FC2ブログ
 
■プロフィール
■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブログ内検索

藤野正観のちょっと書いてみます(2018年1月2月合併号原稿より) 
2018-1月2月号用 -善峯寺前住職掃部光暢筆による 『善峯寺に集う作家たち展』の立て看板
善峯寺前住職掃部光暢筆による 『善峯寺に集う作家たち展』の立て看板


  職人絵師の本音(その二)

 毎年、十一月の紅葉の頃になると、西国二十番札所の善峯寺で、『善峯寺に集う作家たち展』を開催していると先月号に書きました。
 その記事中で、最近、惰性といいましょうかマンネリといいましょうか、それとも、「老い」のせいか、何事をするにも、全てが面倒になり、新しく何かに挑戦したり、積極的に計画を立て、前に出ようという気が失せてしまった。そんな「老い」に対してそれをを受け止めようとしている自分と、「このままではだめだ、まだ終われない」という、新しく創作家として頑張ろうとする自分が混在していることを正直に書いたつもりなのですが、その先月号をお読みになった同じようなお年ごろの知人お二人から、「私の今の心境を興味深く読んだ。共感する。」と感想を貰いました。

 創作家としては、この惰性的精神構造では、新しい何かを創造することは所詮、無理のような気がしていましたが、記事の最後に自分に期待するようなことを書いてまとめました。
 今の職人絵師としての自分の生き方の延長線上で人生を全うするのが良いのか、もう一度、創作家として新しい画境を開くべきかということでしたが、実はこの、『善峯寺に集う作家たち展』の最終日に、自分の今のモヤモヤした気分を整理できる出来事があったのです。

 それは、最終日の二六日、開場一番に名古屋から来られた四人連れが、入り口から満面の笑顔で一直線に私に向かって入って来られました。そのうちのお一人の五〇歳を前にした女性が、私の目を真っ直ぐ見つめ、こう言ってくれたのです。
「以前よりサイトを通じて先生のことを存じ上げていますが、今日、初めてお会いできて幸せです。最終日の早朝なら会場におられると思い、同じく先生の描かれる仏画のファンの母と叔母と姪と四人でやって参りました。」と、仏絵師の私に語りだしたのです――。
  私は、会期中、初日と最終日の二日間だけ会場に居たのですが、最終日の朝、目が覚めると外は明るく良い天気でしたので、早々に朝食を済ませ、その日は八時半に一人で家を出、九時には会場に到着していました。
 十時の開場を待たず一時間も早く、入り口の障子を開けて、広い境内の会場付近に、看板を立てて準備完了です。
会場の大正時代に建てられた大書院の懐かしい歪んだガラスの嵌った障子越しに温かい朝の陽光が差し込む縁側に腰をおろし、一人ひなたぼっこをしながら、新しく手に入れたスマホをいじっていたところでした。

 三〇分ほど、その方たちとお話しできたでしょうか、気恥ずかしくなるほどの私への多くの賛辞と感謝の想いを聞かされ、「ぜひ、今後も元気でお続けいただきますように。」という温かいメッセージを頂戴したのです。
その言葉が、私の心に深く突き刺さり、その方の話される言葉の数々が、今の私には、「神仏の戒めと励ましの言葉」として心に残ったのです。
 七〇歳を三年先に控えた仏絵師は、自分の今の職人絵師人生をこのまま終えることに、忸怩たる思いがあったのですが、この日の朝、「このまま迷わず進みなさい」と、神仏に目を覚めさせて貰ったような気がしたのです。


冊子原稿より | 09:22:52 | Trackback(0) | Comments(0)
藤野正観のちょっと書いてみます(2017年12月号原稿より) 
2017-12月号用 - 毎年紅葉の頃、開催される『善峯寺に集う作家たち展』の様子
毎年紅葉の頃、開催される『善峯寺に集う作家たち展』の様子


職人絵師の本音

 毎年、十一月の紅葉の頃になると、西国二十番札所の善峯寺のご厚意で阿弥陀堂横の大書院の間をお借りし、展覧会を開催しています。
 『善峯寺に集う作家たち展』と名打って、私の仏画をメインに、金工職人や仏師、塗師、陶芸家や木地師等、お知り合いのお仲間と始めたのが、今から二十五年ほど前になります。
 始めた当初は、地元の新聞社等に連絡したりして広報活動を怠ることはありませんでしたが、最近では、マンネリとでも言うのでしょうか・・・、お寺のご厚意もよそに、新作すら用意できないまま、毎年この時期が来れば、工房付属のギャラリーから展示作品を外し、そのまま寺へ移動するといったことが、五年ほど続いています。
これではいけない・・・と思いつつも、日頃の仕事の忙しさにかまけて、新作を描く時間を用意できないことになっているのです。
 そもそも、展覧会というものは、普段の仕事が欲しくて実力を観ていただいたうえで、仕事を貰おうといった、せこい趣旨で開催していましたので、日頃の仕事が確保できていれば、創作は後回しとなるのは、当然と言えば当然のことで、わざわざ新作を観ようと来られる方にとってはふざけた展覧会ということになります。
 職人とは、そういう姿勢の人が多いのです・・・。身勝手なものなのです。
 と、言いつつも、一方で、これでは、毎年観に来て頂く方々に申し訳ないと、せめて小品だけでもと毎年用意するのですが、それも今年は皆無となり、  
 正直、開催するのも億劫になります。それでも、私たち職人絵師は、やっぱりプロですので、依頼を受けた仕事をおろそかにはできないのです。
何よりも仕事を最優先することに気を配って生きて来たのです。
 基本的に、物創りという点では似てはいるのですが、アーティストという自由な立場では活動していないのです・・・。

 依頼の仕事が無くなれば、また、ゆっくり創作活動をしたいなぁ・・・と想いを募らせながら、ひたすらまじめに消化しているのです。仕事が薄かった頃から比べてみれば、経済的な観点から見れば贅沢な身分となったのでしょうか・・・。
 ですので、今、執筆しているこの展覧会の記事も、十一月号に書けば、りっぱな広報になり、仏画に興味をお持ちの方には来て頂けたかもしれませんが、この記事が掲載される十二月号がお手元に届く頃には、この展覧会は終了していることになります。
 なぜ、こうも展覧会に来て頂こうと、昔のような積極的な気持ちが無くなってしまったのか、我ながらあきれています。
 私自身が「あきれている」ということから、鑑みれば、やはり、絵師と言えども私のどこかに創作家としての熱い想いも完全には消え去ってはいないのかもしれません。
 そろそろ、老いた脳細胞活性化の為にも、自由な立場で創作活動を始めるのも良いのかもしれません。
 でも、それには時間が必要です。
ゆったりと流れる時間に身を置いて、今まで培って来た仏絵師人生の中からどんなイメージが生まれ、創作できるのか自分でも興味津々です。
いづれにせよ、仕事に追われた状態ではそれが生まれて来ないことは重々分かっているのですが・・・。


冊子原稿より | 09:19:26 | Trackback(0) | Comments(0)
藤野正観のちょっと書いてみます(2017年11月号原稿より) 
2017-11月号用 - AIに至るまでの進化の図
AIロボットと共存するに至るまでの進化の図


「生きる」ということ

 十月九日で六十七歳になりました。それまで一度も病院のお世話になったことのなかった私は六十歳頃から、肺癌摘出の為の胸腔鏡手術や心臓冠動脈のカテーテル手術を三回も受けています。これ等肉体のメンテナンスを受けた為か今では、何もなかったように元気に生きております。
 近代医療に感謝しなくてはなりませんが、世の中には、その医療がうまく行かずこの年ぐらいになると、ぼちぼちあちらの世界にお招きいただくといった人も少なくありません。
 私の場合は、これ等の術後五年~六年の間、定期的に病院に通いながらこの術後の経過チェックを受けていて、今後も定期的に病院に通うことになっています。
 そんなことで、たぶん簡単には死ねないなぁ・・・と、安心するどころか、むしろ「生きる」ということに対して恐怖感とまではいかなくても生きるということの面倒くささも、時おり私の心の中を掠めます。
 そんな中、昨日、唯一私が所属する「仏教クラブ」という僧と在家で構成する会の月例会に出席しました。
 毎会、会員かゲストのスピーチをお聞かせいただくことになっているのですが、昨日はゲストスピーカーとして日本マイクロソフト㈱の業務執行役員 西脇資哲氏に、「 AI・人工知能が豊かにする私たちの社会」というテーマでお話をお聞きする機会がありました。
 彼のお話の中で、現在、米国のある巨大病院が人工知能を使って一五〇〇〇人ほどの患者の手首に装着した腕時計型のウェアラブルデバイスを通じ、患者の心拍数や体温、それに血流量や血圧等体調管理に必要なデータを収集管理し、時系列で分析するなど、AI自らの学習によって、医療プランや健康指導をするといった、最先端の医療実験が行われていることをご紹介いただきました。
 一人の医師が、患者を管理できる人数として数百人が限度だそうですが、このAIは一五〇人分の医師の仕事を、しかも完璧に熟しているそうです。
 日本では、このAIによる健康管理システムを導入している病院はまだ一件も無いそうですが、ごく近い将来、こういったAIが医師に代わり患者の健康を管理する時代が来ることは確かなんだそうです。
 優秀な人間の能力以上のことをすべてAIが代わりにするようになる。そんな時代がすぐそこに来ています。前にも書きましたが、AIが人間の能力を超える時が二〇四五年と言われていますが、もっと早くそんな時代が来ると彼は言います。
 医療に限定して十年後の未来をイメージしてみますと――。
 今、私が定期的に診察を受けていることは、現在すでに米国で行われているようにAIが健康管理をし、何か異常があると、どんな薬を投与するのか指示し、手術の必要性があれば手術ロボットが実行する。臓器が古くなれば、あらかじめ作っておいた人工臓器に換える。脳の記憶容量が少なくなって来ればチップを追加。自立歩行できなくなれば新品の足を着ける・・・。若々しい肉体が欲しくなれば万能細胞で・・・。いやいや、「こんな壊れやすい軟な肉体など必要ありません。」といった指示もあるのでしょうか・・・。 人は何のために生かされているのか、AIが答えを示してくれるかもしれません。


冊子原稿より | 14:15:01 | Trackback(0) | Comments(0)
藤野正観のちょっと書いてみます(2017年10月号原稿より) 
2017-10月号用-某寺院に描いた襖絵(蓮池図)より部分 平和とは灼熱の中の涼しい蓮池のような状態
某寺院に描いた襖絵(蓮池図)より部分(平和とは灼熱の中の涼しい蓮池のような状態)


平和を維持すること

 花火をあげるように北朝鮮がミサイルを何発も打ち上げ、テレビでは満面笑顔の金正恩が映し出されています。経済制裁一辺倒で、何の手立てもできずに苛立つ日本政府。
 現憲法下では強靭な戦闘力を持てない我が国は、平和国家として、中立を目指す為の自主的な外交は出来なくなっています。今回は、『平和』についてちょっと考えてみました。

 『平和』という何とも抽象的で魅力的な語は、世界中の温厚な人々の心を惑わしているようです。テレビ等で『平和にむけて』とか『平和の為に』というセリフを聞く時、私はよく心の中で、『平和ってあなたにとって何なの?』と突っ込んでいます。
 『平和』とは、その居場所や心持が穏かで心地よい状態のことをいうと思うのですが、その心持や状態を「維持する努力」とすると、その『平和』という私の認識からは、ほど遠い概念であると気付くのです。『平和』という状況とそれを維持することとは、もしかすると相反することなのかもしれません。
このことをしっかり整理し、考えてから『平和』について発言しないといけないと思うのです。

 『平和』は、「永遠の安寧」「灼熱の中の、涼しい池の上の蓮の上」などのようなイメージを持った仏教用語であると、何かに書いてありました。
 私たちは、ともすれば『平和』を、このような理想的な何かとして捉え、恒久的で争いのない社会を『平和』とし、祈り唱えれば得られる「ご褒美」のように捉えていないでしょうか。
 
 「世の中を平和にしよう」といった積極的平和を構築する場合は、貧困や抑圧された人や差別する人、される人が居ないことを一応前提として考えますが、大抵が特定の人間にとって都合の良い世界を目指すことになり、人のエゴも見え隠れします。
 また、人それぞれの幸福感の充実度と『平和』という状態は、必ずしも一致しないわけですから、ほとんどの国民が不幸であってもとりあえず、戦争のない時を、『平和な時』とすると、思考し安いのかもしれません。
 英語の「Peace」はラテン語の「Pax(パックス)」が語源であり、その意味は「戦争と戦争の間」「停戦期間」「武力による平和」「次の戦争のための準備期間」という現実的な状況の意味だそうで、仏教用語のそれとはだいぶニュアンスが違うようです。

 永世中立国スイスは、銃の保有率が世界4位、殺人率世界一八五位、平和度ランキング五位、核シェルター普及率 百%だそうです。
『平和』の本質を追究し『平和』を実現しているスイス人にとって『平和』とは、『戦争』のない状態に過ぎません。『戦争』を抑止するのは武力と戦闘力と愛国心による、高い戦争能力であるという本質を、スイスという国は見事に示してくれています。
 前の大戦でスイスはドイツ側、連合国側どちらにも付かず、中立を守るために戦った事実があります。
スイス空軍は、双方の領空侵犯機と戦い、なんと半数以上が撃墜されていたそうです。スイス空軍の多くの戦死者が、永世中立を守ったのです。
 平和を維持し、守ることとはこういうことかと気付かされます。


冊子原稿より | 14:10:44 | Trackback(0) | Comments(0)
藤野正観のちょっと書いてみます(2017年4月号原稿より) 
2017-4月号用 等伯56才の頃の作『 松林図 右隻』(東博・国宝)
等伯56才の頃の作『 松林図 右隻』(東博・国宝)


日曜美術館「等伯ダンギ」Ⅱ

 NHK-Eテレで放送された『日曜美術館-熱烈!傑作ダンギ 長谷川等伯』では、私の言いたかったことが編集でカットされ、スタジオで談議された方々の個性的な感想だけで終わりました。番組としてはそれで、けっこうおもしろかったので、それはそれで、談義として、よろしいのではと思っております。
 でも、せっかく、今年の正月休みを返上して、この番組の為に『等伯』を勉強したのですから、この機会に私なりの等伯自論をまとめておこうと思いました。
 スタジオのコシノヒロコ氏や『等伯』という小説で直木賞を受賞された作家の安倍龍太郎氏、空海と最澄を執筆中という漫画家のおかざき真里氏は、等伯の残した仕事を「作品」として観ておられ、その等伯の人間像を、現代の芸術作家と同じ線上で語っておられたように思います。
 正月の十日、番組中に流すビデオ取材の為に私の工房に来られ、三時間を費やし、私の感じた等伯像もいろいろお話をさせて頂いたのですが、ディレクターが採用された部分は、仏画という仕事の窮屈さを説明した部分、つまり、窮屈で自由度の少ない仏画制作を三十三歳まで「仕事」として描いていた等伯ですが、そのいろいろ制限のある仏画を、職業絵仏師では、まずしないこととして、向上心のある才能豊かな絵師らしい部分が見受けられる部分を私が指摘したのですが、それは、等伯の手による密教図像「十二天図」の台座の部分に特に描き込む必要のない龍が繊細に描かれている部分を映し出し、それに私の話す音声を被せて編集していました。このカットは視聴者に分かりやすく私の説明を旨く表現できていたと思います。

 番組制作ディレクターと、最初にお会いした時に「等伯の下積み時代」が「仏画を描いていた時代」と、表現された時にはちょっと抵抗があったのですが、番組は、あくまでも「等伯」が主人公ですから仕方ないとはいえ、せめて絵画としての仏画の持つ「清浄な精神性」ぐらいはナレーションで説明して欲しかったものです。

 で、正月に即席で集中勉強した私の「等伯自論」なんですが、等伯は、上洛後もしばらくは仏画制作を請け負い、通常はしないはずの「信春」という署名を画面に残こします。
しかし、その自己主張とは逆に、目立った秀作はありません。
 私からすれば、「何故、もっと仏画を極めようとしなかったのだろう?」がまず、素直に気になるところ。
 確かに能登の地方に居ては、受注する仏画の種類が少なかったのかもしれないし、手本となる優秀な仏画にも巡り合うことも無く、私が今、こだわっているような仏画という制限のある絵画の中に、崇高な芸術性を表現する機会も無かったのでしょう。
 京都に出て、流行の狩野派の仕事を手伝いながら、一から宮廷絵師としての装飾絵画の技量を身に着けた等伯は持ち前の器用さと出世欲で群を抜き名声を欲しいままにするのですが、やはり彼が人生後半に描いた作品を鑑賞する時、若い頃は、ただただ求められるまま淡々と描いていた仏画の制作でしたが、その頃は求めることのなかった崇高で仏教的な深い精神性を求めて創作していたことに気付かされるのです。


冊子原稿より | 13:50:46 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ