FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

お断り
年末に放映された、NHK教育TV「こころの時代」をご覧いただいた方々からたくさんの心温まるメールやらお手紙を頂戴しております。
感銘を受けたとか感動したとか、少し、重い相談めいた内容のお手紙も届いておりますが、私としましては、そんなに良いことをおしゃべりしたかなと首をかしげておりますが、ご連絡いただいた方々には、お一人お一人お返事を差し上げようと思っております。
でも、今、工房の移転と、ギャラリーオープンにむけ、当分の間はその作業もままならないと思います。
お返事をお待ちの方も多いと思いますが、必ずお返事を書きますので、今しばらくお待ち頂きます様御願い致します。

告知 | 18:29:02 | Trackback(0) | Comments(0)
こころの時代 『仏を描く 祈りを描く』
こころの時代
に放送日の案内がありましたのでリンクとコピペをしておきます。 
ほんとうに放送されるんですね (^^;

午前 5:00~6:00 12月12日(日)教育テレビ
午後 2:00~3:00 12月20日(月)教育テレビ
午後 0:00~1:00 12月12日(日)デジタル 教育3

出演:仏絵師 藤野 正観(しょうかん) ききて:兼清 麻美

「人々の祈りの魂を筆先に集中すると、仏様がおのずと姿をお見せになる」と、京都の仏絵師・藤野正観さん(60歳)は語る。藤野さんが画の道を志したのは、小学生の時、「絵の力」の強さに感激したため。初めて仏画を描いたのは30代半ば、本格的に取り組みだしたのは40歳近くになってからのことだという。「仏様の導きでたどり着いた」という仏画の世界を聞く。


告知 | 10:16:57 | Trackback(0) | Comments(0)
『心の時代』の収録がありました
兼清アナのインタビューを受けています。

昨日、NHK教育で放送される『心の時代』の収録がありました。
私が丸裸にされます。
冷や汗で風邪をひきそうでしたが、なんとか一回目の収録が終わりました。
明日は、仏画教室と展覧会場にて収録する予定です。
12月12日(日)の朝5時~6時と20日(月)の午後2時~3時に放映されるようです。
今、ディレクターが一生懸命編集してくれています。
どんな映像になるのかわかりませんが、たぶん当工房で描いた仏画も映ると思います。
私の今までの人生に触れて頂くわけですが、ぜひともとは言いませんが、ひきつった私の顔を見たい人や、気になる人はご覧下さい。 私は観ませんが・・・。(^^;


告知 | 20:29:21 | Trackback(0) | Comments(0)
比叡山延暦寺の2011年版カレンダー
比叡山延暦寺の2011年版カレンダーの原画を描かせて頂いた。

下記URLにて、1300円(送料込み)お安く購入できるようなので、買って欲しい。
仏画ではないが、久々に延暦寺の諸堂を線で描いて彩色してみた。
見ようによっては斬新な感じがするが、大和絵の描法プラス遠近法を用いて描いてみた。
いかがでしょうか?

http://www.hieizan.or.jp/temp/cale/index.html

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

告知 | 14:19:27 | Trackback(0) | Comments(0)
「龍馬伝」の山内容堂が救いを求めた曼陀羅
龍馬伝-愛の蛍遍-曼陀羅と容堂

YAHOO!の知恵袋 
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1042562820 に

『昨日の龍馬伝で山内容堂が酒に酔い、掛け軸を見ていたのですがあれは何の掛け軸ですか?曼荼羅の様に見えたのですが・・ 』

という質問があった。
ベストアンサーに

『こんにちは! 私もNHK大河ドラマ 龍馬伝のファンです! う~ん なんか前回の放送でも山内容堂公が質問者様のおっしゃる仏様の立派な掛け軸を怪しく愛でているシ-ンがあり なんか容堂公曰わく一橋慶喜(後の徳川慶喜)様から もらったものらしいですが 今回の放送でも出て来てましたね‥ なんか昼間から酒飲んで酔っぱらってましたが.. 容堂公は酒好きだったそうですので.. 怖っ って感じですが すいません 多分質問者様のおっしゃるように掛け軸は仏様のマンダラ の図といいますか仏様の座像!?だと思います.. なんかドラマの中では いわゆる 極楽(浄土?)の絵だそうで かなり輝いてましたよね‥ マンダラだと仏教的には いわゆる真言宗などの密教系の宗派のような気がしますので.. なんだろう 徳川家の菩提寺って確か浄土宗系ではなかったかなぁ~ っと思われますが すいません よくWebで調べましたらいわゆるマンダラには幾何学的な模様の真言宗などのマンダラの他に宗教・宗派などを問わず浄土マンダラとか神道マンダラとかいろいろあるみたいですね… (^^;; すいません私の知識不足で,よく分かりませんがとにかくドラマの中では一橋慶喜氏からプレゼントされたものらしいですね‥ 容堂公は大変気に入っているみたいです.. すいません涅槃像ではなかったみたいです.. (>_<) 。』

と、はっきりしない回答が掲載されていた。

昨日、私の所属する『仏教クラブ』の例会で、粟生の光明寺の教学部長さんから聞いたのだが、その仏画は、私が描いて納めた「観経変相図」なのだそうだ。
(※左のプロフィールの画像。当時の記事参照 http://rakushisha.com/kiji/2006-10-17yomiuri.htm)
いわゆる『当麻曼陀羅』という曼陀羅である。NHKが撮影に来たそうだ。

何人かの人に、「あれは、あんたが描いた当麻曼陀羅やろ?」と聞かれたことがあるのだが、番組を観ていないし、何も聞いていなかった私は、「そんなことはないはず・・。」と気にもせず応えていた。

今朝、『龍馬伝』を観ていない私は、さっそくネットで調べてみたらこんな動画がアップされていた。
動作が途切れ途切れでぎこちないが、なんとか上の画像(山内容堂(近藤正臣)と観経変相図)を取り込むことができた。


上の動画は、24話「愛の蛍」HD版
山内容堂が曼陀羅の阿弥陀如来に救いを求める心理描写のシーンがある。
23話「池田屋に走れ」、25話「寺田屋の母」にも登場する。

※以下、後日談
NHKに確認の御願いとDVDが欲しいとの連絡をしたところ、制作されたディレクターさんよりお礼のお手紙と共に観経変相図の登場する3話のDVD3枚をお送りいただいた。
容堂役の近藤正臣さんも繊細な描写に感心されていたとのこと。
やはり、ドラマ中では、山内容堂の心理を描くには欠かせない浄土図だったようだ。
23話では、阿弥陀の世界がアップで大写しされ、きちんと観ている視聴者は、ぜったい見逃せない扱いとなっている。ハイビジョンでのアップは見応えがあっただろう。
ということで、思わぬところで、作者としてはうれしい話題となった。

告知 | 09:27:54 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ