ、三つには脇の下に汗が流れ、四つには眼がくらみ、五つには歓楽の場所であったこれまでの住処をも楽しめなくなるといいます。
つまり、至福の状態は続かない、たいくつし、飽きるということなのかもしれません。

 この五衰の相が現れると、天女や一族の者は、その天人を雑草のように見過ごし遠ざかってしまう。
経験はありませんが、歓楽に慣れた後だけに、そのちょっとした苦しみは地獄の苦しみより大きいのかもしれません。

欲界の上に位置し、欲望を離れてはいますが、なお物質的存在(色)からは解放されていない色界と、一切の色法(肉体・物質)の束縛を離脱した、受・想・行・識の四蘊(シウン)だけで構成する無色界には五衰の相はないとはいえ、ついには天を去らねばならぬ苦しみがあるのだそうです。

天界最上の天である悲想天でさえも、地獄の底の阿鼻地獄に堕ちないという保証はないのだそうです。

ということで、この世界が、六道輪廻で行く最上の世界なのです。

このあと、人道阿修羅道畜生道餓鬼道、そして地獄道へと堕ちていきます・・・。お~怖!




テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

六道のこと | 09:10:19 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ