FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

集団的自衛権の憲法解釈
私が、インド仏跡旅行で撮ってきたビデオを観ながら旅の思い出に浸り、その編集に時間を割いている間に、たくさんの事件というか、マスコミを賑わす話題があった。
いろいろ書きたいことがあったが、私にとっては、一番大切な位置を占める人間釈尊の生き様を感じ取ることに無我夢中になっていて、すべて後回しになっていた。
小保方博士のネイチャー誌論文に対する疑惑と科学者集団の倫理問題、佐村河内という似非作曲家らしい人物の倫理問題。韓国のフェリー沈没に韓国救助体制の貧弱さの露呈とそれに対する朴大統領の謝罪の様子報道の違和感等々気になっていることがある・・・。

それと、何をおいても、米国オバマ政権の軍事覇権力の低下や中国の強引過ぎる台頭、北朝鮮の核ミサイル戦力の増強によって東アジアをはじめとする国際情勢が不安定化している今、それ等に派生して戦後の防衛体制の見直しが急がれる中、それに伴う安倍政権の急ぐ集団的自衛権の憲法解釈に対して平和を願う国民の反対意見等々・・・。

今も工房のラジオが、安倍政権が解釈を急いでいる様子を伝えているので、そのことについて、まずは考えてみようと思う。

そもそも、自国が攻撃を受けた場合にのみ武力行使を認める個別的自衛権に対して、集団的自衛権があるのだが、この集団的自衛権・・・良く分からないが・・・調べてみると、これは、「自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国(日本)が直接攻撃されていないにもかかわらず、武力等をもって阻止する権利」と定義される。

これは日本が戦後一貫して守ってきた(守らされてきた・・・)専守防衛の考え方とは根本的に異なるわけで、先に書いたように自己防衛の枠を出るに等しいことになる。

日本国が攻撃を受けた場合にのみ最小限度の武力の使用を認める専守防衛は、日本国憲法第9条によって武力行使が基本的に禁じられている中での、最低限の自衛権と解釈されてきた。

では、「日本国と密接で親しい関係にある米国を筆頭とする外国に対する武力攻撃を、日本国が直接攻撃されていないにもかかわらず、軍事力をもって阻止する権利」は、あって良いものだろうか・・・。

憲法解釈の前にその意味とその国益をよく考えてみたい。

私の直感的で恐縮だが意見はこうだ。

何でも権利は、ないよりあった方が良いに決まっている。
その権利を行使するかどうかは、その都度、時の政府がよく考慮し、議論して決定すれば良い。 論じるべきはその権利を使うか使わないかで、国民の倫理観や道徳観で決めれば良い。今の日本人なら正しい判断が出来るはずだ。
意味無く権利を放棄しておくと、それにつけこんで来る無慈悲で理不尽な「ならずもの国家」が今も直、居るのだから・・・。

権利を放棄する理由など、まったく無い。

日本国は、その権利を行使するか否か判断の元となる倫理、道徳教育、そしてその奥にある正しい(平和的な)宗教教育も同時に進めれば良いのだ。

今回のロシア政府による強引なクリミア併合、中国政府によるベトナムが排他的経済水域と大陸棚だと主張するパラセル(西沙)諸島の強引な石油掘削等、両国が何故、常任理事国で居られるのか、世界中が疑問を抱いていることからして、世界中が国連安全保障理事会にその無意味さとむなしさと腹立たしさを感じている。
もはや、この国際連合安全保障理事会は悪の枢軸ともなり得るようになりつつある。

つまり、素人ながらこう考える。

今の国際連合などと、名称だけは世界の価値観を共有する連合といったようで、もっともらしいのだが、米国オバマ政権の軍事覇権力の平和的な動きとしての消極性を感じとるや否や、他の安全保障常任理事国個々のエゴを行使するだけの、ただの戦勝国の利権集団に陥ったことは、この度のロシアや中国の動きで明白となった。

こういった常任理事国の拒否権行使により、安全保障理事会は国際社会の平和の維持や回復のためには、まったく機能していない。存在の意味どころか世界平和実現の足かせとなっている。

阿部首相のゆるぎない自信ありそうな姿勢を見ていると、集団的自衛といった本来の連合軍的な連帯推進姿勢に、もはや、別の連合国としての世界的標準価値である『民主主義』の国々でまとまるような新しい連合国を構築しようとしているのではないか・・・とさえ見える。

そうでも思わないと、この首相の想いが分からない。

そう、この強引なまでの集団的自衛権憲法解釈の裏には、こういった密かな準備が進んでいるのではないか?

私が総理の立場なら、新しい連合国の構築に密かに汗を流すだろう・・・、表立って世界発信できないが、自由と民主主義を世界共通の平和的価値基準とするには、今のままの国際連合の形態では世界平和など成り立たないし、存在そのものが平和への足かせになってることに気付くべきではないだろうか。

平和とは、いったいどういった状態をいうのだろうか?
平和を維持するということはどういうことなのか? はたまた、維持とはどういった状態をいうのだろうか?
次回は、武力に否定的な人がよく使う『平和』について、ちょっと考えてみたい。


ご意見 | 08:38:42 | Trackback(0) | Comments(0)
どうしようもない韓国や中国の反日感情
『人の不幸を願う感情の中で一番醜い心とは嫉妬心であり、また人間関係、国家関係において一番問題の解決が困難なのがこの嫉妬心ではないかと思います。つまり怨みや憎しみの感情であるならば謝罪することで和解することができることもありますが嫉妬心が原因の場合には如何に謝罪したとしても何も問題は解決しません。

それは日本が不幸になることだけを願っているのであって日本に謝罪を求める気持ちではないことが原因です。
ただそれを自分に都合良く話をしているだけで心の底で願っているのは日本が破滅して不幸のどん底に落ちることだけなのです。

そのことが分かっていないぼんくらな政治家は謝罪の大切さばかりを説きますが、相手が嫉妬心から嫌がらせを繰り返す場合には謝罪はまず、効果はありません。
逆に相手は謝罪を当然のことであると受け止めて、際限なく、謝罪を求め続けることになり、問題の解決を更に困難とする結果となります。』

この文章は、検索すると、いろいいろなところで転載されています。出所は分かりませんが、私もある人からのメールでこの文章の凄さを知りました。

そういうことです。

阿部首相はこのことに気付いています。
国民の代表である首相が神の御前で謙虚になり、「平和」を堂々と誓い、祈る姿は美しい。
誰もが感じることのできる「美」ではないでしょうか。

首相の参拝の意味を否定するなど、日本人ではありません。
確かに相手に対して気遣いも美徳ですが、今となっては、よけいにややこしいことになるにちがいありません。
「河野談話」や「村山談話」が、最悪の例です。

とにもかくにも謝罪が何よりという靖国参拝を反対する論者は、ぜひ、「神道」という宗教を越えたところでの日本人の習慣、慣習、美意識、を今一度確認して頂きたいと思うのです。

ちなみに、国防総省や国務省の高官を歴任し、長年にわたり、日米関係のかなめの役割を果たしてきたキャンベル氏は、安倍総理の靖国神社参拝について、自らの考えを次のように述べました。
「失望した」というアメリカの声明の真意についてこう説明しています。

「アメリカの役割は、緊張を和らげ、それぞれが冷静になるよう求めていくことです。あのメッセージは日本に向けてのみ出されたものではないのです。
アメリカ政府が、日本から距離を置いたり、日本を非難していると受け止めないでください。」

ごもっともです。

でも、こうしないと彼らは際限なく非難し続けるだけですので、ただただ、聞いているということは出来ようはずはありません。このままでは、明るい日本の未来を担う若者や子ども達も同じように、聞き続けなくてはなりません。
この子達のためにも、大人は毅然とした態度で積極的な平和構築に立ち向かうのが最良の策だと思います。



ご意見 | 17:23:45 | Trackback(0) | Comments(0)
日本の首相は昭和60年まで靖國神社を58回参拝していました
「何度も書きます。戦後、日本の首相は昭和60年まで靖國神社を58回参拝していましたが、中国は一度も抗議しませんでした。A級戦犯合祀した後もです。昭和60年に朝日新聞が「靖國神社参拝はおかしい」と書き、中国政府に注進しました。中国の抗議はそこから始まりました。なぜか韓国も始めました。」

昨年の12月31日に作家、百田尚樹氏がツイッターで、こうつぶやいていた。
 
リツィートすれば良いのだが、この件、毎日繰り返すように伝えられる中国政府の報道官のセリフ、歴史認識だの過去の反省だの時代錯誤もはなはだしい論調で日本を責めたててくる。

これが気になってしょうがない毎日を送っている私としては、なかなか黙っていられないわけだ。

今回の安倍首相による靖国参拝は「日中関係の政治的基礎を破壊した」ということだそうだ。
そうそう、一国の首相の言動を「生意気」とも言っていたなぁ。相変わらずの上から目線だ。これには驚いた。

「真意をは話せば必ず理解して貰える。」と安倍首相は言う。これで良い。計算済みだ。

「来年もお参りするよ。」と胸をはって大きな声で言えば良い。

中国政府に、阿部首相が靖国をお参りすることの「真意」を聞く気があるのかないのか、内外にはっきり示せばよい。

中国政府は、自分が何を言っているのか分かっていない。日本をひざまつかせれば自国民に示しがつくわけだが、そんなことができるわけが無いことに気付いていない。
国家間の信頼関係とは、真にどういうことなのか、成熟した国家を目指すならこの機会にしっかり考えればよい。

うんざりだ。ほんとにばかばかしいことだとは思うが、百田氏のつぶやきのように、事の起こりは、やはり朝日新聞のようだ。

中国政府は、朝日新聞の論評をそっくりそのまま利用しているだけに過ぎない。
自国民の不満分子の目をそらすために、反日思想を利用しているだけ。
日本人を理解したいなどという姿勢など微塵もない。自虐史観一辺倒の朝日新聞の論評に乗っかっているだけだ。

朝日新聞はその見返りに中国国内での自由な取材権を手に入れ、日の丸国旗まで持参して反日デモ隊に焼かせて写真におさめていると聞く。

やりたい放題だ。

2chに、「朝日新聞惨歌」と題し、誰かの記事があったので賛同する意味で転載しておくことにする。


《 朝日新聞惨歌 》

■南京大虐殺問題
1971年(昭和46年)から南京大虐殺という虚構宣伝キャンペーンを開始し世界に広めた朝日新聞。
40年経っても己の間違いを認めず、嘘を撒き散らして知らぬ顔の朝日新聞。

■従軍慰安婦問題
1991年(平成3年)従軍慰安婦のスクープ記事をでっち上げ、世界に反日プロパガンダを広め、20年経ってもその虚構を認めず記事の訂正も謝罪もしない朝日新聞。

■靖国問題
1985年(昭和60年)まで中国も韓国も何の問題も 提起しなかったのに、朝日新聞解説員が中国にご注進し火をつけ反日の歴史カードに仕立て上げた朝日新聞。
20年経っても依然その想いを変えず、事あるごとに中・韓の立場オンリーで反日記事を掲載し恥を晒して悔いない朝日新聞。

日本国を貶める三大歴史カードの元凶、火をつけておいて、消化しようとしないどころかマッチポンプで煽り日夜、売国に勤しむ朝日新聞、朝日新聞による日本国益の毀損それに日本国民の誇りと名誉へのダメージは計り知れない。

もし朝日新聞がこの世になかったなら、日本国民は、かかる与太話で悩まされることも無かったに違いない。

朝日新聞の大罪は、どこかの国なら国家反逆罪に相当する。

それでも朝日新聞を読み、延命を手助けしますか。


ご意見 | 18:15:14 | Trackback(0) | Comments(0)
健康食品『龍喜』ルンブルクスルベルス(ミミズ粉末)の効能
約一年ぶりに、シミズ外科の脳神経外科でMRI検査を受けました。
3ヶ月に一度、ブラビクスとオルメテックを貰いに受診するのですが、今日は脳血管の詰まり具合をチェックするMRI検査の日です。一年前から予約を入れていました。

ピーガラガラガラ・・・・コンコンコン・・・ガァァァァア・・・・、何であんなに大きな音が必要なのでしょうか・・・いつも思います。
このうるさい騒音は、耳栓をしても大きな音で聞こえます。
心地良いリズムの音楽でも流してくれることは不可能なのでしょうか・・・。

約20分で終わりますが、やっぱりこれは長いです。
狭い穴に入れられ身動きできず、けっこうきついものがあります。

で、この結果ですが、Drに聞きますと、小さな梗塞も出血も、クモ膜下出血や動脈瘤等の異常は、いっさい見つかりません。きれいな脳だそうです。

3年前から詰まっていた血管もそのままで、たぶん数年もこの状態で過ごせたということは、バイパス血管ができているのでしょう。
バイパスの血管は映っていないのですが、そうらしいのです。

目で確認したければ、血管に造影剤を入れて撮影しないと映らないそうです。

脳血管の血栓が3年前と同じ状態で、新しく形成されたバイパス血管が血流を補っているということが確実となったわけです。

3年間も飲んでいる、『龍喜』ルンブルクスルベルス(ミミズの粉末)も、古い血栓を溶かすまでの効果がなかったようです。
なんとなくこれでこのサプリの実力が分かったような気がします。

ただし、まったく効果がなかったということは、いえないかもしれないので、あえて付け加えておきますが、それ以上詰まらなかったということや、私の年齢の人には誰にでもあると言われる毛細血管にも血栓が無いことが分かったということは、その効果があったのかもしれません。

毎日服用しているブラビクスとオルメテックとの相乗効果にあったのかもしれませんが・・・。
とにもかくにも、それ以上悪化せず、身体の調子も良いのだから、それで、十分なのかもしれません。

さて、この『龍喜』という血栓を溶かすというふれこみで飲み始めたミミズ食品(サプリメント)今後も飲み続ける必要があるのだろうか・・・悩むところなのです。

今、政府が進めているそうですが、消費者から言わせれば、こういった類のサプリは、薬に準ずるわけだから、一日も早くこういった、健康食品の効能表示を製造会社がきちんと責任をもって明記できるように法律を整備し、表示の義務化を推進して欲しいと思うのです。

ご意見 | 16:32:12 | Trackback(0) | Comments(0)
京都いつでもコールよりメール文書で返事がありました
2日のご来訪時に、文書での返事も欲しいと言っておいた結果がメールで届きました。
私の質問や提言に対して、ご来訪頂いた時にお聞きした内容とニュアンスがだいぶ違い過ぎますので、この内容を公開して私的にも記録しておこうと思います。

----------------------------------------------------------------
京都いつでもコールをご利用いただき、ありがとうございます。
お寄せいただきましたお問い合わせにつきまして、担当部署からの回答を次のとおり、お送りいたします。
※こちらのメールアドレスは送信専用につき、直接返信いただいてもお答え致しかねます。


拝啓 時下ますます御清祥のこととお喜び申し上げます。日頃は上下水道事業に御理解,御協力を賜り誠にありがとうございます。
 御指摘いただきました一ノ井樋門の開閉作業の操作については,上下水道局が緊急連絡体制及び指示系統に基づき実施します。
 一ノ井樋門を閉じるケースとしては,桂川の上流域の大雨により桂川の水位が大きく上昇して一ノ井幹線水路に逆流し,樋門周辺に浸水被害が発生する場合を想定しています。
 今回の台風18号の場合には,一ノ井幹線水路の流量も多く,樋門を閉じると一ノ井幹線水路の雨水が溢れて浸水被害が拡大していたものと判断しております。 御理解の程,よろしくお願い申し上げます。
敬具
平成25年10月4日                 
京都市上下水道局下水道部管理課  担当課長 しらはた○○ (℡ 075-672-○○○○)
--------------------------------------------------------------------

ということですが、私が水道局に電話にて質問し、問題にしたのは、「一ノ井樋門の開閉は国交省の命令ですることになっている」といったお返事だったからで、その返事に疑問を持った私はその開閉責任を明らかにして欲しいと思ったからなのです。
先日の来訪時には、そのでたらめな返事内容に対し、詫びていただいた経緯があるのだが・・・。

それと、今回の樋門を閉じなかったことに関しては、確かに判断しにくいことではあるが、この返事では、まるで閉めない方が良いと判断して閉めなかったと解釈できる。

これはいったいどうしたことなのか・・・。

来訪時に言っておられた内容と違うではないか!?

樋門を閉じた場合の嵐山桂川右岸周辺の雨水を排水するには洛西用水の利用が考えられるのではと提言しておいたはずですが・・・、もし、それができないのなら、その対策は?

「協議して逐次報告する」と言って頂いておりましたが・・・。

最初から文章で返事をくれと言っているのに、わざわざ、二人で来て、私の機嫌を損なわないように話を合わせただけなのだろうか・・・。

それなら来て欲しくなかった。

他の部署にこの話を知られると、責任問題なので、文章ではこういった言い回しにせざるを得ないのだろうか・・・。

お役所勤めの方の口頭での返事と文章での返事とでは内容が違って当たり前なのだろうか・・・、どちらが本当の回答なのだろうか・・・・。

それとも、写真をお渡しし、状況をお知らせしたのだが、今回の状況をまだ把握できないでおられるのだろうか・・・。

さて、どうしましょうか・・・。

ご意見 | 14:15:22 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ